ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーム推奨PC > Apex Legends推奨スペックとグラボ別fpsとおすすめゲーミングPC

Apex Legends推奨スペックとグラボ別fpsとおすすめゲーミングPC

PUBG、Fortniteと近年流行しているバトルロイヤルゲームに新しい旋風が巻き起こりました。Apex Legendsがリリース直後から大人気です。私もプレイしていて、久々にがっつりハマれるFPSが見つかって嬉しく思います。

しかし実際にプレイしてみてApex Legendsが妙に重いことに気付きました。フレームレートがかなり下がるんですよ。どのグラボなら快適に遊べるのかベンチマークしてみたのでご紹介します。

Apex Legends推奨スペック

まずEA公式サイトに掲載されているApex Legends推奨スペックを確認してみましょう。

OS Windows 7 64ビット版
CPU Intel i5 3570Tおよび同等品
メモリ 8GB
グラフィックボード Nvidia GeForce GTX 970

「あれ?意外と軽い?」と思うことなかれ。公式の推奨動作環境には「滑らかな60fpsのフレームレート」と注意書きされています。つまり144fpsを出すためのスペックではないわけです。

私がApex Legendsをプレイしてみても確かに60fpsを下回ることはありませんが、144fpsで安定させることは困難でした。とはいえApex Legendsで勝つためには60fpsではなく144fpsを目指すべきです。

Apex Legendsのグラボ別ベンチマーク

Apex Legendsでグラフィックボード別にフレームレートを計測してみました。普段なら平均fpsを出すところですが、Apex Legendsは場所によってあまりに大きくフレームレートが動きます。

144fpsで張り付く場所もあれば、90fpsまで下がるところもあります。そこで最低fpsと最高fpsを紹介します。「この範囲でフレームレートが動く」と認識してもらえば幸いです。

グラフィック設定(ビデオ設定)は解像度を1920×1080、垂直同期は無効、その他重さに関わる項目はデフォルトのままにしました。プリセットがないのはちょっと面倒ですね。高画質設定だと思ってください。マップはKINGS CANYONです。

ベンチマーク計測に使用したゲーミングPCのスペックは以下のとおりです。

OS Windows 10 Home 64bit
CPU Core i7-8700K
メモリ 16GB PC4-21300
グラフィックボード RTX2060 6GB、RTX2070 8GB、RTX2080 8GB、RTX2080Ti 11GB

グラボ別fps

グラフィックボード 最低~最高fps
RTX2080Ti 11GB 106~144 fps
RTX2080 8GB 98~144 fps
RTX2070 8GB 87~144 fps
RTX2060 6GB 78~144 fps

視界が狭い室内や谷間なら144fpsで安定します。しかし広い空間に出ると一気に重くなり、100fpsくらいまで下がります。平均fpsを算出したところRTX2080Tiなら136fpsだったので、高性能なグラフィックボードのほうがApex Legendsを快適に遊べることは確実です。

もちろん画質を下げればもっと高いフレームレートが出ます。ただ中画質くらいにしても重くなることがあったため、Apex Legendsで144fpsを目指すならRTX2070以上をおすすめします。

CPU使用率とメモリ使用量

Core i7-8700Kの使用率は55%前後、メモリ使用量は6.5GBでした。そこまで大幅な負荷はかかっていません。Apex Legends用ゲーミングPCを買うならグラボ最優先が良さそうです。

ただApex Legendsをプレイするなら他のゲームも遊ぶでしょうから、メモリは16GBにしておいたほうがいいでしょう。メモリ容量が多いほうが高いフレームレートを出せる傾向がありますしね。

低画質にした場合

【2019年3月追記】
国内外の有名ストリーマー(プロゲーマー含む)の設定を調べてみたら、ほとんどのプレイヤーが低画質にしていることが判明しました。私も低画質にしてみたら確かに重さがかなり軽減されました(起動オプションでfps制限も解除)。それに酷い画質になるわけでもないので、敵が見えにくくなるなんてこともありませんでした。

しかしそれぞれのグラフィックボードでベンチマークしてみたところ、どのグラフィックボードでも144fpsを下回るシーンがありました。そして平均fpsは「どこに長時間いたか」で大きく変わってくるため算出しても意味がありませんでした。

とはいえRTX2070であればほぼ144fps以上を維持できます。RTX2080なら平均200fpsくらい出せます。日本の人気プロゲーミングチームのDetonatorはRTX2080搭載ゲーミングPCでApex Legendsをプレイしています。

Apex LegendsにおすすめのゲーミングPC

以上のベンチマークからApex LegendsにおすすめのゲーミングPCを選んでみます。

ドスパラ 「ガレリア ZZ」

  • OS:Windows10 Home 64bit
  • CPU:Core i9-9900KF
  • メモリ:16GB
  • グラボ:GeForce RTX2080Ti 11GB
  • 容量:512GB NVMe M.2 SSD + 3TB HDD

高画質でヌルヌル動かしたいならRTX2080Tiがおすすめです。fps上限を解除すれば144fps以上出すことも可能です。このゲーミングPCならCPUもメモリも余裕があり、Apex Legends以外のゲームにも向いています。


ドスパラ 「ガレリア XF」

  • OS:Windows 10 Home 64bit
  • CPU:Core i7-8700
  • メモリ:8GB
  • グラボ:GeForce RTX2070 8GB
  • 容量:500GB SSD + 2TB HDD

RTX2080Ti搭載ゲーミングPCはまだまだ高額なので、20万円くらいの予算で買うならRTX2070がおすすめです。多少画質を下げればほとんどの場所で144fps近い数値を出せます。

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce RTX2070(8GB)

  • 2 im610SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア ZG

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    長年使えるもの嬉しい!

    グラボ:GeForce RTX2080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ