ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > RTX3080搭載!ドスパラ ガレリア UA9C-R38 性能レビュー

RTX3080搭載!ドスパラ ガレリア UA9C-R38 性能レビュー

RTX3080のベンチマークスコアが凄い!

RTX3080を搭載したドスパラの人気ゲーミングPCが「ガレリア UA9C-R38」です。RTX3080はRTX30シリーズで最初のグラボだから期待が高まります。

ガレリア UA9C-R38を早速入手してベンチマークを計測してみました。性能から温度まで詳しくレビューしていきます。

ガレリア UA9C-R38はこんな方におすすめ!

最新のハイエンドゲーミングPCが欲しい!
あらゆる重いゲームをサクサク動かしたい!
35万円以下の予算でゲーミングPCを買いたい!

ガレリア UA9C-R38のスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows 10 Home 64bit Core i9-10900K
グラフィックボード メモリ
GeForce RTX3080 10GB 32GB(PC4-23400)
ストレージ チップセット
1TB NVMe M.2 SSD + 2TB HDD インテル Z490
光学ドライブ 電源
なし 750W 静音電源 (80PLUS GOLD)

ガレリア UA9C-R38の価格と詳細はこちら

RTX3080 + Core i9-10900Kの組み合わせはまさしくハイエンドです。さらに上位のRTX3090搭載モデルもあるのですが、RTX3080に比べて約13万円高くなってしまいます。だからコスパを比較すると、ハイエンドゲーミングPCを買うならこのガレリア UA9C-R38のほうをおすすめします。

メモリ容量は32GBとたっぷり、ゲーム配信だって軽々こなせるスペックです。さらにストレージに1TB NVMe SSDが初期搭載されているのも素晴らしいです。SSDにゲームをインストールすれば起動や読み込み速度が一気に高速化できますよ。

ただ、DVDスーパーマルチドライブは非搭載です。使う機会ってあまりないので私は特に気になりません。必要な人はカスタマイズでDVDドライブやBDドライブを追加してください。

ストレージの速度

ガレリア UA9C-R38のストレージはSSDとHDDの組み合わせです。どれくらいの速度の違いがあるのかCrystalDiskMarkで計測してみました。

SSDの速度

SSDは「PHISON PS5012-E12S-1T」で、シーケンシャルリードが3421MB/s、シーケンシャルライトが3025MB/sです。読み込みだけでなく書き込みも非常に高速です。高性能ゲーミングPCにはNVMe SSDが相応しいと思います。

HDDの速度

HDDは「SEAGATE ST2000DM005」でシーケンシャルリードが195MB/s、シーケンシャルライトが189MB/sです。

ガレリア UA9C-R38の外観

次にガレリア UA9C-R38の外観や接続端子のレビューをしていきます。

ガレリア専用 SKケース プレミアムです。XシリーズやZシリーズとは違い、アルミヘアライン外装となっています。全体の寸法は220(幅)×440(奥行き)×480(高さ) mmです。

写真だとちょっとわかりにくいですけど、電源が入ると青く光ります。

正面には電源ボタン、リセットボタン、USB3.2が4つ、マイク入力、スピーカー出力があります。

上部全体が排気口になっていますが、物を置くことも可能です。

左側は一部が透明なアクリルパネルで、電源を入れるとRTX3080の光っている様子が見えます。

開けてみました。RTX3080はさすがに巨大です。

CPUクーラーは「Scythe 虎徹 MarkⅡ」、マザーボードは「ASUS PRIME Z490-P」です。

グラフィックボードは「PALIT GeForce RTX 3080 GamingPro」です。補助電力は8pin x 2で、推奨システム電力が750Wとなっているため、ガレリア UA9C-R38はぴったりです。

なんとグラフィックボードを支えるホルダーが標準設置されています。RTX30シリーズはRTX20シリーズよりも巨大なことが話題になり、マザーボードとの接続部分が歪むのではないかと不安視されていました。

それをしっかり解決してくれるドスパラはさすがですね。将来的に別のグラフィックボードに買い替えたとしても、グラボホルダーは位置調節だけしてそのまま使えるので非常にありがたいです。

スペース的に使える拡張スロットはPCI Express x1の2つです。

右側です。

背面です。

マザーボードのバックパネルにはPS2、USB2.0が2つ、USB3.2 Gen2が2つ、USB3.2 Gen1が2つ、LANポート、サウンド関連があります。

GeForce RTX3080の映像出力端子はHDMI、DisplayPortが3つです。最大4画面同時出力が可能です。

底面のメッシュは取り外して掃除できます。

ガレリア UA9C-R38の温度

3DMARK FireStrikeを動作させながらCPUの温度を計測したところ、平均55.4℃、最大81℃でした。

RTX3080は平均61.0℃、最大73℃でした。ハイエンドグラボなのに73℃以下に収まるとは・・・。PCケースのおかげでもあります。

ガレリア UA9C-R38のベンチマークスコア

ガレリア UA9C-R38の性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

CINEBENCH R15 / R20

CINEBENCH R15 CINEBENCH R20
マルチスレッド 2632 cb 6347 cb
シングルコア 223 cb 522 cb

Core i9-10900Kの性能です。マルチスレッドはCore i9-9900KFより27~29%も高いスコアです。スレッド数の多さが強く出ています。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 軽量品質
13838 17856 18957

FF15ベンチマークはすべての画質で「非常に快適」という最高評価です。RTX2080 SUPERよりも20%スコアアップしました。

FF14 漆黒の反逆者ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
23159 23827 27263
平均191fps 平均202fps 平均243fps

FF14ベンチマークは23000を越えました。RTX2080Tiすら超える過去最高のベンチマークスコアです。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
138005 141612 203526

PSO2ベンチマークも凄まじいスコアが出ました。数年前は5万越えで喜んでいましたよ。

MHFベンチマーク

MHFは99999、ついにカンストです・・・。ちなみにGTX1060だと約25000なので凄さがよくわかると思います。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
16147 17034 12471
製品名 グラボ ベンチマーク(総合スコア)
ガレリア UA9C-R38 RTX3080
16147
ガレリア ZA9C-R80T RTX2080Ti
13036
ガレリア ZG RTX2080 SUPER
11460
ガレリア XA7C-R70S RTX2070 SUPER
9790
ガレリア XV RTX2060 SUPER
8075
ガレリア XT GTX1660 SUPER
6208
ガレリア DH GTX1650
3613

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyでは「上位1%」の評価でした。RTX2080Tiに圧勝しています。なんと30%もの差がついてしまいました!RTX3080のコスパの良さが証明されましたね。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
29228 41802 29193
製品名 グラボ ベンチマーク(総合スコア)
ガレリア UA9C-R38 RTX3080
29228
ガレリア ZA9C-R80T RTX2080Ti
25603
ガレリア ZG RTX2080 SUPER
24121
ガレリア XA7C-R70S RTX2070 SUPER
21114
ガレリア XV RTX2060 SUPER
18804
ガレリア XT GTX1660 SUPER
14380
ガレリア DH GTX1650
8015

3DMARK FireStrikeの評価では「上位1%のパソコン」です。RTX2080Tiより29%も高いグラフィックスコアです。そしてやっぱりゲーミングPCはグラボだけでなくCPUも大切だなぁ、と実感できました。

RTX3080があれば最新ゲームもヌルヌル動かせます。特に重いFPSだと144fps出すのが難しくなってきています。その点このガレリア UA9C-R38ならApex Legendsでも144fps以上出せますから、最新PCゲーム好きの方におすすめです。

ガレリア UA9C-R38の価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XA7C-R70S

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:RTX2070 SUPER(8GB)

  • 2 G-Tune PM-B-AF

    GTX1660 SUPER搭載なのに約13万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GTX1660 SUPER(6GB)

  • 3 ガレリア ZA9C-R80S

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    長年使えるもの嬉しい!

    グラボ:RTX3080(10GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ