ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > ドスパラ GALLERIA RM5C-R36T 性能レビュー!Core i5 + RTX3060Ti

ドスパラ GALLERIA RM5C-R36T 性能レビュー!Core i5 + RTX3060Ti

やっぱりRTX3060Tiはコスパ抜群!

今ミドルスペックゲーミングPCが欲しいと思うなら、RTX3060Ti搭載デスクトップが最強におすすめです。分類的にはミドルスペックかもしれませんが、性能自体は間違いなくハイスペックに入るほどコスパが良いからです。

そんなRTX3060Ti搭載ゲーミングPCでも特に安いのが、ドスパラの「GALLERIA RM5C-R36T」です。実機で性能を検証したのでご紹介します。

GALLERIA RM5C-R36Tはこんな方におすすめ!

格安のRTX3060Ti搭載ゲーミングPCが欲しい!
20万円以下の予算で買いたい!
若干小型なミニタワーデスクトップを選びたい!

GALLERIA RM5C-R36Tのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Core i5-11400
グラフィックボード メモリ
GeForce RTX3060Ti 8GB 16GB(PC4-25600)
ストレージ チップセット
500GB NVMe SSD インテル B560 チップセット
光学ドライブ 電源ユニット
なし 650W 静音電源 (80PLUS BRONZE)

GALLERIA RM5C-R36Tの価格と詳細はこちら

ドスパラで人気のRTX3060Ti搭載ゲーミングPCといえば「GALLERIA XA7C-R36T」です。CPUはCore i7-11700で、ストレージは1TB NVMe SSDを搭載しているため、今回レビューしているGALLERIA RM5C-R36Tよりも確かに高性能です。

ただ、価格差を見るとなんと5万円もの開きがあります。もちろん最新ゲームをプレイするならCore i7を搭載しておくべきなのでしょうけど、Core i5で十分なゲームがほとんどだったりしますから、5万円も安いのはとても魅力的です。

私がGALLERIA RM5C-R36Tを買うなら、まずストレージを増やします。1TB NVMe SSD + 2TB HDDとかが定番ですね。ここまで増やしても、まだ18万円以下です。SSD + SSDというストレージ構成にするのもおすすめです。

ストレージの速度

GALLERIA RM5C-R36Tのストレージ速度をCrystalDiskMarkで計測しました。

SSDの速度

SSDは「PHISON PS5012-E12S-512G」でシーケンシャルリードが3440MB/s、シーケンシャルライトが2486MB/sです。SSDの中では高速なほうです。

GALLERIA RM5C-R36Tの外観

次にGALLERIA RM5C-R36Tの外観や接続端子のレビューをしていきます。

インテル B560 チップセット マイクロATXマザーボードを搭載しています。「マイクロ」なんて名前が付いていることからわかるように小型のマザーボードです。だからその分、ゲーミングPC本体もコンパクトになっています。

光学ドライブは非搭載です。カスタマイズでDVDドライブやブルーレイドライブを選択可能です。

上部は排気口なのですが物を置ける構造です。

左側からはCPUクーラーやグラフィックボードが見えます。

内部の様子です。

ドスパラはINTEL CPUにはサイドフローのCPUクーラーを採用する傾向が強いです。

グラフィックボードはおそらくZOTAC製です。マザーボードは「ASUS PRIME B560M-A」です。

拡張スロットは下側のPCIe 3.0 x4なら使えそうです。

右側です。

背面です。ケースファンは14cmのタイプで、12cmファンよりも静音性に優れています。

マザーボードのバックパネルにはPS2、USB2.0が4つ、USB3.2 Gen2、USB3.2 Gen2 Type-C、LANポート、マイク入力、ライン入力、ライン出力があります。

GeForce RTX3060Tiの映像出力端子はHDMI、DisplayPortが3つです。

GALLERIA RM5C-R36Tの温度

3DMARK FireStrikeを動作させながらパーツの温度を計測しました。CPU(Core i5-11400)の温度は平均47.1℃、最大64℃でした。やはりCore i5は低い温度で安定してくれます。

GeForce RTX3060Tiの温度は平均67.3℃、最大83.6℃でした。

GALLERIA RM5C-R36Tのベンチマークスコア

GALLERIA RM5C-R36Tの性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 軽量品質
10155 13659 16267

FF15ベンチマークは高品質だと「とても快適」、標準品質以下だと「非常に快適」の評価でした。RTX3060TiならCore i5でもここまで高いスコアを出せます。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
18522 19091 22566
平均146fps 平均155fps 平均196fps

FF14ベンチマークはすべての設定で「非常に快適」の評価です。RTX3060 + Ryzen5より18%も高いスコアです。

PSO2ベンチマーク

最高設定のウルトラ画質で19710でした。快適な基準スコアより2倍くらい高いです。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは65811でした。なんとGTX1080Ti + Core i7-8700K搭載ゲーミングPCのスコアを越えました・・・。(3年前に35~40万円くらいで販売されていたことを考えると、異常なほどコスパが良くなってきてますね。)

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
10360 11042 7677

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyでは「上位11%」の評価でした。価格はミドルスペック級なのに、性能は明らかにハイスペック級です。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
22509 27821 20764

3DMARK FireStrikeの評価では「上位8%のパソコン」です。17万円で購入できるゲーミングPCとは思えないほど高性能です。20万円以下の予算でゲーミングPCを探しているならRTX3060Ti搭載モデルを一番におすすめします。

GALLERIA RM5C-R36Tの価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

ページの先頭へ

ページの先頭へ