ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > 限定モデル!G-Tune PM-B-AF 性能レビュー

限定モデル!G-Tune PM-B-AF 性能レビュー

今しか買えない!GTX1660にCore i7-9700で約13万円!

G-Tuneには一般販売されているゲーミングPCと、トップページからは辿り着けない限定販売ゲーミングPCがあります。今回レビューするには後者の限定モデルです。

実は当サイト「ゲームPCバンク」がおすすめする限定モデルで、一般販売されているモデルよりも安くなっています。こっそりセールしているようなものです。だからこのページを見ているあなたはかなりラッキーです。

G-Tune PM-B-AFはこんな方におすすめ!

15万円以下のゲーミングPCが欲しい!
SSDでパソコンをサクサクにしたい!
大人気のGeForce GTX1660でゲームを楽しみたい!

G-Tune PM-B-AFのスペック

*この記事のパソコンはレンタル品です。商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 64bit Core i7-9700
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1660 6GB 16GB PC4-21300
ストレージ チップセット
512GB NVMe SSD + 2TB HDD INTEL B360 チップセット
光学ドライブ 電源
なし 500W(80PLUS BRONZE)

G-Tune PM-B-AFの価格と詳細はこちら

全体的になかなかハイスペックなパーツ構成です。Core i7、メモリ16GB、512GB NVMe SSDとサクサクになる要素が満載です。Core i5-9400という選択肢もあるのでしょうけど、最新ゲームまでカバーするならCore i7-9700のほうが適しています。

メモリは16GBあれば十分です。8GBだと足りないゲームもありますし、8GB未満しか使わないゲームでも16GBあったほうがサクサク動きます。私はここ8年くらい、新たに購入するゲーミングPCは必ずメモリ16GBにしています。

ストレージ構成も理想的です。システムドライブのSSDが512GBあれば、ゲームをインストールする余裕があります。それにNVMe SSDですからSATA SSDより3倍以上も高速です。もしもあなたがこれまでHDDしか搭載していないパソコンを使っていたなら、このゲーミングPCに触ったらあまりのサクサク具合に驚くはずです。

ストレージの速度

SSDとHDDとで、どれくらい速度が違うか確認してみましょう。

SSDの速度

SSDは「Western Digital PC SN520」でシーケンシャルリードは1705MB/sです。シーケンシャルライトは1459MB/sです。

HDDの速度

HDDは「SEAGATE ST2000DM005」でシーケンシャルリードは203MB/sです。シーケンシャルライトは197MB/sです。連続アクセスは7倍以上、ランダムアクセスは600倍以上の差があります。

G-Tune PM-B-AFの外観

次にG-Tune PM-B-AFの外観や接続端子のレビューをしていきます。

G-TuneのデスクトップゲーミングPCで、最も空冷を重視しています。ただ旧モデルからエアフロー設計が変わりました。正面からではなく底面からの吸気になりました。

正面の上の方に接続端子が集まっています。マイク入力、スピーカー出力、USB3.0が2つ、HDMIです。このHDMIはVRデバイスを簡単に接続できるように設置されたものです。

そしてすぐ下に電源ボタンと光学ドライブがあるように見えます。しかし初期構成では光学ドライブ非搭載です。もしも欲しいのであればカスタマイズでDVDドライブやブルーレイドライブを追加してください。

上部には何もありません。ゲーマーへのアンケートで「デスクトップの上に物を置きたい」という意見が多かったのでこうなりました。

左側です。こちらにも吸気口がありません。サイドパネルを開けるには上の方にある2つのネジを取り外します。

内部は裏配線ですっきりしています。左上が電源ユニット、右上がHDDです。

G-TuneはトップフローのCPUクーラーを採用する傾向が強いですね。人気のCOOLERMASTER製クーラーを選ぶのはさすがです。十分冷えてくれるので変更しなくて大丈夫です。メモリは8GB x 2です。16GB x 2の32GBまで増やせます。

底面は二重のメッシュになっています。六角形の穴がPCケースのもので、さらにその下に細かいメッシュが貼り付けられています。マグネットで付いているので簡単に取り外せますし、水洗いもできる優れ物です。

マザーボードは「ASRock B360M」です。グラフィックボードとCPUクーラーの中間にPCI Express ×1があります。拡張性はほとんどありません。

右側です。こちらを開けると2.5インチシャドウベイがあります。

背面のリアファンが唯一のケースファンです。これでしっかり冷えてくれるのですからG-TuneのPCケースはとても優秀だとわかります。

マザーボードのバックパネルにはPS2、USB2.0が2つ、USB3.1が4つ、LANポート、マイク入力、ライン入力、ライン出力があります。USB3.0かと思ったらUSB3.1でした。

GeForce GTX1660の映像接続端子はHDMI、DisplayPortが3つです。

正面にあったHDMI端子を使用するには、このようにケーブルを接続します。

G-Tune PM-B-AFの温度

3DMARK FireStrikeベンチマークを動作させたところ、CPU(Core i7-9700)の温度は平均42.0℃、最大62℃でした。とても低い温度で推移しています。ケースやCPUクーラーが優秀な証拠です。

GeForce GTX1660の温度は平均59.0℃、最大72℃でした。こちらは普通ですね。

G-Tune PM-B-AFのベンチマークスコア

約13万円のゲーミングPCにどれくらいの性能を期待しますか?安いのにオンラインゲームがサクサクなら最高ですよね。ではベンチマークソフトで検証してみましょう。

CINEBENCH R15 / R20

CINEBENCH R15 CINEBENCH R20
マルチスレッド 1422 cb 3142 cb
シングルコア 199 cb 479 cb

Core i7-9700の性能です。Core i5-9400よりもマルチスレッドは30~45%、シングルコアは11~13%も高性能です。これくらい差があるとゲームのフレームレートにはっきりとした違いが出ます。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 軽量品質
5838 7663 9898

FF15ベンチマークは高品質だと「やや快適」、標準品質だと「快適」、軽量品質だと「とても快適」の評価でした。軽量品質=低画質の設定ならストレスなく遊べます。標準品質以上だと結構カクカクします。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
13424 14514 17889
平均91fps 平均100fps 平均141fps

FF14ベンチマークはグラフィックが綺麗ですが、何年も前から続いているゲームです。こういうゲームなら最高画質でも快適に遊べます。つまり余程重いゲームでない限りはこのゲーミングPCで問題なくプレイできるわけです。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
61333 97183 136577

PSO2ベンチマークはどの設定でもヌルヌルです。最高画質でも100fps以上出ていました。PSO2は大規模アップデート後、CPUやメモリの性能に大きく依存するようになりました。Core i7-9700のおかげでスコアが伸びています。

MHFベンチマーク

MHFは27462です。

3DMARK TimeSpy

総合スコア Graphics score Physics score
5658 5422 7511

DirectX12の最新ゲームをやるならもっとハイスペックなゲーミングPCのほうがよさそうです。

3DMARK FireStrike

総合スコア Graphics score Physics score
12116 13825 18046

3DMARK FireStrikeの評価では「上位38%のパソコン」です。約13万円のゲーミングPCでもVR Readyのスペックをクリアしています。繰り返しますが通常モデルよりも安くなっています。期間限定なので安いゲーミングPCが欲しい方はお早めに!

G-Tune PM-B-AFの価格と詳細はこちら

G-Tuneのおすすめカスタマイズ

★G-Tune 期間限定セールでゲーミングPCが安い!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

ページの先頭へ

ページの先頭へ