ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > Ryzen 5 + GTX1660!ドスパラ ガレリア RJ5 性能レビュー

Ryzen 5 + GTX1660!ドスパラ ガレリア RJ5 性能レビュー

GTX1660搭載なのに約10万円で激安!

ドスパラはGTX1660搭載デスクトップが充実していて、例えば人気の「ガレリア XJ」や安い「ガレリア DJ」等があります。でもINTEL CPUだけでなくAMD Ryzen CPUを組み合わせることができます。

今回レビューする「ガレリア RJ5」はGTX1660とRyzen 5 2600を搭載しています。なんと約10万円という激安価格です。ここまで安いゲーミングPCはどんな性能なのか検証してみました。

ガレリア RJ5はこんな方におすすめ!

INTEL CoreよりもAMD Ryzenを使いたい!
10万円の予算でゲーミングPCを買いたい!
そこまで重いゲームはプレイしない予定!

ガレリア RJ5のスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 64bit Ryzen 5 2600
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1660 6GB 8GB PC4-21300
ストレージ チップセット
240GB SSD + 1TB HDD AMD B350 チップセット
光学ドライブ 電源
なし AcBel iPower 85 550W (80PLUS BRONZE)

ガレリア RJ5の価格と詳細はこちら

メモリ8GB、240GB SSD + 1TB HDDと10万円の価格にしてはかなりしっかりとしたスペックです。このままのパーツ構成で購入しても快適に動いてくれます。もう数万円かけてもいいなら、メモリを16GBにしたり、ストレージ容量を増やすのがおすすめです。

ガレリア XJ」との違いはCPUとマザーボードくらいです。ガレリア RJ5のRyzen 5 2600は6コア・12スレッド、定格3.4GHz、最大3.9GHzです。ガレリア XJのCore i7-8700は6コア・12スレッド、定格3.2GHz、最大4.6GHzです。

つまりコア数とスレッド数は同じですが、動作周波数に違いがあります。PCゲームの場合、動作周波数の高さが大きく影響します。重いゲームまでサクサク動かしたいならCore i7-8700を搭載したガレリア XJをおすすめします。

ストレージの速度

ガレリア RJ5のストレージはSSDとHDDの組み合わせです。どれくらいの速度の違いがあるのかCrystalDiskMarkで計測してみました。

SSDは「Micron 1100 MTFDDAV256TBN」で、シーケンシャルリードが468MB/s、シーケンシャルライトが501MB/sです。連続アクセスは平均的、ランダムアクセスはあまり速くありません。

HDDは「TOSHIBA DT01ACA100」でシーケンシャルリードが192MB/s、シーケンシャルライトが191MB/sです。

ガレリア RJ5の外観

次にガレリア RJ5の外観や接続端子のレビューをしていきます。

ガレリア Xシリーズよりも背の低いPCケースです。ミニタワーに該当します。光学ドライブは搭載されていないため、必要ならカスタマイズで追加してください。

正面の接続端子はUSB3.0が2個、SDカードリーダー、マイク端子、ヘッドホン端子、リセットボタン、電源ボタンです。最近「STEAM PREINSTALLED」のシールを見かけるようになりました。

上部に排気口はありません。物を置く場所として活用できます。私はヘッドセットを置いてます。

左側は吸気口で、ケースファンは設置されていません。

左側を開けてみました。

CPUクーラーはAMD純正で、光らないタイプです。ドスパラはメモリ8GBでも4GB x 2のデュアルチャネルにしてくれるのが嬉しいです。(8GB x 1よりも高速)

マザーボードは「ASRock AB350M-HDV」で、M.2 SSDが接続されています。

グラフィックボードは「Palit GeForce GTX 1660 StormX」です。

3.5インチシャドウベイはあと2スロット空いています。

電源ユニットはAcBel製です。久々に見た気がします。

右側です。

背面です。

マザーボードの接続端子はPS2、USB2.0が2個、USB3.0が4個、LANポート、マイク入力、ライン入力、ライン出力です。USB3.1端子はありません。

GeForce GTX1660の接続端子はDVI、HDMI、DisplayPortです。

ガレリア RJ5の温度

3DMARK FireStrikeを動作させながらGTX1660の温度を計測しました。平均温度は54.7℃、最大温度は69℃です。70℃未満に収まっているのは非常に優秀です。

なお、CrystalDiskMarkを動作させながらSSDとHDDの温度を計測したところ、SSDは最大46℃、HDDは最大34℃まで上昇しました。CPUの温度は上手く計測できなかったので次回レビューまでの課題としておきます。

ガレリア RJ5のベンチマークスコア

ガレリア RJ5の性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

CINEBENCH R15 / R20

CINEBENCH R15 CINEBENCH R20
マルチスレッド 1248 cb 2785 cb
シングルコア 158 cb 388 cb

Ryzen 5 2600の性能です。不思議なことにCore i7-8700とほとんど同じスコアです。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 軽量品質
5618 7372 9248

FF15ベンチマークは高品質だと「やや快適」、標準品質だと「快適」、軽量品質だと「とても快適」の評価でした。「ガレリア XJ」よりやや低いスコアです。でも思ったよりも負けていません。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
11627 12235 14864

Ryzenはゲームごとに相性がはっきり出ます。例えばFF14ベンチマークは画質を下げてもスコアがあまり変わりません。Core i7-8700 + GTX1660なら標準画質で18000を越えます。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
43956 59203 69243

PSO2ベンチマークもやや伸び悩んでしまいました。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは29387です。これは相性が良いらしく、Core i7-8700搭載デスクトップと同等のスコアです。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
5376 5372 5405

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyでは「上位49%」の評価でした。CPUの差でスコアが少し下がってますが、10万円のゲーミングPCなら大健闘です。むしろ凄まじいコスパの良さに驚かされます。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
11958 13824 16143

3DMARK FireStrikeの評価では「上位30%のパソコン」です。10万円で上位30%の性能を手に入れられるって凄くないですか?「安いゲーミングPCが欲しいけれど、性能はそこそこしっかりなのがいい」なんて思っている人におすすめのデスクトップです。

ガレリア RJ5の価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce RTX2070(8GB)

  • 2 im610SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア ZG

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    長年使えるもの嬉しい!

    グラボ:GeForce RTX2080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ