ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > G-Tune E5-144 性能レビュー!RTX2060 + Core i7-10875H

G-Tune E5-144 性能レビュー!RTX2060 + Core i7-10875H

20万円以下で買えるRTX2060搭載ゲーミングノートPC!

ゲーミングPCは「できれば20万円以下で買いたいなぁ」と思うものです。もちろん20万円以上のハイエンドを求める人がいるのはわかってます。むしろ私がそうです。

でもやはり多くの人は20万円以下にしたいです。そこで今回はGeForce RTX2060を搭載しつつ20万円以下で購入できるゲーミングノートPC「G-Tune E5-144」をレビューします。

G-Tune E5-144はこんな方におすすめ!

20万円以下のゲーミングノートPCが欲しい!
重いゲームでも60fps以上出せる性能にしたい!
15.6インチ液晶だけど小型を選びたい!

G-Tune E5-144のスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Core i7-10875H
グラフィックボード メモリ
GeForce RTX2060 6GB 16GB(PC4-21300)
ストレージ チップセット
512GB NVMe SSD モバイル インテル HM470 チップセット
光学ドライブ 液晶
なし 15.6インチ フルHD液晶 144Hz

G-Tune E5-144の価格と詳細はこちら

最新世代のINTEL CPUを搭載したゲーミングノートPCです。BTOパソコン業界を見るとCore i5-10300HやCore i7-10750Hが多く、Core i7-10875Hはちょっと珍しいです。

Core i7-10750Hが6コア・12スレッド、定格2.6GHz、最大5.0GHzなのに対し、Core i7-10875Hは8コア・16スレッド、定格2.3GHz、最大5.1GHzです。つまりCore i7-10875Hのほうが高性能なわけですが、スペックだけ見るとCore i7-10750Hで十分なように思えます。

とはいえゲーミングノートPCはCPUがボトルネックになりやすいですから、高性能なCPUを搭載しておく価値はあります。特に重いゲームをプレイする際に進化を発揮してくれます。

G-Tune E5-144をカスタマイズするとすればストレージでしょう。512GBではすぐ足りなくなる可能性があります。HDDの追加はできないようなので、私なら1TB NVMe SSDに変更します。

ストレージの速度

G-Tune E5-144のストレージは512GB NVMe M.2 SSDです。どれくらい速度が出るのかCrystalDiskMarkで計測してみました。

SSDの速度

SSDは「ADATA SX6000PNP」で、シーケンシャルリードが2050MB/s、シーケンシャルライトが1576MB/sです。最大3500MB/sのSAMSUNG PM981aへの変更が可能です。でもこのADATA SX6000PNPで問題ありません。

G-Tune E5-144の外観

次にG-Tune E5-144の外観や接続端子のレビューをしていきます。

全体の寸法は幅355.5 × 奥行き236.7 × 高さ19.9mmです。厚さが2cm未満に収まっているのでかなり薄型です。(RTX2060搭載の旧モデルが約3cmでした。)

外側も内側もグレーです。液晶周辺のベゼルが小さくていいですね。こういうのをナローベゼルと呼びます。ナローベゼルのおかげで余計な部分が削減され、ノートPCのサイズがコンパクトになっています。

100キーの日本語キーボードです。今まで触ったゲーミングノートPCではトップクラスに打鍵感が好みでした。キーが大きくて押しやすいのも良かったです。

WASD周辺のキー配置は普通です。

キーボードバックライトは4つのゾーンに分かれています。

ファンコントローラーと電源ボタンです。ファンコントローラーはエンターテイメントモードとパフォーマンスモードに切り替えられます。ゲームをする際にはパフォーマンスモードにしましょう。

試しに両方で3DMARK FireStrikeのベンチマークスコアを計測したところ、パフォーマンスモードのほうが4.7%高くなりました。

液晶は解像度1920×1080、リフレッシュレート144Hzです。2020年になって144Hz液晶を採用したゲーミングノートPCが激増しました。FPS等をプレイする人には選択肢が増えてありがたいですね。

144Hz固定です。

左側にはセキュリティスロット、USB3.1、マイク入力、スピーカー出力があります。

右側にはmicro SDメモリーカードスロット、USB3.0が2つあります。

後ろ側にはThunderbolt 3、HDMI、LANポート、電源端子があります。

G-Tune E5-144の重さ

ノートPC本体のみの重さは1.736kgです。G-Tuneでこんなに軽量なハイスペックゲーミングノートPCは初めて見ました。旧モデルは約2.3kgでしたよ。軽ければ軽いほど嬉しいので、これからもどんどんG-Tune E5-144みたいなノートPCを販売して欲しいです。

ACアダプターとケーブルを含めると2.580kgです。

G-Tune E5-144の温度

3DMARK FireStrikeを動作させたところ、CPU(Core i7-10875H)の温度は平均72.0℃、最大84℃でした。最大98℃くらいになると思っていたので、予想より遥かに低温度です。

GeForce RTX2060の温度は平均63.6℃、最大70℃でした。軽量なだけでなくエアフロー設計も優れているようです。

G-Tune E5-144のベンチマークスコア

G-Tune E5-144の性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

CINEBENCH R15 / R20

CINEBENCH R15 CINEBENCH R20
マルチスレッド 1535 cb 4132 cb
シングルコア 208 cb 506 cb

Core i7-10875Hの性能です。Core i7-10750Hよりマルチスレッドのスコアは15.8~28.4%高くなりました。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 軽量品質
6917 9084 11378

FF15ベンチマークは高品質が「快適」、標準品質以下だと「とても快適」の評価でした。RTX2060 + Core i7-10750Hより7.4%高くなっているので、やはり高性能なCPUを使う価値があります。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
14755 15329 18487

FF14ベンチマークはRTX2060搭載ゲーミングノートPCの中では高いスコアが出ました。最高品質のスコアはCore i7-8750Hより13.3%高いです。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
48347 52399 87059

PSO2ベンチマークはCPUの性能に大きく影響されます。RTX2060搭載デスクトップなら設定6でも8万を越えます。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは40513です。なんとRTX2060 + Core i7-9700Kと同等のスコアが出ました。え、このG-Tune E5-144ってメチャクチャ凄いのでは・・・。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
6679 6451 8356

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyは上位48%の評価でした。デスクトップゲーミングPCを含めるとミドルスペック相当です。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
16049 17551 19816

3DMARK FireStrikeの評価では「上位20%のパソコン」です。GTX1060搭載ゲーミングノートPCより60%も高性能です。GTX1060からの買い替えとしてはちょうどいい存在ではないでしょうか。

メモリ16GBのおかげですべてのゲームで60fps以上出せる性能を持っています。重いゲームをプレイしようとしている人におすすめです。

G-Tune E5-144の価格と詳細はこちら

G-Tuneのおすすめカスタマイズ

★G-Tune 期間限定セールでゲーミングPCが安い!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XA7C-R70S

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:RTX2070 SUPER(8GB)

  • 2 G-Tune PM-B-AF

    GTX1660 SUPER搭載なのに約13万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GTX1660 SUPER(6GB)

  • 3 ガレリア ZA9C-R80S

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    長年使えるもの嬉しい!

    グラボ:RTX2080 SUPER(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ