ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > ドスパラ GALLERIA XL7R-R36 5800H搭載 性能レビュー!Ryzen 7 5800H + RTX3060

ドスパラ GALLERIA XL7R-R36 5800H搭載 性能レビュー!Ryzen 7 5800H + RTX3060

ゲーミングノートPCもRyzen CPUの時代!?

Ryzen搭載ゲーミングノートPCが徐々に増えつつあります。デスクトップと同様にノートPCもRyzenは非常にコスパがよく、シェアを伸ばしていくと思われます。

そんなRyzen搭載ゲーミングノートPCの中でも、ハイスペックなのに安いのがドスパラで販売している「GALLERIA XL7R-R36」です。ベンチマークソフトで性能を検証してみたのでレビューしていきます。

GALLERIA XL7R-R36はこんな方におすすめ!

軽量なゲーミングノートPCが欲しい!
20万円以下でゲーミングノートPCを買いたい!
144Hz液晶でゲームをヌルヌルにしたい!

GALLERIA XL7R-R36のスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Ryzen 7 5800H
グラフィックボード メモリ
GeForce RTX3060 6GB 16GB(PC4-25600)
ストレージ チップセット
512GB NVMe SSD モバイル AMD チップセット
光学ドライブ 液晶
なし 15.6インチ 1920×1080 144Hz液晶

GALLERIA XL7R-R36の価格と詳細はこちら

GALLERIA XL7R-R36に搭載されているCPUはRyzen 7 5800Hです。Ryzen 7 5800Hは8コア、16スレッド、定格3.2GHz、最大4.4GHzとなかなか高性能です。

例えば「GALLERIA RL5R-G50T」のRyzen 5 4600Hは6コア、12スレッド、定格3.0GHz、最大4.0GHzですから、あらゆるスペックでRyzen 7 5800Hが上回っています。当然ゲームでの性能もRyzen 7 5800Hのほうが優秀です。

一方でINTELのCore i7-11800Hは8コア、16スレッド、最大4.6GHzです。ゲームだと動作周波数がとても重要な指標になってくるので、快適性を重視するなら「GALLERIA XL7C-R36」(Core i7-11800H + RTX3060)のほうがおすすめです。

ストレージの速度

GALLERIA XL7R-R36のストレージは512GB NVMe SSDです。どれくらいの速度が出るのかCrystalDiskMarkで計測してみました。

SSDの速度

SSDは「SAMSUNG MZVLQ512HBLU」で、シーケンシャルリードが3070MB/s、シーケンシャルライトが1861MB/sです。世界的に人気なSAMSUNG製SSDが採用されているのは嬉しいポイントです。

GALLERIA XL7R-R36の外観

次にGALLERIA XL7R-R36の外観や接続端子のレビューをしていきます。

メタリックな印象を受けるグレーカラーです。

全体の寸法は360(幅) × 244(奥行き) × 23.0(高さ) mmです。ゲーミングノートPCとしては薄型な部類です。

Core i7-11800H + RTX3060の「GALLERIA XL7C-R36」と似た筐体です。

一般的なノートPCのキー配置です。キーボードバックライトはOFFだったのですが、プリインストールソフトウェアの「Gaming Center」でONにできます。

左側がファンコントローラー、右側が電源ボタンです。ファンコントローラーはOffice、Gaming、Turboのモードが用意されています。ゲームをする時はTurboモードがおすすめです。

液晶のリフレッシュレートは144Hz固定です。

左側には盗難防止用スロット、USB3.2 Gen2、マイク入力、スピーカー出力があります。

右側にはSDカードスロット、USB3.2 Gen1が2つあります。

後ろ側にはUSB3.2 Gen2 Type-C、HDMI出力、LANポート、電源端子があります。

GALLERIA XL7R-R36の重さ

ノートPC本体のみの重さは1.990kgです。ドスパラはほとんどのゲーミングノートPCが2kg以下で、軽量モデルにとても力を入れています。ノートPCの軽さって本当に大切ですから、最近はドスパラのゲーミングノートPCを強くおすすめしています。

ACアダプターとケーブルを含めると2.776kgです。

GALLERIA XL7R-R36の温度

3DMARK FireStrikeを動作させたところ、CPU(Ryzen 7 5800H)の温度は平均77.7℃、最大95℃でした。予想よりも高い温度です。とはいえCore i7もこんなもんですけどね。

GeForce RTX3060の温度は平均69.0℃、最大86℃でした。

GALLERIA XL7R-R36のベンチマークスコア

GALLERIA XL7R-R36の性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

CINEBENCH R15 / R20

CINEBENCH R15 CINEBENCH R20
マルチスレッド 1971 cb 4718 cb
シングルコア 229 cb 528 cb

Ryzen 7 5800Hの性能です。Core i7-11800HのCINEBENCH R20ベンチマークスコアは584 cb / 4665 cbだったので、マルチスレッドの性能はRyzen 7 5800Hが勝っています。ただしシングルスレッドは負けています。動画編集のような用途ならRyzen 7 5800H、ゲームならCore i7-11800Hが向いているでしょう。

だからCore i7-11800H + RTX3060の「GALLERIA XL7C-R36」も候補に入れてみてください。144Hz液晶なのもメリットです。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 軽量品質
7872 10466 12690

FF15ベンチマークは高品質だと「快適」、標準品質だと「とても快適」、軽量品質だと「非常に快適」でした。標準品質以下なら滑らかに動作していました。

FF14ベンチマーク

最高品質 15105 平均114fps

FF14ベンチマークはRyzen 5 4600H + GTX1650Tiより1.5倍くらい高いフレームレートが出ました。高性能なゲーミングノートPCを買ったほうが、たくさんのゲームを快適に遊べます。買ってから「このゲーム遊べないじゃん!」みたいな事態は悲しいですよホント。

PSO2ベンチマーク

PSO2ベンチマークは2万を越えているので問題ありません。さすがRTX3060です。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは42753です。GTX1070Ti搭載デスクトップくらいのスコアです。そしてRTX2060搭載ノートPCより25%も高性能です。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
8341 8182 9376

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyは上位32%の評価でした。デスクトップゲーミングPCを含めて真ん中くらいの性能です。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
18848 20158 24345

3DMARK FireStrikeの評価では「上位16%のパソコン」です。GTX1060搭載ゲーミングノートPCより1.6倍も高い性能です。17万円以下なのに多くのゲームがサクサク動くゲーミングノートPCということで、とてもお買い得です。

GALLERIA XL7R-R36の価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

ページの先頭へ

ページの先頭へ