ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > 限定モデル!G-Tune HM-B-3060Ti-AF 性能レビュー

限定モデル!G-Tune HM-B-3060Ti-AF 性能レビュー

RTX3060TiにCore i7-10700Fで約17万円!

G-Tuneには一般販売されているゲーミングPCと、トップページからは辿り着けない当ページ限定のゲーミングPCがあります。今回レビューするには後者の限定モデルです。

実は当サイト「ゲームPCバンク」がおすすめする限定モデルで、一般販売されているモデルよりも安くなっています。こっそりセールしているようなものです。だからこのページを見ているあなたはかなりラッキーです。

G-Tune HM-B-3060Ti-AFはこんな方におすすめ!

20万円以下のゲーミングPCが欲しい!
SSDでパソコンをサクサクにしたい!
大人気のRTX3060Tiでゲームを楽しみたい!

G-Tune HM-B-3060Ti-AFのスペック

*この記事のパソコンはレンタル品です。商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 64bit Core i7-10700F
グラフィックボード メモリ
GeForce RTX3060Ti 8GB 16GB PC4-21300
ストレージ チップセット
512GB NVMe SSD INTEL B460 チップセット
光学ドライブ 電源
なし 700W(80PLUS BRONZE)

G-Tune HM-B-3060Ti-AFの価格と詳細はこちら

全体的になかなかハイスペックなパーツ構成です。Core i7、メモリ16GB、512GB NVMe SSDとサクサクになる要素が満載です。Core i5-11400という選択肢もあるのでしょうけど、最新ゲームまでカバーするならCore i7-10700Fのほうが適しています。

メモリは16GBあれば十分です。8GBだと足りないゲームもありますし、8GB未満しか使わないゲームでも16GBあったほうがサクサク動きます。私はここ8年くらい、新たに購入するゲーミングPCは必ずメモリ16GBにしています。

ストレージはカスタマイズが必要です。512GB NVMe SSDはそのままでもいいのですけど、さらにSSDかHDDを追加すべきです。ゲームは容量が大きいですから、私なら1TB SSDや2TB HDDを追加してから購入します。

ストレージの速度

ストレージの転送速度をCrystalDiskMarkで計測しました。

SSDの速度

SSDは「ADATA SX6000PNP」でシーケンシャルリードは2166MB/s、シーケンシャルライトは1356MB/sです。旧モデルよりさらに高速なSSDが採用されています。

G-Tune HM-B-3060Ti-AFの外観

次にG-Tune HM-B-3060Ti-AFの外観や接続端子のレビューをしていきます。

G-TuneのNEXTGEAR-MICROシリーズです。ミドルタワーよりもやや小型なタイプで、好きな場所に置きやすいです。

正面の上の方に接続端子が集まっています。マイク入力、スピーカー出力、USB3.0が2つ、HDMIです。このHDMIはVRデバイスを簡単に接続できるように設置されたものです。

そしてすぐ下に電源ボタンと光学ドライブがあるように見えます。しかし初期構成では光学ドライブ非搭載です。もしも欲しいのであればカスタマイズでDVDドライブやブルーレイドライブを追加してください。

上部には何もありません。ゲーマーへのアンケートで「デスクトップの上に物を置きたい」という意見が多かったのでこうなりました。

左側です。こちらにも吸気口がありません。サイドパネルを開けるには上の方にある2つのネジを取り外します。

内部は裏配線ですっきりしています。ゲーブルが整頓されていることにより、エアフローを阻害しません。

G-TuneはトップフローのCPUクーラーを採用する傾向が強いのですが、このデスクトップはサイドフローです。

底面は二重のメッシュになっています。六角形の穴がPCケースのもので、さらにその下に細かいメッシュが貼り付けられています。マグネットで付いているので簡単に取り外せますし、水洗いもできる優れ物です。

マザーボードは「MouseComputer B460M」です(MSIのOEM)。グラフィックボードとCPUクーラーの中間にM.2スロットがあります。拡張性はほとんどありません。

右側です。

背面のリアファンが唯一のケースファンです。これでしっかり冷えてくれるのですからG-TuneのPCケースはとても優秀だとわかります。

マザーボードのバックパネルにはPS2、USB3.0が4つ、LANポート、マイク入力、ライン入力、ライン出力があります。USB端子が少なめです。

GeForce RTX3060Tiの映像出力端子はHDMI、DisplayPortが3つです。

G-Tune HM-B-3060Ti-AFの温度

3DMARK FireStrikeベンチマークを動作させたところ、CPU(Core i7-10700F)の温度は平均53.0℃、最大79℃でした。ほぼ50℃辺りに収まっています。ケースやCPUクーラーが優秀な証拠です。

GeForce RTX3060Tiの温度は平均62.5℃、最大74.3℃でした。とても安定しています。

G-Tune HM-B-3060Ti-AFのベンチマークスコア

約17万円のゲーミングPCにどれくらいの性能を期待しますか?安いのにオンラインゲームがサクサクなら最高ですよね。ではベンチマークソフトで検証してみましょう。

CINEBENCH R15 / R20

CINEBENCH R15 CINEBENCH R20
マルチスレッド 1697 cb 3720 cb
シングルコア 207 cb 500 cb

Core i7-10700Fの性能です。Core i5-10400よりもマルチスレッドは16~26%、シングルコアは7.8%も高性能です。これくらい差があるとゲームのフレームレートにはっきりとした違いが出ます。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 軽量品質
10798 14873 17580

FF15ベンチマークは高品質だと「とても快適」、標準品質以下だと「非常に快適」の評価でした。標準品質の設定ならストレスなく遊べます。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
20994 21488 26148
平均 151 fps 平均 157 fps 平均 193 fps

FF14ベンチマークは15000以上なら最高評価です。つまり最高品質の画質設定でもサクサク動かせます。

PSO2ベンチマーク

PSO2ベンチマークはウルトラ画質で24619と非常に高いスコアが出ました。快適な基準の2.4倍です。

MHFベンチマーク

MHFは72147です。RTX3060 + Core i7-10700より32.7%も高いスコアです。明らかにRTX3060Tiのほうがコスパ抜群です。

3DMARK TimeSpy

総合スコア Graphics score Physics score
10874 11154 9521

DirectX12用ベンチマークソフトのTimeSpyでは「上位9%」の評価です。最新ゲームもしっかり遊べる性能を持っています。

3DMARK FireStrike

総合スコア Graphics score Physics score
23643 28759 23269

3DMARK FireStrikeの評価では「上位6%のパソコン」です。約17万円のゲーミングPCでもこんなにハイスペックなんて凄いですよね。繰り返しますが通常モデルよりも安くなっています。当ページ限定なので安いゲーミングPCが欲しい方はお早めに!

G-Tune HM-B-3060Ti-AFの価格と詳細はこちら

G-Tuneのおすすめカスタマイズ

★G-Tune 期間限定セールでゲーミングPCが安い!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

ページの先頭へ

ページの先頭へ