ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > Ryzen5 + GTX1660Ti!ドスパラ ガレリア RT5 性能レビュー

Ryzen5 + GTX1660Ti!ドスパラ ガレリア RT5 性能レビュー

Ryzen 5 3600搭載のミニタワーゲーミングPC

Ryzen3000シリーズが登場し、ドスパラから早速Ryzen 5 3600搭載ゲーミングPCが販売されています。Core i7-8700搭載モデルに比べると2万円前後安くなっているため、格安ゲーミングPCが欲しい方にはおすすめです。

今回はRyzen 5 3600とGTX1660Ti 6GBを搭載した「ガレリア RT5」をレビューしていきます。最近はRyzen搭載ゲーミングPCの人気が急上昇しているので気になる方は最後までご覧ください。

ガレリア RT5はこんな方におすすめ!

15万円以下のゲーミングPCが欲しい!
格安でもCPUのスレッド数を重視したい!
人気のGTX1660Tiを選びたい!

ガレリア RT5のスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Ryzen 5 3600
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1660Ti 6GB 8GB PC4-21300
ストレージ チップセット
240GB SSD + 1TB HDD AMD B350 チップセット
光学ドライブ 電源ユニット
DVDスーパーマルチドライブ 500W 静音電源 (80PLUS BRONZE)

ガレリア RT5の価格と詳細はこちら

GTX1660Ti 6GB搭載デスクトップのなかでも非常に安いです。例えばCore i7-8700搭載の「ガレリア XT」より2万円くらい安くなっていますし、Core i5-8500搭載の「ガレリア DT」と同じ価格です。

ガレリア RT5に搭載されているRyzen 5 3600のスペックは、6コア・12スレッド、定格クロック3.6GHz、最大クロック4.2GHzです。Core i7-8700はコア数とスレッド数は同じですが、最大クロックは4.6GHzです。Core i5-8500は6コア・6スレッド、定格3.0GHz、最大4.1GHzです。

動作周波数はCore i7-8700に負けているものの、Core i5-8500のスペックは圧倒しています。Ryzen 5 3600は特にマルチスレッドをがっつり使う用途に向いています。ただ、重いゲームをプレイしたいならINTEL Core i7シリーズをおすすめします。

ストレージの速度

SSDは「Crucial BX500 CT240BX500SSD1」でシーケンシャルリードは546MB/s、シーケンシャルライトは491MB/sです。

HDDは「TOSHIBA DT01ACA100」で、シーケンシャルリードは198MB/s、シーケンシャルライトは197MB/sです。東芝製のHDDは速度が安定していると感じます。

ガレリア RT5の外観

次にガレリア RT5の外観や接続端子のレビューをしていきます。

ガレリア RT5はミニタワーケースです。「ガレリア DT」と一緒ですね。「ガレリア AT」のようなミドルタワーケースに比べると高さが8cm低いです。

正面にはUSB3.0が2つ、SDカードリーダー、マイク入力、スピーカー出力、リセットボタン、電源ボタンがあります。DVDドライブやBDドライブはオプションで追加できます。

ミドルタワーケースとは違い、上部に排気口がありません。

左側には2つの吸気口があります。

左上に電源ユニットが配置されています。

AMD純正のCPUクーラーです。メモリは4GB x 2のデュアルチャネルです。8GB x 1よりも高速です。

ストレージのシャドウベイはあと1つ空いています。

マザーボードは「ASRock AB350M-HDV R4.0」です。拡張性はほぼなく、PCIとM.2スロットが空いています。

グラフィックボードは「GeForce GTX 1660 Ti StormX」です。ミニタワーケースにぴったりなショート基盤タイプです。

右側です。

背面です。

マザーボードのバックパネルにはPS2、USB2.0が2つ、USB3.0が4つ、LANポート、マイク入力、ライン入力、ライン出力があります。USB3.1端子はありません。

GTX1660Ti 6GBの映像出力端子はDVI-D、HDMI、DisplayPortです。

ガレリア RT5の温度

3DMARK FireStrikeを動作させたところ、GTX1660Tiの温度は平均52.1℃、最大70℃でした。問題ない温度です。なおCPUの温度はなぜか計測できませんでした。

ガレリア RT5のベンチマークスコア

各種ベンチマークスコアでガレリア RT5の性能を検証しました。解像度はどれも1920×1080です。

CINEBENCH R15 / R20

CINEBENCH R15 CINEBENCH R20
マルチスレッド 1490 cb 3370 cb
シングルコア 196 cb 483 cb

Ryzen 5 3600の性能です。Core i7-8700と比較するとシングルコアはほぼ同等、マルチスレッドはRyzen 5 3600にほうが約9%高いスコアです。いやはや凄まじいコスパの良さです。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 軽量品質
6676 8826 11473

FF15ベンチマークは高品質と標準品質だと「快適」、軽量品質だと「とても快適」という評価です。画質さえ下げればFF15くらい激重なゲームもサクサク動くことがわかりました。

FF14:漆黒のヴィランズ ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
14443 14861 18558
平均102fps 平均108fps 平均158fps

FF14ベンチマークは平均100fps以上出ていました。ただ最低フレームレートはどの画質でも60fps未満です。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
60669 99852 130660

思ったよりも高いスコアが出ました。Ryzen2000シリーズだと結構低いベンチマークスコアだったのですが、Ryzen3000シリーズになって大幅に改善されたようです。

MHFベンチマーク

MHFは36582です。GTX1070 + Core i7-8700と同じくらいのスコアです。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
6333 6267 6741
製品名 グラボ ベンチマーク(総合スコア)
ガレリア ZZ RTX2080Ti
12815
ガレリア ZG RTX2080 SUPER
11460
ガレリア XF RTX2070 SUPER
9499
ガレリア XV RTX2060 SUPER
8075
ガレリア XT GTX1660Ti
6256
ガレリア XJ GTX1660
5657
ガレリア DH GTX1650
3613

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyでは「上位40%」の評価でした。なんとCore i7-8700 + GTX1660Tiの「ガレリア XT」を上回るスコアです。こんな高性能なゲーミングPCが10数万円で購入できるなんて凄いことです。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
14530 16141 19377
製品名 グラボ ベンチマーク(総合スコア)
ガレリア ZZ RTX2080Ti
26253
ガレリア ZG RTX2080 SUPER
24121
ガレリア XF RTX2070 SUPER
21477
ガレリア XV RTX2060 SUPER
18804
ガレリア XT GTX1660Ti
14550
ガレリア XJ GTX1660
12326
ガレリア DH GTX1650
8015

3DMARK FireStrikeの評価では「上位23%のパソコン」です。多くのゲームを問題なくプレイできる性能です。メモリ16GBに増やしたとしても15万円以下で購入できるので激安です。格安ゲーミングPCが欲しい人におすすめです。

ガレリア RT5の価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

ページの先頭へ

ページの先頭へ