ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > ドスパラ GALLERIA XL7R-R36 4800H搭載 性能レビュー!Ryzen 7 4800H + RTX3060

ドスパラ GALLERIA XL7R-R36 4800H搭載 性能レビュー!Ryzen 7 4800H + RTX3060

15万円以下でゲーミングノートPCを買おうと思うと、選択肢は意外と限られています。特に高性能なグラフィックボードを搭載したゲーミングノートPCはほとんど選べません。

しかしドスパラでは人気のRTX3060を搭載したゲーミングノートPCが13万円台で販売されています。そんなコスパ抜群のゲーミングノートPCを実際に使ってみたのでレビューしていきます。

GALLERIA XL7R-R36 4800H搭載はこんな方におすすめ!

15万円以下でゲーミングノートPCを買いたい!
とにかくコスパを重視したい!
144Hz液晶でゲームをヌルヌルにしたい!

GALLERIA XL7R-R36 4800H搭載のスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Ryzen 7 4800H
グラフィックボード メモリ
GeForce RTX3060 6GB 16GB(PC4-25600)
ストレージ チップセット
512GB NVMe SSD モバイル AMD チップセット
光学ドライブ 液晶
なし 15.6インチ 1920×1080 144Hz液晶

GALLERIA XL7R-R36 4800H搭載の価格と詳細はこちら

実は少し前に似たようなパーツ構成のゲーミングノートPCをレビューしました。「GALLERIA XL7R-R36 5800H搭載」は、Ryzen 7 5800H + RTX3060が搭載されていて、今回レビューしているGALLERIA XL7R-R36 4800H搭載と比べて、CPUが強化されたモデルです。

CPUが違うだけで、グラフィックボードやメモリ、ストレージ等は同じです。そして価格は16,000円の差があります。Ryzen 7 5800HとRyzen 7 4800Hは特にシングルコアの性能が大きく違うのですが、ゲーム系ベンチマークソフトのスコアを比較してみるとほとんど変わりません。

つまり今買うならGALLERIA XL7R-R36 4800H搭載をおすすめします。性能がそんなに変わらないのであれば、16,000円安いほうを選ぶのは当然のことでしょう。

ストレージの速度

GALLERIA XL7R-R36 4800H搭載のストレージは512GB NVMe SSDです。どれくらいの速度が出るのかCrystalDiskMarkで計測してみました。

SSDの速度

SSDは「SAMSUNG MZVLQ512HBLU」で、シーケンシャルリードが3124MB/s、シーケンシャルライトが1891MB/sです。信頼性の高いSAMUSUNG製SSDが採用されています。

GALLERIA XL7R-R36 4800H搭載の外観

次にGALLERIA XL7R-R36 4800H搭載の外観や接続端子のレビューをしていきます。

GALLERIAのロゴが刻印されたシンプルな外観です。

全体の寸法は360(幅) × 244(奥行き) × 23.0(高さ) mmです。

タッチパッドは左上の部分を2回タップすることにより、ON/OFFを切り替えられます。

一般的なノートPCのキー配置です。

デフォルトで青っぽく光っていました。もちろん設定で変更可能です。

左側がモードチェンジボタン、右側が電源ボタンです。モードチェンジはOffice、Gaming、Turboのモードが用意されています。ゲームをする時はTurboモードがおすすめです。

反射が少なくていいですね。反射する液晶で長時間ゲームをすると目が疲れるので、こういう液晶を選んだほうがいいです。

液晶のリフレッシュレートは60Hzと144Hzから選べます。デフォルトは144Hzでした。

左側には盗難防止用スロット、USB2.0、マイク入力、スピーカー出力があります。

右側にはSDカードスロット、USB3.2 Gen1が2つあります。

後ろ側にはUSB3.2 Gen2 Type-C、HDMI出力、LANポート、電源端子があります。

GALLERIA XL7R-R36 4800H搭載の重さ

ノートPC本体のみの重さは2.000kgです。最近はこういう軽量ゲーミングノートPCが増えてきてありがたいです。

ACアダプターとケーブルを含めると2.788kgです。

GALLERIA XL7R-R36 4800H搭載の温度

3DMARK FireStrikeを動作させたところ、CPU(Ryzen 7 4800H)の温度は平均64.2℃、最大86.6℃でした。Ryzen 7 5800Hよりずっと低い温度です。夏のことを考えるとこちらのほうがおすすめです。

GeForce RTX3060の温度は平均62.0℃、最大78℃でした。

GALLERIA XL7R-R36 4800H搭載のベンチマークスコア

GALLERIA XL7R-R36 4800H搭載の性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

CINEBENCH R15 / R20

CINEBENCH R15 CINEBENCH R20
マルチスレッド 1884 cb 4405 cb
シングルコア 189 cb 483 cb

Ryzen 7 4800Hの性能です。Ryzen 7 5800Hに比べるとマルチスレッドは4.6~7.1%、シングルコアは9.3~21.1%低いスコアです。CPUをがっつり使う用途ならRyzen 7 5800H搭載モデルのほうがおすすめです。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 軽量品質
8203 10698 12605

FF15ベンチマークは高品質だと「快適」、標準品質だと「とても快適」、軽量品質だと「非常に快適」でした。なぜかRyzen 7 4800H搭載モデルのほうが高いスコアになりました。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
14770 15064 16453
平均108fps 平均110fps 平均122fps

FF14ベンチマークは最高画質でもヌルヌルです。

PSO2ベンチマーク

PSO2ベンチマークはウルトラ画質で14667です。10000以上なら大丈夫です。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは42821です。RTX3060 + Ryzen 7 3700X搭載デスクトップが53773だったので、ノートPCとデスクトップとでは結構な差があります。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
8467 8363 9111

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyは上位32%の評価でした。デスクトップゲーミングPCを含めて真ん中くらいの性能です。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
18813 20604 21883

3DMARK FireStrikeの評価では「上位17%のパソコン」です。これだけ高性能なゲーミングノートPCなのに15万円以下で購入できるのはかなり凄いことです。コスパ重視な人には本当におすすめです。

GALLERIA XL7R-R36 4800H搭載の価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

ページの先頭へ

ページの先頭へ