ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > GALLERIA ZA9R-R38 5900X搭載 性能レビュー!RTX3080 + Ryzen 9 5900X

GALLERIA ZA9R-R38 5900X搭載 性能レビュー!RTX3080 + Ryzen 9 5900X

超ハイエンドなのに40万円以下!

ハイエンドゲーミングPCは重いゲームをサクサク動かせるというメリットばかり注目されがちですが、長く使えるメリットも忘れてはいけません。

PCゲームは年々重くなるのですから、ミドルスペックよりもハイエンドのほうが何年も長く使い続けられますよね。今回は超ハイエンドと言ってもいいレベルの「GALLERIA ZA9R-R38 5900X搭載」をレビューしていきます。

GALLERIA ZA9R-R38 5900X搭載はこんな方におすすめ!

ハイエンドゲーミングPCであらゆるゲームをサクサクにしたい!
40万円以下の予算でゲーミングPCを買いたい!
最新FPSで144fps、240fps以上出したい!

GALLERIA ZA9R-R38 5900X搭載のスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 64bit Ryzen 9 5900X
グラフィックボード メモリ
GeForce RTX3080 10GB GDDR6X 16GB(PC4-25600)
ストレージ チップセット
1TB Gen4 NVMe SSD AMD B550 チップセット
光学ドライブ 電源ユニット
なし 850W 静音電源 (80PLUS GOLD)

GALLERIA ZA9R-R38 5900X搭載の価格と詳細はこちら

RTX3080はハイエンドグラフィックボードの中でとても人気があります。有名ゲームストリーマーのPCスペックを調べてみると、本当にたくさんの人がRTX3080搭載ゲーミングPCを使っています。(私が調べた範囲ではRTX3080TiやRTX3090よりもRTX3080を使っている配信者が多いです。)

Ryzen 9 5900Xはトップクラスに良いCPUで、ガレリアシリーズで選べるAMD CPUとしては最高性能です。配信をするのであればRyzen 7 5800XよりRyzen 9 5900Xをおすすめします。

ただ、ここまで高性能なゲーミングPCを買うのであれば、メモリ容量は32GBに増やしてから購入したいところです。あとはストレージ容量もがっつり増やしたいですね。

ストレージの速度

GALLERIA ZA9R-R38 5900X搭載に搭載されているSSDの速度を計測しました。

SSDの速度

SSDは「CFD CSSD-M2B1TPG3VNF」で、シーケンシャルリードが4991MB/s、シーケンシャルライトが4274MB/sです。さすがGen4 NVMe SSDです。見たことがないほど超高速です。

GALLERIA ZA9R-R38 5900X搭載の外観

次にGALLERIA ZA9R-R38 5900X搭載の外観や接続端子のレビューをしていきます。

高さ約48cmのミドルタワーケースです。光学ドライブを追加した場合は、一番上に設置されます。

正面には電源ボタン、リセットボタン、USB3.2が4つ、スピーカー出力、マイク入力があります。

ケースファンは正面、上部、背面の3箇所に設置されています。

左側は一部がアクリルパネルになっています。

電源を入れるとCPUクーラーとグラフィックボードのロゴが光ります。

ラジエーターは正面側に付いています。青くぼんやりと光っていました。

DEEPCOOL製の水冷CPUクーラーです。基本的に高性能CPUには水冷CPUクーラーが採用されます。

GeForce RTX3080は3連ファンです。

グラフィックボードはがっちり固定されています。RTX3080のように巨大なグラフィックボードは重量があるため、グラボホルダーで固定するのはとても大切です。

マザーボードは「ASRock X570 Phantom Gaming 4」です。グラフィックボードの下にはPCIスロットやM.2スロットが空いています。

右側です。

背面です。

マザーボードのバックパネルにはPS2、USB3.1 Gen1が6つ、USB3.1 Gen2が2つ、LANポート、ライン入力、マイク入力、スピーカー出力があります。

GeForce RTX3080の映像出力端子はHDMI、DisplayPortが3つあります。

GALLERIA ZA9R-R38 5900X搭載の温度

3DMARK FireStrikeを動作させたところ、CPU(Ryzen 9 5900X)の温度は平均59.2℃、最大77℃でした。水冷CPUクーラーのおかげで温度が安定しています。

GeForce RTX3080の温度は平均60.9℃、最大74.3℃でした。ハイエンドゲーミングPCとは思えないほど低温度です。

GALLERIA ZA9R-R38 5900X搭載のベンチマークスコア

GALLERIA ZA9R-R38 5900X搭載の性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

CINEBENCH R15 / R20

CINEBENCH R15 CINEBENCH R20
マルチスレッド 3582 cb 8237 cb
シングルコア 265 cb 625 cb

Ryzen 9 5900Xの性能です。マルチスレッドの性能はRyzen 7 3700Xを70.2~74.1%も上回っています。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 軽量品質
13900 19018 20845

FF15ベンチマークは高品質の画質でも「非常に快適」の最高評価です。つまり重いゲームも高画質で遊べます。

FF14:暁月のフィナーレ

最高品質 26520 平均 195 fps

FF14ベンチマークは過去最高クラスのスコアが出ました。

PSO2ベンチマーク

PSO2ベンチマークはウルトラ画質で38844でした。RTX3060 + Ryzen 7 3700Xの2倍以上のスコアです。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは99999でした。動かす前からわかってましたがやはりカンストです。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
14934 16630 9466
製品名 グラボ ベンチマーク(総合スコア)
GALLERIA ZA9C-R39 RTX3090
17590
GALLERIA UA9C-R38 RTX3080
16147
GALLERIA XA7C-R37T RTX3070Ti
13056
GALLERIA XA7C-R37 RTX3070
12016
GALLERIA XA7C-R36T RTX3060Ti
11050
GALLERIA XA7R-R36 RTX3060
8695
GALLERIA XT GTX1660 SUPER
6208
GALLERIA DH GTX1650
3613

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyでは「上位14%」の評価でした。RTX3070搭載ゲーミングPCより20%くらい高いスコアです。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
33177 41064 36275
製品名 グラボ ベンチマーク(総合スコア)
GALLERIA ZA9C-R39 RTX3090
31852
GALLERIA UA9C-R38 RTX3080
29228
GALLERIA XA7C-R37T RTX3070Ti
25613
GALLERIA XA7C-R37 RTX3070
22414
GALLERIA XA7C-R36T RTX3060Ti
22836
GALLERIA XA7R-R36 RTX3060
19707
GALLERIA XT GTX1660 SUPER
14380
GALLERIA DH GTX1650
8015

3DMARK FireStrikeの評価では「上位1%のパソコン」です。疑う余地のないハイエンドゲーミングPCです。このゲーミングPCさえあればあらゆるゲーム、作業が快適になります。長く使うことを考えたら本当にコスパ抜群ですよ。

GALLERIA ZA9R-R38 5900X搭載の価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

ページの先頭へ

ページの先頭へ