ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ベンチマークスコア比較 > CPUのベンチマークスコア・性能比較 > Ryzen 7 3700X ベンチマーク!他のRyzenやINTEL CPUとの比較も

Ryzen 7 3700X ベンチマーク!他のRyzenやINTEL CPUとの比較も

2019年8月現在、Ryzenを搭載したBTOパソコンが急激に増えています。コスパが良いため売りやすいというのもあるでしょうが、何よりも市場での人気の高さが理由でしょう。月間あたりのシェアはAMD RyzenがINTELを上回ったという噂も聞きました。

そんなRyzen3000シリーズですが、ハイスペックなゲーミングPCにはRyzen 7 3700Xを採用していることが多いです。対抗馬はCore i7-9700KやCore i9-9900Kです。実機でベンチマークしてみたのでご紹介します。

Ryzen 7 3700Xのスペック

まずはRyzen 7 3700Xの基本スペックを確認しましょう。

コア数 8
スレッド数 16
定格動作周波数 3.60 GHz
最大動作周波数 4.40 GHz
L3キャッシュ 32 MB
TDP 65 W

8コア・16スレッドといえばCore i9-9900KCore i9-9900KFと同じです。最大動作周波数はCore i9-9900Kが5.00 GHzで上回っています。一方でTDPはCore i9-9900KやCore i7-9700Kは95Wで、Ryzen 7 3700Xのほうが低く、温度の対策が容易です。

TDP 65WといえばCore i7-8700を思い出します。

Ryzen 7 3700Xのベンチマークスコア

次に各種CPU用ベンチマークソフトで計測したスコアをご紹介します。ベンチマーク環境は以下のとおりです。

OS CPU
Windows 10 Home 64bit Ryzen 7 3700X
メモリ グラフィックボード
8GB PC4-21300 GeForce GTX1660Ti 6GB
ストレージ チップセット
500GB SSD + 3TB HDD B350

ドスパラのGTX1660Ti 6GB搭載ゲーミングPC「ガレリア AT」を使用しました。比較対象のCore i7-9700KとCore i9-9900Kはメモリ16GBです。その点はご注意ください。

CINEBENCH R15

シングルコア マルチスレッド
Ryzen 7 3700X 205 cb 2086 cb
Core i7-9700K 212 cb 1504 cb
Core i9-9900K 216 cb 2015 cb

シングルコアはRyzen 7 3700Xが負けていますが、マルチスレッドのベンチマークスコアは勝っています。まさかCore i9-9900Kを越えるとは思いませんでした。Ryzen3000シリーズはシングルコアの性能も高くて良いですね。

CINEBENCH R20

シングルコア マルチスレッド
Ryzen 7 3700X 504 cb 4748 cb
Core i9-9900KF 511 cb 4957 cb

CINEBENCH R20だとマルチスレッドのベンチマークスコアもCore i9-9900KFが勝っています。とはいえRyzen 7 3700Xの価格はCore i7-9700Kよりも安いんですよ。驚異的なコスパの良さです。

7-Zip

CPU使用率 評価 / 使用率 評価
1532 % 3545 MIPS 54361 MIPS

総合評価はRyzen 5 3600より31%、Ryzen 7 2700より54%も高いスコアです。

CPU-Z

Single Thread Multi Thread
Ryzen 7 3700X 528.3 5583.8
Core i7-9700K 568.9 3881.3
Core i9-9900K 561.6 5175.6

マルチスレッドのベンチマークを比較すると、Ryzen 7 3700XがCore i7-9700Kより44%、Core i9-9900Kより8%高いです。

CrystalMark 2004R7

ALU FPU
281751 181083

x264 FHD Benchmark

fps エンコード時間
57.09 44秒

H.264のエンコード性能を計測しました。Core i9-9900Kに若干負けてしまいましたが、Ryzen 7 3700Xのほうが15000円も安いことを考えると大健闘です。安く高性能パソコンを組みたい人には非常におすすめです。

3DMARK FireStrike

Physics Score 23744

3DMARK TimeSpy

CPU Score 9323

同じGTX1660Ti + メモリ8GBでCore i7-8700搭載の「ガレリア XT」より46~51%もCPUのベンチマークスコアが伸びています。そのおかげでRyzen 7 3700X搭載ゲーミングPCのほうが総合スコアも高くなっています。

なのにパソコン本体としてはどちらも同じ価格です。ゲームとの相性を考えたとしても、Ryzen 7 3700Xのほうがコスパ抜群なのは明らかです。

Ryzen 7搭載ゲーミングPCのレビュー

Ryzen 7 3700X搭載BTOパソコンの価格比較

関連記事

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

ページの先頭へ

ページの先頭へ