ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > G-Tune EN-Z 性能レビュー!RTX3060 + Core i7-12700K

G-Tune EN-Z 性能レビュー!RTX3060 + Core i7-12700K

ゲーミングPCにおいてCPUの重要性は年々上がってきています。昔はそこそこのCPUと高性能なグラボさえあればいい!みたいな感じでしたが、最近はCPU次第でゲームのフレームレートが大幅に変わるのです。

それに高性能なCPUを選んでおくと、数年後にグラボだけ交換してゲーミングPCを長く使えます。凄く大きなメリットですよね。今回はCore i7-12700Kを搭載したG-Tune EN-Zをレビューしていきます。

G-Tune EN-Zはこんな方におすすめ!

25万円以下のゲーミングPCが欲しい!
高性能なCPUを選びたい!
冷却性能に優れたゲーミングPCを使いたい!

G-Tune EN-Zのスペック

*この記事のパソコンはレンタル品です。商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 64bit Core i7-12700K(水冷)
グラフィックボード メモリ
GeForce RTX3060 12GB 16GB PC4-25600
ストレージ チップセット
512GB NVMe SSD + 2TB HDD INTEL Z690 チップセット
光学ドライブ 電源
なし 700W(80PLUS GOLD)

G-Tune EN-Zの価格と詳細はこちら

カスタマイズ不要な初心者向けのゲーミングPCです。CPU、グラボ、メモリはそのままでいいですし、ストレージは最初からSSD + HDDになっています。近頃はSSDしか搭載していないゲーミングPCばかりで、カスタマイズしないと容量不足になりがちです。

もちろんこのまま買ってもいいですし、1TB NVMe SSD + 3TB HDDのような大容量にカスタマイズしてから買うのもいいです。予算に余裕があるなら1TB NVMe SSD + 1TB SSDなんて組み合わせがおすすめです。

また、冷却に関するカスタマイズも必要ありません。Core i7-12700Kには水冷CPUクーラーがついていて、とても低い温度を保ってくれます。

ストレージの速度

ストレージの転送速度をCrystalDiskMarkで計測しました。

SSDの速度

SSDは「SK Hynix HFM512GD3JX013N」でシーケンシャルリードは3558MB/s、シーケンシャルライトは2887MB/sです。初めて見るSSDでしたがかなり良い速度が出てくれました。

HDDの速度

HDDは「WESTERN DIGITAL WD20EZAZ」でシーケンシャルリードは224MB/s、シーケンシャルライトは205MB/sです。

G-Tune EN-Zの外観

次にG-Tune EN-Zの外観や接続端子のレビューをしていきます。

G-TuneのNEXTGEARシリーズです。NEXTGEAR-MICROシリーズよりも一回り大きいミドルタワーケースです。電源を入れるとG-Tuneのロゴが赤く光ります。

光学ドライブ(初期構成では非搭載)と電源ボタンです。

上部に排気口はありません。

HDMI、SDカードリーダー、USB3.0が4つ、マイク入力、スピーカー出力です。

左側です。

右側にある2つのファンは水冷CPUクーラー用のラジエーターです。

水冷CPUクーラーはCPUファンよりもコンパクトです。メモリスロットはあと2つ空いています。

GeForce RTX3060は2連ファンのタイプです。

マザーボードは「MouseComputer Z690-S01」(MSIのOEM)で、グラフィックボードの下にはPCI Express ×16(x4として動作)とPCI Express ×1が3つ空いています。あとM.2スロットもありますね。

3.5インチストレージベイは1つ空いています。写真には写っていませんが、2.5インチストレージベイは3つ空いています。

右側です。

背面です。上部のHDMI端子を使うためには、背面のHDMIケーブルを引き伸ばし、グラフィックボードと接続しなければなりません。

マザーボードのバックパネルにはUSB2.0が2つ、USB3.0が4つ、USB3.2 Type-C、LANポート、サウンド関連があります。

GeForce RTX3060の映像出力端子はHDMI、DiplayPortが3つです。

G-Tune EN-Zの温度

3DMARK FireStrikeベンチマークを動作させたところ、CPU(Core i7-12700K)の温度は平均39.4℃、最大75℃でした。温度が跳ね上がることがあっても、基本的にとても低い温度で収まっています。さすが水冷です。

GeForce RTX3060の温度は平均54.3℃、最大66.8℃でした。非常に優秀です。

G-Tune EN-Zのベンチマークスコア

各種ベンチマークソフトでG-Tune EN-Zの性能を検証しました。

CINEBENCH R15 / R20

CINEBENCH R15 CINEBENCH R20
マルチスレッド 3359 cb 8724 cb
シングルコア 282 cb 746 cb

Core i7-12700Kの性能です。本当に素晴らしいスコアです。Core i7-11700に比べると、マルチスレッドのスコアはなんと2倍以上です。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 軽量品質
8975 12352 16208

FF15ベンチマークは高品質だと「快適」、標準品質以下だと「非常に快適」の評価でした。FF15くらい重いゲームも標準画質ならサクサク動いてくれます。

FF14ベンチマーク

最高品質 22145 平均 150 fps

FF14ベンチマークは15000以上なら最高評価です。つまり最高品質の画質設定でもサクサク動かせます。

PSO2ベンチマーク

PSO2ベンチマークはウルトラ画質で19467でした。10000以上なら快適ですから余裕があります。

MHFベンチマーク

MHFは59646です。RTX3060 + Core i7-11700より10%以上高いスコアです。CPUの重要性が出ています。

3DMARK TimeSpy

総合スコア Graphics score Physics score
9392 8752 16054

DirectX12用ベンチマークソフトのTimeSpyでは「上位34%」の評価です。

3DMARK FireStrike

総合スコア Graphics score Physics score
21117 22114 36754

3DMARK FireStrikeの評価では「上位12%のパソコン」です。やはり同じRTX3060搭載ゲーミングPCでもCPUによってスコアがかなり変わります。将来のグラボ交換まで考えたら、こういう高性能CPUを搭載したゲーミングPCをおすすめします。

G-Tune EN-Zの価格と詳細はこちら

G-Tuneのおすすめカスタマイズ

★G-Tune 期間限定セールでゲーミングPCが安い!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

ページの先頭へ

ページの先頭へ