ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > GTX1660Ti + Core i5!ドスパラ ガレリア DT 性能レビュー

GTX1660Ti + Core i5!ドスパラ ガレリア DT 性能レビュー

15万円以下で買える格安のミニタワーゲーミングPC!

GeForce GTX1660Tiを搭載したゲーミングPCの価格って何円くらいをイメージしていますか?今だと14万円か15万円ってところだと思います。少なくとも色々なBTOメーカーのサイトをチェックしている私はそれくらいをイメージしています。

しかしドスパラのガレリア DTは約12万円です。最初に気付いた時、「あれ?こんなに安いGTX1660Ti搭載ゲーミングPCなんてあったっけ?」と不思議に思ったくらいです。

今回はドスパラのINTEL CPU + GTX1660Ti搭載ゲームパソコンの中で一番安いガレリア DTのレビューをしていきます。同じグラフィックボードを搭載していて非常に人気のあるガレリア XTとの比較もしてみます。

ガレリア DTはこんな方におすすめ!

格安のGTX1660Ti搭載ゲーミングPCが欲しい!
オンラインゲームに特化したパソコンでOK!
若干小型なミニタワーデスクトップを選びたい!

ガレリア DTのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Core i5-9400F
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1660Ti 6GB 8GB(PC4-21300)
ストレージ チップセット
240GB SSD + 1TB HDD インテル H310
光学ドライブ 電源ユニット
なし 500W 静音電源 80PLUS BRONZE

ガレリア DTの価格と詳細はこちら

ガレリア DTの旧モデルはCore i5-8500 + GTX1060 6GBでした。2019年の新モデルになってCore i5-9400F + GTX1660Tiへとリニューアルしました。GTX1660TiはGTX1060より20~30%高性能なイメージです。それなのに以前と価格がほとんど変わっていないため、コスパが格段に良くなりました。

基本的にはこのまま買えばいいでしょう。ただしもっと快適性を追求したかったり、新しいゲームもプレイしたかったりするなら、メモリは16GBに増やすことをおすすめします。今見たらメモリ16GB搭載モデルが用意されていました。

ストレージは私なら500GB SSD + 1TB HDD、あるいは500GB SSD + 2TB HDDに増やします。システムドライブのSSDは500GBあったほうが便利です。インストールできるゲームが増えるのも純粋に嬉しいです。

Core i5-8500とCore i5-9400Fの違い

CPU Core i5-8500 Core i5-9400F
コア数 6 6
スレッド 6 6
動作周波数 3.0GHz(TB 4.1GHz) 2.9GHz(TB 4.1GHz)
キャッシュメモリ 9MB 9MB
TDP 65W 65W

本来Core i5-8400と比較すべきなのでしょうけど、後継機としてCore i5-8500を取り上げます。スペック上はほぼ一緒ですね。Core i5-9400Fには内蔵グラフィックスが搭載されていないため、グラフィックボードが必須です。

最近の格安ゲーミングPCには大抵Core i5-9400Fが採用されています。なお、CINEBENCH R15のベンチマークスコアはCore i5-8500が971、Core i5-9400Fが958でした。

ストレージの速度

ガレリア DTのストレージ速度をCrystalDiskMarkで計測しました。

SSDの速度

SSDは「Micron 1100 MTFDDAV256TBN」でシーケンシャルリードが509MB/s、シーケンシャルライトが497MB/sです。標準的な速度です。

HDDの速度

HDDは「東芝 DT01ACA100」でシーケンシャルリードが197MB/s、シーケンシャルライトが199MB/sです。

ガレリア DTの外観

次にガレリア DTの外観や接続端子のレビューをしていきます。

インテル H310 チップセット マイクロATXマザーボードを搭載しています。「マイクロ」なんて名前が付いていることからわかるように小型のマザーボードです。だからその分、ゲーミングPC本体もコンパクトになっています。

光学ドライブは非搭載です。カスタマイズでDVDドライブやブルーレイドライブを選択可能です。2019年になってドスパラも他社と同じように光学ドライブ非搭載のモデルが増えてきました。これも時代の流れでしょうか・・・。

上部に通気口はありません。

左側には通気口が2つあります。

内部を見るとコンパクトさがよくわかります。フルタワーのデスクトップだとストレージは右下にありますが、右の真ん中に位置しています。グラフィックボードもやや下側に接続されています。全体的にギュッとまとまっています。

電源ユニットはSilverStone製です。でもカスタマイズでオウルテックやEnhance等の人気メーカーに変更できます。

ドスパラはCore i5にはトップフローのCPUクーラーを採用しているようです。CPUの温度を見る限りではサイドフローに変更する必要はないと思います。また、メモリスロットは2つでどちらも埋まっています。

グラフィックボードは「PALIT GeForce GTX 1660Ti StormX」だと思います。

拡張スロットはPCI Express x1が1つだけ空いていますがグラボに近すぎるので実質使えません。拡張性が欲しい人は素直にガレリア XTを選びましょう。

HDDが収まっているシャドウベイです。内側を向いています。

SSDはマザーボードのM.2スロットに接続されています。

右側に通気口はありません。

リアファンは中央に配置しています。CPUとグラフィックボードの位置を考えたらここがベストでしょう。

マザーボードのバックパネルにはUSB3.0が2個、USB2.0が2個、PS2、LANポート、マイク入力、ライン入力、ライン出力があります。USB端子はあまり多くありません。

GeForce GTX1660Tiの映像出力端子はDVI-D、HDMI、DisplayPortです。

ガレリア DTの温度

CrystalDiskMark、FireStrike、Timespyを動作されて各パーツがどれくらいまで温度が上がるか計測しました。CPU(Core i5-9400F)は最大62℃、HDDは最大34℃、SSDは最大48℃、GTX1660Tiは最大68℃まで上がりました。理想的な温度です。冷却に関するカスタマイズはしなくて良さそうです。

ガレリア DTのベンチマークスコア

ガレリア DTの性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 軽量品質
6736 9026 11566

FF15ベンチマークは標準品質以下の画質なら「とても快適」の評価でした。「非常に快適」には届かない性能です。FF15はメモリ16GB以上、Core i7を推奨しているので仕方がありません。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
13741 14722 18009

FF14ベンチマークはすべての設定で「非常に快適」の評価です。格安のゲーミングPCでもこれくらいの重さのゲームなら最高画質で遊べます。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
63454 79671 94847

PSO2ベンチマークもなかなか高いスコアが出ました。でもCPUの性能が劣る分だけガレリア XTに比べるとスコアが低くなっています。

ドラクエ10ベンチマーク

ドラクエ10は20232です。ドラクエ10ベンチマークはもう頭打ちなので、次回からもう使うのをやめようと思います。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは32503でした。Core i5-8500 + GTX1060搭載の旧モデルより31%もスコアが伸びました。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
5959 6152 5063
製品名 グラボ ベンチマーク(総合スコア)
ガレリア ZZ RTX2080Ti
12815
ガレリア ZG RTX2080 SUPER
11460
ガレリア XF RTX2070 SUPER
9499
ガレリア XV RTX2060 SUPER
8075
ガレリア XT GTX1660Ti
6256
ガレリア XJ GTX1660
5657
ガレリア DH GTX1650
3613

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyでは「上位49%」の評価でした。最新ゲームも問題なく遊べる性能だとわかりました。ただ、最新の重いゲームってCore i7推奨のことが多いんですよね。だから最新ゲーム目的ならガレリア XTをおすすめします。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
13732 16221 12357
製品名 グラボ ベンチマーク(総合スコア)
ガレリア ZZ RTX2080Ti
26253
ガレリア ZG RTX2080 SUPER
24121
ガレリア XF RTX2070 SUPER
21477
ガレリア XV RTX2060 SUPER
18804
ガレリア XT GTX1660Ti
14550
ガレリア XJ GTX1660
12326
ガレリア DH GTX1650
8015

3DMARK FireStrikeの評価では「上位28%のパソコン」です。ミドルスペックらしい性能ですね。とはいえVR Readyの基準を越えていますし、ほとんどのゲームを遊べるわけですから相当コスパの良いゲーミングPCです。

ガレリア DTの価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

ページの先頭へ

ページの先頭へ