ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > 144Hz液晶で軽量!ドスパラ GALLERIA XL7C-R36 11800H搭載 性能レビュー

144Hz液晶で軽量!ドスパラ GALLERIA XL7C-R36 11800H搭載 性能レビュー

RTX3060搭載ノートなのに約2.0kg!

このレビュー記事を書いている時点で、GALLERIA XL7C-R36は2種類あります。片方はCore i7-10875H搭載の旧モデル、もう片方は今回レビューするCore i7-11800H搭載の新モデルです。

CPU以外のもメモリの速度が違ったりと、やはり最新モデルのほうがハイスペックです。性能を検証してみたので詳しくご紹介します。

GALLERIA XL7C-R36 11800H搭載はこんな方におすすめ!

軽量なゲーミングノートPCが欲しい!
でも性能は犠牲にしたくない!
144Hz液晶でゲームをヌルヌルにしたい!

GALLERIA XL7C-R36 11800H搭載のスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Core i7-11800H
グラフィックボード メモリ
GeForce RTX3060 6GB 16GB(PC4-25600)
ストレージ チップセット
512GB NVMe SSD モバイル インテル HM570 チップセット
光学ドライブ 液晶
なし 15.6インチ 1920×1080 144Hz液晶

GALLERIA XL7C-R36の価格と詳細はこちら

RTX3060 + Core i7-11800Hは最新パーツの組み合わせです。メモリは定番の16GBであり、基本をしっかり抑えたハイスペックゲーミングノートPCですね。

ストレージは512GB NVMe SSDしか選べません。少なくとも購入時に容量を増やすことはできないわけです。つまり容量を増やしたいなら別途外付けSSDを買うなどするしかありません。

液晶は解像度1920×1080、リフレッシュレート144Hzと理想的な仕様です。FPSのような動きの素早いゲームでもヌルヌル描画されるため、60Hz液晶とはゲーム体験がまったく変わってきます。

ストレージの速度

GALLERIA XL7C-R36 11800H搭載のストレージは512GB NVMe SSDです。どれくらいの速度が出るのかCrystalDiskMarkで計測してみました。

SSDの速度

SSDは「ADATA IM2P33F8-512GD」で、シーケンシャルリードが2473MB/s、シーケンシャルライトが1707MB/sです。以前はPHISON製が多かった印象ですが、最近はADATA製になっているようです。

GALLERIA XL7C-R36 11800H搭載の外観

次にGALLERIA XL7C-R36 11800H搭載の外観や接続端子のレビューをしていきます。

グレーカラーを採用することよりメタリック感が生まれています。個人的にはかなり好きなデザインです。

全体の寸法は360(幅) × 244(奥行き) × 23.0(高さ) mmです。厚さが2.5cm未満なのはゲーミングノートPCではかなり薄型の部類です。

各キー同士の隙間が見えることからわかるように、キーは結構小さめです。

WASD周辺のキー配置は一般的です。SHIFTキーやスペースキーの大きさもちょうどいいですね。

Gaming Centerという最初から入っているソフトウェアでキーボードバックライト等を制御できます。

左側がファンコントローラー、右側が電源ボタンです。ファンコントローラーは3タイプを切り替えられます。普段はOfficeモードにしておいて、ゲームをするときはTurboモードにしましょう。

144Hz固定です。マウスカーソルがヌルヌル動くのですぐにわかります。

左側にはケンジントンロック、USB2.0、マイク入力、スピーカー出力があります。それにしてもゲーミングノートPCとは思えない薄さですね・・・。

右側にはSDカードスロット、USB3.2 Gen1が2つあります。

後ろ側にはUSB Type-C(Thunderbolt4/DP1.4対応)、HDMI、LANポート、電源端子があります。

GALLERIA XL7C-R36 11800H搭載の重さ

ノートPC本体のみの重さは1.999kgです。現在販売されているRTX3060搭載ゲーミングノートPCでGALLERIA XL7C-R36より軽いのなんてあるんですかね。持ち運びやすさを考えたらめちゃくちゃおすすめですよコレ。

ACアダプターとケーブルを含めると2.583kgです。合計3kgを越える製品も珍しくありません。500mlペットボトル1本分も軽いと考えると、どちらを選ぶべきかは明白です。

GALLERIA XL7C-R36 11800H搭載の温度

3DMARK FireStrikeを動作させたところ、CPU(Core i7-11800H)の温度は平均75.6℃、最大95℃でした。Core i7搭載のゲーミングノートPCとしては普通の温度です。

GeForce RTX3060の温度は平均73.8℃、最大82.5℃でした。CPUに比べるととても安定しています。

GALLERIA XL7C-R36 11800H搭載のベンチマークスコア

GALLERIA XL7C-R36 11800H搭載の性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

CINEBENCH R15 / R20

CINEBENCH R15 CINEBENCH R20
マルチスレッド 1769 cb 4665 cb
シングルコア 230 cb 584 cb

Core i7-11800Hの性能です。Core i7-10875Hと比較すると、シングルコアは11.7~17.5%、マルチスレッドは13.3~32.9%も高性能です。想像以上に大きな差です。当然Core i7-11800Hのほうがおすすめです。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 軽量品質
8342 10907 13395

FF15は高品質だと「快適」、標準品質だと「とても快適」、軽量品質だと「非常に快適」の評価でした。RTX2060搭載ゲーミングノートPCより30%もスコアアップしました。最新パーツを使う重要性がよくわかります。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
15834 16936 21143
平均118fps 平均129fps 平均185fps

FF14ベンチマークは最高画質でも「非常に快適」の評価です。MMORPGを遊ぶのにもぴったりなノートPCです。

PSO2ベンチマーク

PSO2ベンチマークはウルトラ画質設定でも、快適に遊べる基準値の2.5倍もの高スコアです。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは53559です。GTX1080搭載デスクトップを大幅に越えるノートPCって凄くないですか!?

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
8323 8165 9354

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyは上位32%の評価でした。ゲームの画質を多少下げればすべてのゲームをプレイ可能です。20万円以下でこんな高性能なゲーミングノートPCを買えるなんてありがたいです。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
18984 21418 22113

3DMARK FireStrikeの評価では「上位16%のパソコン」です。なんとRTX3060 + Ryzen7搭載デスクトップと3%しか差がありません。ノートPCなのに高性能デスクトップと同じようにあらゆるゲーム・用途に活用できます。

そして軽量・薄型のゲーミングノートPCというのが素晴らしいです。頻繁に持ち運ぶ予定があって、しっかりした性能が欲しいならこのGALLERIA XL7C-R36 11800H搭載はとてもおすすめです。

GALLERIA XL7C-R36の価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

ページの先頭へ

ページの先頭へ