ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > ドスパラ GALLERIA RL5C-R35T 性能レビュー!RTX3050Ti + Core i5-11400H

ドスパラ GALLERIA RL5C-R35T 性能レビュー!RTX3050Ti + Core i5-11400H

RTX3050Ti搭載ゲーミングPCが15万円以下で買える!

INTEL Core 11世代が発売されたことにより、続々とゲーミングノートPCのラインナップが新しくなっています。嬉しいことにCore i7だけでなくCore i5の選択肢があり、安いゲーミングノートPCを買いやすくなりました。

特にドスパラの新モデルがおすすめで、なんとRTX3050Tiを搭載しているのに15万円以下で購入できます。そんなGALLERIA RL5C-R35Tを入手してベンチマークスコアを計測したのでレビューしていきます。

GALLERIA RL5C-R35Tはこんな方におすすめ!

15万円以下でゲーミングノートPCを買いたい!
軽量なゲーミングノートPCが欲しい!
液晶のリフレッシュレートは144Hzがいい!

GALLERIA RL5C-R35Tのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Core i5-11400H
グラフィックボード メモリ
GeForce RTX3050Ti 4GB 16GB(PC4-25600)
ストレージ チップセット
512GB NVMe SSD モバイル インテル HM570 チップセット
光学ドライブ 液晶
なし 15.6インチ 1920×1080 144Hz

GALLERIA RL5C-R35Tの価格と詳細はこちら

CPUをCore i5-11400Hにすることにより激安を実現できています。これがCore i7-11800Hになると17万円くらいになるので2万円はお得な計算です。この価格帯でメモリ16GBなのも嬉しいです。

もちろん重いゲームをするならCore i7-11800Hのほうが有利ですけど、Core i5-11400Hも十分高性能ですし比較的温度が低いのでメリット盛り沢山です。

一つ注意が必要な点があり、それは購入前のカスタマイズが全然できないことです。メモリもストレージも増やせません。購入後に自分で増設するか、外付けストレージで上手くやりくりするしかありません。

ストレージの速度

GALLERIA RL5C-R35Tのストレージは512GB NVMe M.2 SSDです。どれくらいの速度が出るのかCrystalDiskMarkで計測してみました。

SSDの速度

SSDは「ADATA IM2P33F8-512GD」で、シーケンシャルリードが2463MB/s、シーケンシャルライトが1701MB/sです。初めて見るSSDです。

GALLERIA RL5C-R35Tの外観

次にGALLERIA RL5C-R35Tの外観や接続端子のレビューをしていきます。

全体の寸法は360(幅) × 244(奥行き) × 20.0(高さ) mmです。15.6インチのゲーミングノートPCとしてはコンパクトです。

ナローベゼルのおかげかすっきりした印象です。

タッチパッドは左上を2回タップすると、ON/OFFを切り替えられます。

スタンダードなキー配置です。左側にWindowsキーがあるのもいいですね。

プリインストールされているGaming Centerというソフトウェアで、キーボードバックライトの設定を変更できます。

左側がファンコントローラー、右側が電源ボタンです。

ファンコントローラーは「Officeモード」「Gamingモード」に切り替えられます。冷却能力はそのまま性能に直結するため、ゲームをする時はGamingモードにしましょう。

後述のベンチマークスコアを計測した際にはGamingモードにしました。

液晶は1920×1080の144Hzです。144Hz液晶を備えたモデルが増えてきたおかげで、ゲーミングノートPCでもFPSをプレイしやすくなりました。

リフレッシュレートは144Hzと60Hzに切り替えられます。

左側には盗難防止用スロット、USB2.0、マイク入力、スピーカー出力があります。

右側にはSDカードリーダー、USB3.1 Gen1が2つあります。

後ろ側にはUSB3.2 Type-C、HDMI出力、LANポート、電源端子があります。

GALLERIA RL5C-R35Tの重さ

ノートPC本体のみの重さは1.872kgです。15.6インチのゲーミングノートPCとしてはトップクラスに軽量です。

ACアダプターとケーブルを含めると2.436kgです。高性能なだけでなく軽量さまで兼ね備えていて素晴らしいです。

GALLERIA RL5C-R35Tの温度

3DMARK FireStrikeを動作させたところ、CPU(Core i5-11400H)コアの温度は平均61.9℃、最大77℃でした。Core i7だと最大98℃に達することも珍しくないため、Core i5の優秀さがわかります。

GeForce RTX3050Tiの温度は平均62.6℃、最大67.6℃でした。驚くほど安定しています。

GALLERIA RL5C-R35Tのベンチマークスコア

GALLERIA RL5C-R35Tの性能をベンチマークソフトで評価しました。

CINEBENCH R15 / R20

CINEBENCH R15 CINEBENCH R20
マルチスレッド 1165 cb 2923 cb
シングルコア 219 cb 542 cb

Core i5-11400Hの性能です。Core i5-10300Hよりもマルチスレッドは28.5~29.8%、シングルコアは14~15.8%伸びています。前世代から素晴らしい進化を遂げました。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 軽量品質
5387 7585 9783

FF15ベンチマークは高品質なら「やや快適」、軽量品質なら「快適」、軽量品質なら「とても快適」の評価でした。FF15くらい重いゲームをプレイするなら画質か解像度を落としたほうが良さそうです。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
13144 13998 16254
平均90fps 平均98fps 平均123fps

FF14ベンチマークは余裕で平均60fps以上です。100fpsくらい出ていれば十分ヌルヌルなので誤操作が少なくなりますよ。

PSO2ベンチマーク

PSO2ベンチマークはウルトラ画質で13231でした。ただ、自動設定でひとつ下の画質になっていたので、ウルトラ画質でプレイするにはギリギリなのでしょう。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは31116です。Core i5 + RTX2060搭載ゲーミングノートPCより少し下のスコアです。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
5308 5121 6695

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyは上位66%の評価でした。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
12012 13475 18368

3DMARK FireStrikeの評価では「上位42%のパソコン」です。15万円以下で買えるゲーミングノートPCなのに、デスクトップを含めて平均以上の性能だと証明されました。コスパの良さが半端ないです。

GTX1060よりも大幅に高性能で、RTX2060に迫る勢いですからミドルスペックゲーミングノートPCが欲しい人にぴったりなモデルです。

GALLERIA RL5C-R35Tの価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

ページの先頭へ

ページの先頭へ