ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ベンチマークスコア比較 > CPUのベンチマークスコア・性能比較 > Core i7-9700 ベンチマーク!Core i7-8700や9700Kとの比較も

Core i7-9700 ベンチマーク!Core i7-8700や9700Kとの比較も

Core i7-8700の後継CPUであるCore i7-9700が浸透するのに随分と時間がかかりました。特にBTOパソコンのおいてはずっとCore i7-8700搭載モデルが主流で、なかなかCore i7-9700に移行しませんでした。

しかし2020年になってやっとCore i7-9700搭載デスクトップが増えてきました。Core i7-9700を搭載したゲーミングPCをレビューする機会があったので、ベンチマークスコアを計測してみました。

Core i7-9700のスペック

まずはCore i7-9700の基本スペックを確認しましょう。

コア数 8
スレッド数 8
定格動作周波数 3.00 GHz
最大動作周波数 4.70 GHz
L3キャッシュ 12 MB
TDP 65 W

Core i7-8700は6コア・12スレッド、最大動作周波数4.6GHzなので、スレッド数は減って最大動作周波数は向上しています。またコア数も増えているためシンプルな性能は上がっているのですが、エンコードのようなスレッドをフル活用するような用途だとCore i7-9700が負けてしまう可能性があります。

ちなみにCore i7-9700Kは8コア・8スレッド、定格3.6GHz、最大4.9GHzです。TDPは95Wに上がってしまうものの、重いゲームならCore i7-9700KやCore i7-9700KFのほうが向いています。

Core i7-9700のベンチマークスコア

次に各種CPU用ベンチマークソフトで計測したスコアをご紹介します。ベンチマーク環境は以下のとおりです。

OS CPU
Windows 10 Home 64bit Core i7-9700
メモリ グラフィックボード
16GB PC4-21300 GeForce GTX1660 SUPER 6GB
ストレージ チップセット
512 NVMe SSD + 1TB HDD B365

ドスパラのGTX1660 SUPER搭載ゲーミングPC「ガレリア XT」を使用しました。比較対象のCore i7-8700やCore i7-9700Kもドスパラ製ゲーミングPCです。

CINEBENCH R15

シングルコア マルチスレッド
Core i7-9700 201 cb 1362 cb
Core i7-8700 198 cb 1367 cb
Core i7-9700K 209 cb 1399 cb

やはりシングルコアは動作周波数が高い分だけCore i7-9700のほうがCore i7-8700より高いベンチマークスコアが出ました。ただ面白いことにマルチスレッドはCore i7-9700とCore i7-8700がほぼ同等です。スレッド数の差を動作周波数とアーキテクチャの進化で埋めたと考えられます。

CINEBENCH R20

シングルコア マルチスレッド
Core i7-9700 478 cb 3029 cb
Core i7-8700 473 cb 2933 cb
Core i7-9700K 490 cb 3333 cb

CINEBENCH R20はシングルコアもマルチスレッドもCore i7-9700が上回りました。これならもうCore i7-8700を選ぶ意味はなさそうです。もちろん価格が安い場合はCore i7-8700でいいでしょう。そしてCore i7-9700Kはシンプルに高性能ですね。

7-Zip

CPU使用率 評価 / 使用率 評価
765 % 5099 MIPS 38859 MIPS

総合評価はCore i7-8700より27.9%高く、Core i7-9700Kより0.7%高くなりました。Core i7-9700とCore i7-9700Kの差が思ったよりもありません。

CPU-Z

Single Thread Multi Thread
Core i7-9700 545.0 3740.2
Core i7-8700 512.1 3740.8

CPU-ZはCINENBENCH R15と似たようなベンチマークスコアになりました。シングルスレッドのスコアはCore i7-9700のほうが6.4%高いです。

CrystalMark 2004R7

ALU FPU
189204 116994

8コア・16スレッドのRyzen 5 3600は209368 / 129780だったので、コスパではCore i7-9700が負けています。今後の展開次第も気になりますが現段階ではRyzen優勢です。

x264 FHD Benchmark

fps エンコード時間
46.38 54秒

H.264のエンコード性能を計測しました。エンコードを高速にしたり、ゲーム配信を快適にしたいならもっと高性能なCPUを検討したいです。例えばハイエンドなCore i9-9900KSは62.88 fps、40秒でした。

3DMARK FireStrike

Physics Score 18192

総合的に比較するとCore i7-9700はCore i7-8700から順当に進化したように感じます。デスクトップゲーミングPCにおける2020年の定番CPUとしてしばらく君臨することでしょう。もちろんもっと高性能なCore i7-9700Kやコスパの良いRyzen 5やRyzen 7も候補に入ってくるので選ぶのがなかなか難しい時期だとも思います。

Core i7-9700S搭載BTOパソコンの価格比較

関連記事

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XA7C-R70S

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:RTX2070 SUPER(8GB)

  • 2 G-Tune PM-B-AF

    GTX1660搭載なのに約13万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GTX1660(6GB)

  • 3 ガレリア ZA9C-R80S

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    長年使えるもの嬉しい!

    グラボ:RTX2080 SUPER(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ