ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > G-Tune E5 性能レビュー!RTX3050 + Core i7-11800H

G-Tune E5 性能レビュー!RTX3050 + Core i7-11800H

ゲーミングノートPCは普通のノートPCに比べて持ち運びにくいのが弱点です。というのもハイスペックでグラフィックボードを搭載しているため、どうしても重量が増してしまうのです。

しかしG-Tune E5はゲーミングノートPCとは思えないほど軽量です。15.6インチのゲーミングノートPCでこんなに軽いのは初めて触りました。実機を入手したのでレビューしていきます。

G-Tune E5はこんな方におすすめ!

20万円以下のゲーミングノートPCが欲しい!
とにかく持ち運びを楽にしたい!
軽量ゲーミングノートPCを探している!

G-Tune E5のスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows11 Home 64bit Core i7-11800H
グラフィックボード メモリ
GeForce RTX3050 4GB 16GB(PC4-25600)
ストレージ チップセット
512GB NVMe SSD モバイル インテル HM570 チップセット
光学ドライブ 液晶
なし 15.6型 フルHDノングレア

G-Tune E5の価格と詳細はこちら

Core i7 + メモリ16GB + RTX3050という組み合わせはゲーミングノートPCとしてはエントリーモデルに入りそうなものですが、RTX3050はGTX1650よりずっと高性能なので、ミドルスペックと考えていいでしょう。

ストレージは定番の512GB NVMe SSDです。ゲームをいくつかインストールしたら容量がいっぱいになってしまう恐れがあります。そこで購入前のカスタマイズで1TB NVMe SSDか2TB NVMe SSDに変更しましょう。どちらにするかは予算次第です。

同じNVMe SSDでも色々な種類があって迷うかもしれませんが、基本的に一番安いやつで大丈夫です。ベンチマークの速度が大きく違ったとしても、体感速度はあまり変わらないからです。

ストレージの速度

G-Tune E5のストレージは512GB NVMe SSDです。どれくらい速度が出るのかCrystalDiskMarkで計測してみました。

SSDの速度

SSDは「Western Digital PC SN530シリーズ」で、シーケンシャルリードが2469MB/s、シーケンシャルライトが1836MB/sです。

G-Tune E5の外観

次にG-Tune E5の外観や接続端子のレビューをしていきます。

全体の寸法は幅355.5 × 奥行き236.7 × 高さ20.6mmです。RTX3060搭載の「G-Tune E5-165」と同じ筐体です。

外側も内側もグレーです。液晶周辺のベゼルが小さくていいですね。こういうのをナローベゼルと呼びます。ナローベゼルのおかげで余計な部分が削減され、ノートPCのサイズがコンパクトになっています。

100キーの日本語キーボードです。今まで触ったゲーミングノートPCではトップクラスに打鍵感が好みでした。キーが大きくて押しやすいのも良かったです。

WASD周辺のキー配置は普通です。

キーボードバックライトは4つのゾーンに分かれています。

モードチェンジボタンと電源ボタンです。モードチェンジは3つ用意されており、ゲームをする際には必ずパフォーマンスモードにしましょう。性能自体が切り替わるので、実はとても大切なボタンです。

液晶の解像度は1920×1080です。

リフレッシュレートは60Hz固定です。FPSプレイヤーからすると144Hzにできないのはデメリットです。

左側にはセキュリティスロット、USB3.1、マイク入力、スピーカー出力があります。

右側にはmicro SDメモリーカードスロット、USB3.0が2つあります。

後ろ側にはUSB3.1 Type-C、HDMI、LANポート、電源端子があります。

G-Tune E5の重さ

ノートPC本体のみの重さは1.667kgです。衝撃的な軽さです!本当にこの重さなのか疑って、何度も計測し直したくらいです。15.6インチのゲーミングノートPCでこんなに軽いのは初めて見ましたよ。

ACアダプターとケーブルを含めると2.231kgです。

G-Tune E5の温度

3DMARK FireStrikeを動作させたところ、CPU(Core i7-11800H)の温度は平均63.3℃、最大87℃でした。

GeForce RTX3050の温度は平均61.6℃、最大67.1℃でした。やはりRTX3050のほうがRTX3060よりも低温度です。

G-Tune E5のベンチマークスコア

G-Tune E5の性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

CINEBENCH R15 / R20

CINEBENCH R15 CINEBENCH R20
マルチスレッド 1551 cb 3771 cb
シングルコア 229 cb 577 cb

Core i7-11800Hの性能です。Core i7-10870Hよりも格段に高性能です。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 軽量品質
4870 7342 9248

FF15ベンチマークは高品質だと「やや快適」の評価でした。でも軽量品質まで下げたら「とても快適」になりました。画質にさえこだわらなければ重いゲームも遊べます。

FF14ベンチマーク

最高品質 12256 平均 86 fps

FF14ベンチマークは平均86fpsだったので快適に遊べるでしょう。

PSO2ベンチマーク

PSO2ベンチマークはウルトラ画質で11920でした。問題ないスコアですが私なら余裕を持たせるために画質を少し下げます。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは33991です。GTX1660 SUPER搭載デスクトップに近いスコアです。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
5290 5000 7891

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyは上位73%の評価でした。デスクトップを含めた評価なので、随分と下の方になってしまいます。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
11961 13291 21570

3DMARK FireStrikeの評価では「上位42%のパソコン」です。60fps以上出せばいいことを考えると、ほとんどのゲームを快適に遊べる性能です。ただしRTX2070推奨のような激重最新ゲームは厳しいです。

とはいえわずか約1.6kgという重量は非常に魅力的です。持ち運びやすさを重視するなら、このG-Tune E5が最有力候補になるのではないでしょうか。

G-Tune E5の価格と詳細はこちら

G-Tuneのおすすめカスタマイズ

★G-Tune 期間限定セールでゲーミングPCが安い!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

ページの先頭へ

ページの先頭へ