ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > いきなり人気上位!ドスパラ ガレリア XA7C-G60S 性能レビュー

いきなり人気上位!ドスパラ ガレリア XA7C-G60S 性能レビュー

Core i7-10700F + GTX1660 SUPER搭載の2021年モデル!

ドスパラの大人気ゲーミングPCがリニューアルされました。過去にはGTX960搭載で、次にGTX1060搭載になりました。そして2021年現在の最新版はGTX1660 SUPERが採用されています。

Core i7-10700F + GTX1660 SUPERになっても相変わらず大人気で、発売当初は売れ筋ランキング1位に輝いていました。安くゲーミングPCを買いたい人が選んでいる印象です。

ガレリア XA7C-G60Sはこんな方におすすめ!

人気上位のデスクトップゲーミングPCが欲しい!
15万円以下の予算でゲーミングPCを買いたい!
ゲーム推奨PCのド定番を選びたい!

ガレリア XA7C-G60Sのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 64bit Core i7-10700F
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1660 SUPER 6GB GDDR6 16GB PC4-21300
ストレージ チップセット
500GB SSD + 1TB HDD インテル H470 チップセット
光学ドライブ 電源
なし 650W 静音電源 (80PLUS BRONZE)

ガレリア XA7C-G60Sの価格と詳細はこちら

「Theミドルスペック」と呼びたくなるようなパーツ構成です。まだしばらくはこのパーツ構成がゲーミングPCの基準になることでしょう。ガレリア XA7C-G60Sは今後、数多くのゲーム推奨PCに選ばれると予想しています。ずっと大人気だったガレリア XTの後継機ですからね。

以前のモデルではSSDの容量は250GBがスタンダードでした。それが512GBになりました。ドスパラはほとんどのゲーミングPCに512GB SSDを採用していますね。SSDの容量は多いに越したことはないので、以前よりもお得感が増しています。

実際どのゲームをやるにしてもSSDは重要です。SSDはパソコン全体の快適さが急激に向上しますし、ゲームのローディング時間も桁違いに短縮されます。

ただし512GBだけでは容量不足になってしまう懸念があります。だから2TB HDDの追加をおすすめします。SSDの速度を重視したいなら512GB NVMe SSD + 1TB SSDなんて組み合わせもおすすめです。

ストレージの速度

ガレリア XA7C-G60SのストレージはSSDだけです。どれくらい速度が出るのかCrystalDiskMarkで計測してみました。

SSDは「PHISON PS5012-E12S-512G」で、シーケンシャルリードが3401MB/s、シーケンシャルライトが2278MB/sです。ゲーミングPCは高速なNVMe SSD標準搭載がスタンダードになってきました。

ガレリア XA7C-G60Sの外観

次にガレリア XA7C-G60Sの外観や接続端子のレビューをしていきます。

サイズは220(幅)×440(奥行き)×480(高さ) mmです。デスクトップゲーミングPCの中では普通の大きさです。

正面には電源ボタン、リセットボタン、USB3.2が4つ、スピーカー出力、マイク入力があります。

ちなみに私なら正面のUSB端子は使わずに空けておきます。USBメモリ用にするのです。マウスとキーボードは背面に接続します。そのほうがケーブルも邪魔になりにくいと思います。

光学ドライブは非搭載です。オプションでDVDドライブやブルーレイドライブを追加できます。

上部は排気口ですが、物を置ける構造です。

左側の透明なアクリルパネルからはCPUクーラーやグラフィックボードが見えます。

ケースを開けてみると内部はこんな感じでした。

CPUファンはサイドフロー、メモリスロットは2つ空いています。昔はトップフローでしたから、CPUクーラーの冷却性能も向上しています。なんだかどんどん素晴らしいゲーミングPCに成長していますね。

グラフィックボードは「PALIT GeForce GTX 1660 SUPER StormX」です。ショート基盤のコンパクトタイプです。

グラボの下にはCI Express x4、PCI Express x1が3つ空いています。あとM.2 SSDがここに設置されています。マザーボードは「ASUS PRIME H470-PLUS」です。CPUクーラーとグラボの間にはPCIとM.2スロットがあります。

右側です。

背面に見えるメッシュはすべて排気口です。内部の熱を吐き出します。右上に排気のリアファンがあります。

マザーボードの接続端子はPS2、USB2.0が2つ、USB3.2 Gen1が2つ、USB3.2 Gen2、USB3.2 Gen2 Type-C、LANポート、マイク入力、ライン入力、ライン出力です。高速なUSB3.2端子が充実しています。

GeForce GTX1660 SUPERの接続端子はDVI、HDMI、DisplayPortです。

ガレリア XA7C-G60Sの温度

3DMARK FireStrikeを動作させながらパーツの温度を計測しました。Core i7-10700Fは平均43.9℃、最大67℃でした。70℃以下に収まっているのは非常に優秀です。冷却に関する追加カスタマイズをする必要はなさそうです。

GeForce GTX1660 SUPERは平均56.5℃、最大66℃でした。CPUに比べると温度はやや高くなりましたが、まったく問題ありません。

ガレリア XA7C-G60Sのベンチマークスコア

ガレリア XA7C-G60Sの性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

CINEBENCH R15 / R20

CINEBENCH R15 CINEBENCH R20
マルチスレッド 1545 cb 3651 cb
シングルコア 202 cb 489 cb

Core i7-10700Fの性能です。Core i7-9700に比べるとマルチスレッドのベンチマークスコアが10%くらい向上しています。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 軽量品質
6508 8783 11498

FF15ベンチマークは最低画質にしても上から3番目の評価です。さすがにGTX1660 SUPERで激重なゲームは厳しいようです。解像度を下げればなんとかなりますが、快適にプレイしたいなら「ガレリア XA7C-R37」のようなハイスペックゲーミングPCを使ったほうがいいです。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
15639 16988 20906
平均106fps 平均118fps 平均170fps

FF14ベンチマークは最高画質でもサクサク動く結果になりました。15000を越えたのはCore i7-10700Fのおかげでもあります。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
78378 134225 181698

PSO2ベンチマークも想像以上にスコアが伸びました。GTX1060だと設定6で50000くらいです。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは37707です。GTX1660より8.3%高いスコアが出ました。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
6291 5969 9066
製品名 グラボ ベンチマーク(総合スコア)
ガレリア ZA9C-R39 RTX3090
17590
ガレリア UA9C-R38 RTX3080
16147
ガレリア ZA9C-R80T RTX2080Ti
13036
ガレリア ZG RTX2080 SUPER
11460
ガレリア XA7C-R70S RTX2070 SUPER
9790
ガレリア XV RTX2060 SUPER
8075
ガレリア XT GTX1660 SUPER
6208
ガレリア DH GTX1650
3613

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyでは「上位48%」の評価でした。比較的新しいゲーミングPCのなかでは真ん中くらいの性能です。少なくとも現時点ではほとんどのゲームを遊べます。将来を考えるならRTX3070搭載の「ガレリア XA7C-R37」やRTX3080搭載の「ガレリア UA9C-R38」をおすすめします。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
14552 15882 20908
製品名 グラボ ベンチマーク(総合スコア)
ガレリア ZA9C-R39 RTX3090
31852
ガレリア UA9C-R38 RTX3080
29228
ガレリア ZA9C-R80T RTX2080Ti
25603
ガレリア ZG RTX2080 SUPER
24121
ガレリア XA7C-R70S RTX2070 SUPER
21114
ガレリア XV RTX2060 SUPER
18804
ガレリア XT GTX1660 SUPER
14380
ガレリア DH GTX1650
8015

3DMARK FireStrikeの評価では「上位33%のパソコン」です。驚くべきことにGTX1660Ti + Core i7-10700のベンチマークスコアとほとんど変わりません。GTX1660 SUPERのコスパが異常に良いと判明しました。

それに以前よりも価格は下がっているため、お買い得感が増しています。売れ筋ランキング上位の人気は伊達ではありませんね。

ガレリア XA7C-G60Sの価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

ページの先頭へ

ページの先頭へ