ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > 240Hz液晶!ドスパラ GALLERIA UL7C-R36 性能レビュー

240Hz液晶!ドスパラ GALLERIA UL7C-R36 性能レビュー

240Hz液晶だから超ヌルヌル!

ガレリアのゲーミングノートPCに新しくUシリーズが登場しました。「最高のゲーム体験を味わえる性能」と書いてあることからわかるように、全体からすると上位モデルになります。

確かに240Hz液晶、薄型、長時間駆動のバッテリーなど素晴らしいスペックです。今回はUシリーズからRTX3060を搭載した「GALLERIA UL7C-R36」をレビューします。

GALLERIA UL7C-R36はこんな方におすすめ!

軽量なゲーミングノートPCが欲しい!
デスクトップに負けないゲーム体験をしたい!
240Hz液晶でゲームをヌルヌルにしたい!

GALLERIA UL7C-R36のスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Core i7-11800H
グラフィックボード メモリ
GeForce RTX3060 6GB 16GB(PC4-25600)
ストレージ チップセット
500GB NVMe SSD モバイル インテル HM570 チップセット
光学ドライブ 液晶
なし 15.6インチ 1920×1080 240Hz液晶

GALLERIA UL7C-R36の価格と詳細はこちら

Core i7-11800H + RTX3060といえば数ヶ月前にレビューした「GALLERIA XL7C-R36 11800H搭載」を思い出します。実際基本スペックはとても似ていて、CPUとグラフィックボードが同じだけでなくメモリ容量も一緒で、ストレージもほとんど同じです。

大きな違いは筐体と液晶です。デザインが違うことに加えて、GALLERIA UL7C-R36のほうがさらに薄型になっていて、軽量化も実現しています。さらに液晶のリフレッシュレートは240Hzに大幅アップグレードされています。

だからGALLERIA UL7C-R36はGALLERIA XL7C-R36 11800H搭載の上位版と考えていいでしょう。記事執筆現在、価格差はわずか1万円です。私なら持ち運びやすさを重視したいので、今回レビューしているGALLERIA UL7C-R36を選びます。

ストレージの速度

GALLERIA UL7C-R36のストレージは500GB NVMe SSDです。どれくらいの速度が出るのかCrystalDiskMarkで計測してみました。

SSDの速度

SSDは「Babrent Rocket 4.0 500GB」で、シーケンシャルリードが4881MB/s、シーケンシャルライトが2529MB/sです。シーケンシャルリードがとてつもなく高速です。NVMe PCIe 4.0対応SSDを採用しているゲーミングノートPCは初めて触りました。

GALLERIA UL7C-R36の外観

次にGALLERIA UL7C-R36の外観や接続端子のレビューをしていきます。

Xシリーズはグレーでしたが、Uシリーズはブラックです。

全体の寸法は356(幅)× 234(奥行き)× 21.6(高さ 最薄部) mmです。薄型のおかげで持ち運びやすいです。

テンキーなしの日本語配列88キーボードです。

パチパチと軽快な打鍵感だったのでメカニカル式かと思いましたが、どうやら光学式センサーのようです。

デフォルトだとじんわりと白っぽく光っていました。光る色は変更可能です。

左側が駆動モード切り替えボタン、右側が電源ボタンです。駆動モードは3種類用意されています。

反射の少ないノングレア液晶です。解像度は一番ちょうどいい1920×1080です。

リフレッシュレートはデフォルトで240Hzです。60Hzにも変更可能ですが、240Hzのままでいいでしょう。240Hzだと本当にヌルヌルで、動きの速いゲームをプレイすると感動を覚えるレベルです。144Hzが主流ですから、他のプレイヤーより有利な環境で戦えます。

左側にはケンジントンロック、USB3.2 Gen2、音声端子があります。

右側にはSDカードリーダー、USB3.2 Gen1、USB3.2 Gen2があります。

後ろ側にはThunderbolt 4、HDMI2.0b出力、LANポート、電源端子があります。

GALLERIA UL7C-R36の重さ

ノートPC本体のみの重さは1.933kgです。ガレリアのゲーミングノートPCはどれも軽量で本当にありがたいです。重いノートPCを持ち運ぶのってストレスでしかないので、絶対に軽量モデルを選ぶべきです。

ACアダプターとケーブルを含めると2.582kgです。

GALLERIA UL7C-R36の温度

3DMARK FireStrikeを動作させたところ、CPU(Core i7-11800H)の温度は平均69.3℃、最大81℃でした。90℃を越えるゲーミングノートPCが多い中、70~80℃程度で収まっているのは高評価です。

GeForce RTX3060の温度は平均71.9℃、最大77.3℃でした。グラボの温度も安定しています。

GALLERIA UL7C-R36のベンチマークスコア

GALLERIA UL7C-R36の性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

CINEBENCH R15 / R20

CINEBENCH R15 CINEBENCH R20
マルチスレッド 2053 cb 4922 cb
シングルコア 229 cb 579 cb

Core i7-11800Hの性能です。シングルコアの性能が高くていいですね。ゲームに向いています。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 軽量品質
8302 11068 13597

FF15は高品質だと「快適」、標準品質だと「とても快適」、軽量品質だと「非常に快適」の評価でした。RTX2060搭載ゲーミングノートPCより30%もスコアアップしました。最新パーツを使う重要性がよくわかります。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
17560 18402 22801
平均126fps 平均133fps 平均169fps

FF14ベンチマークは最高画質でも「非常に快適」の評価です。MMORPGを遊ぶのにもぴったりなノートPCです。

PSO2ベンチマーク

PSO2ベンチマークはウルトラ画質で23991です。RTX3060 + Core i7-11700搭載のデスクトップゲーミングPCが17163。なぜかノートPCが勝ってしまいました・・・。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは54031です。RTX3060 + Core i7-11700搭載のデスクトップゲーミングPCと同等です。やはりノートPCなのにデスクトップに負けていません。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
7348 7154 8689

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyは上位57%の評価でした。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
16905 18974 22008

3DMARK FireStrikeの評価では「上位24%のパソコン」です。これだけハイスペックなのに20万円以下で買えるゲーミングノートPCです。性能だけでなく使い勝手や持ち運びやすさも優れていますから、とてもおすすめですよ。

GALLERIA UL7C-R36の価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

ページの先頭へ

ページの先頭へ