ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > 240Hz液晶ノートPC!G-Tune H5 性能レビュー

240Hz液晶ノートPC!G-Tune H5 性能レビュー

RTX3070 + 240Hz液晶のおかげで超ヌルヌル!

FPSのような動きの速いゲームをプレイするなら120Hz液晶モニターや144Hzモニター液晶を使うのが常識です。ゲーミングノートPCにも120Hzや144Hz液晶搭載のモデルがあり、ゲーマーから愛されています。

でも今回レビューするのは、さらに上位の240Hz液晶搭載ゲーミングノートPCです。240Hz液晶を使うのは滅多にないことだったのでとても興奮しました。あまりにヌルヌルなので本当に驚きました。

G-Tune H5はこんな方におすすめ!

動きの速いゲームをプレイする予定!
高性能なゲーミングノートPCが欲しい!
25万円以下の予算で買いたい!

G-Tune H5のスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Core i7-10870H
グラフィックボード メモリ
GeForce RTX3070 8GB 16GB(PC4-21300)
ストレージ チップセット
512GB NVMe SSD モバイル インテル HM470 チップセット
光学ドライブ 液晶
なし 15.6インチ 1920×1080 240Hz液晶

G-Tune H5の価格と詳細はこちら

高性能なRTX3070搭載ゲーミングノートPCです。メモリは16GB、ストレージ512GB NVMe SSDとこちらは定番です。このパーツ構成ならすべてのゲームを快適にプレイできます。

ただ240Hz液晶を活かすためには240fps以上を出さなければなりません。OverWatchなら画質を落とせば大丈夫でしょう。Apex Legendsだと200fps以上を維持するのは困難です。

一方でCS:GOやレインボーシックスシージは動きがあまり速くないため240Hz液晶が必要かどうか微妙です。私は144Hz液晶で十分だと思います。MOBAのLoLやDOTA2も120Hzや144Hzがいいでしょう。

もしももう少し予算に余裕があって、容量を増やしたい場合は、さらに1TB M.2 SSDの追加をおすすめします。やはり合計1.5TB以上あったほうがなにかと使いやすいです。

ストレージの速度

G-Tune H5のストレージは512GB NVMe SSDです。どれくらいの速度が出るのかCrystalDiskMarkで計測してみました。

SSDの速度

SSDは「Western Digital PC SN530 NVMeシリーズ」で、シーケンシャルリードが2475MB/s、シーケンシャルライトが1815MB/sです。SATA接続のSSDより4~5倍くらい高速ですが、NVMe SSDの中では普通くらいの速度です。

G-Tune H5の外観

次にG-Tune H5の外観や接続端子のレビューをしていきます。

全体のサイズは幅:359.8 x 奥行き:243 x 厚さ26.8 mmです。ゲーミングノートPCは性能が年々向上しているのに、サイズはコンパクトになってきており、技術の進歩を実感します。

タッチパッドは左上を2回タップするとON/OFFを切り替えられます。

キーボードは個別キー設定対応 RGB LED、99キー、キーピッチ約18.8mm、キーストローク約2.0mmです。

キー配置はスタンダードです。メカニカルタッチで軽快な打鍵感です。PCゲーマーはこういうのを好む人が多いと思います。

LEDバックライトの光り方は穏やかな部類です。派手にビカビカ光る感じではありません。

電源ボタンの他にファンコントローラーボタンもあります。

液晶の最大解像度は1920×1080です。ノングレアで反射がほとんどありません。

リフレッシュレートは240Hzと60Hzに切替可能です。144Hzへの変更はできません。240Hzと144Hzの差がわかるかどうかは人や使い方によります。私はマウスカーソルを動かした瞬間に「あ、144Hzより圧倒的にヌルヌルだ」とすぐにわかりました。

左側には盗難防止用ロック、USB3.1、マイク入力、スピーカー出力があります。

右側にはSDメモリーカードリーダー、USB3.0が2つあります。

後ろ側にはUSB3.1 Type-C、HDMI出力、LANポート、電源端子があります。

G-Tune H5の重さ

ノートPC本体のみの重さは2.208kgです。重くも軽くもない、普通の重さの15.6インチゲーミングノートPCです。

ACアダプターとケーブルを含めると3.060kgです。旧モデルのRTX2070搭載ゲーミングノートPCより300g以上軽くなりました。

G-Tune H5の温度

3DMARK FireStrikeを動作させたところ、CPU(Core i7-10870H)コアの温度は平均66.1℃、最大79℃でした。

GeForce RTX3070の温度は平均64.2℃、最大70℃でした。

G-Tune H5のベンチマークスコア

G-Tune H5の性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

CINEBENCH R15 / R20

CINEBENCH R15 CINEBENCH R20
マルチスレッド 1323 cb 3030 cb
シングルコア 198 cb 469 cb

Core i7-10870Hの性能です。マルチスレッドはCore i7-9750Hより約7~16%高性能になりました。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 軽量品質
8944 11733 13222

FF15は高品質だと「快適」、標準品質だと「とても快適」、軽量品質だと「非常に快適」でした。RTX2070搭載ノートPCより14%高いスコアです。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
16251 17002 19366
平均128fps 平均138fps 平均169fps

FF14ベンチマークは最高画質でも平均100fps以上でした。RTX3070の性能ならMMORPGは余裕です。

PSO2ベンチマーク

PSO2ベンチマークはウルトラ画質で16696でした。RTX3060搭載デスクトップとほとんど同じスコアです。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは63930です。RTX3060搭載ゲーミングノートPCの「G-Tune E5-165」より30%も高いスコアが出ました。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
9062 9467 7297

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyは上位24%の評価でした。RTX3060搭載ゲーミングノートPCの総合スコアが7786だったので、このG-Tune H5のほうが約16.8%も高性能です。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
19565 25569 16887

3DMARK FireStrikeの評価では「上位16%のパソコン」です。デスクトップゲーミングPC含めてこの評価ですから凄いですね・・・。240Hz液晶とか関係なく、純粋に高性能なので多くのゲームがサクサク動きます。

25万円の予算で買えるゲーミングノートPCとしては間違いなく最高級仕様です。動きが速いゲームや重いゲームをプレイする予定の方におすすめです。

G-Tune H5の価格と詳細はこちら

G-Tuneのおすすめカスタマイズ

★G-Tune 期間限定セールでゲーミングPCが安い!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

ページの先頭へ

ページの先頭へ