ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > 当サイト限定!G-Tune NEXTGEAR i690SA2-GPB 性能レビュー

当サイト限定!G-Tune NEXTGEAR i690SA2-GPB 性能レビュー

パーツ構成のバランスが最高!そしてコスパも抜群!

現在ゲームPCバンクとG-Tuneのコラボモデルが販売しています。その中でも一番におすすめなのが今回レビューするゲーミングPCです。全体的にバランスが良いだけでなく、通常価格よりも安くなっています。

評判の良いGeForce RTX2070にSSDまで入っていて199,800円(税別)です。RTX2070さえあれば最新オンラインゲームだろうとVRゲームだろうとヌルヌル動かせます。実際にどれくらいの性能なのかをレビューで詳しく解説してきます。

NEXTGEAR i690SA2-GPBはこんな方におすすめ!

コスパ抜群のゲーミングPCが欲しい!
SSD搭載でパソコンをサクサクにしたい!
やっぱり評判のいいRTX2070を選びたい!

NEXTGEAR i690SA2-GPBのスペック

*この記事のパソコンはレンタル品です。商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 64bit Core i7-9700K
グラフィックボード メモリ
GeForce RTX2070 8GB 16GB PC4-19200
ストレージ チップセット
480GB SSD + 3TB HDD INTEL Z390 チップセット
光学ドライブ 電源ユニット
なし 700W(80PLUS GOLD)

NEXTGEAR i690SA2-GPBの価格と詳細はこちら

「今私ならこういうパーツ構成のゲーミングPCを選ぶ!」と考えた時の完成品です。CPU、メモリ、SSDをバランス良く高性能にしているのが特に好みです。スターウォーズバトルフロント2やCoD:WW2の推奨スペックがメモリ16GBになっているので、最新ゲームをやるなら16GB以上にするのがおすすめです。

旧モデルからSSD容量が2倍になっていますが、価格は安くなっています。SSDは基本的に240GBあれば十分だと言われています。でも実際に使っていると、ゲームをSSDにインストールすると意外とすぐに容量不足になります。

1つのゲームが50GBだとすると、頻繁にプレイする3~5タイトルくらいはSSDにインストールしておきたいです。そして他のソフトウェアもSSDにいくつか入れたいですから、480GBあったほうが使い勝手がいいことは間違いありません。

ストレージの速度

KINGSTONの480GB SSDです。HDDとどれくらい速度が違うか確認してみましょう。

SSDの速度

シーケンシャルリードは540MB/s、シーケンシャルライトは507MB/sです。連続アクセスだけでなくランダムアクセスも高速です。良いSSDを採用していますね。

HDDの速度

HDDのシーケンシャルリードは203MB/s、シーケンシャルライトは201MB/sです。

NEXTGEAR i690SA2-GPBの外観

次にNEXTGEAR i690SA2-GPBの外観や接続端子のレビューをしていきます。

G-TuneのNEXTGEARシリーズです。ちょうど今G-Tuneの売れ筋ランキングを見たら1位がNEXTGEARシリーズのRTX2070搭載モデルでした。

上部にはマルチカードリーダー、USB3.0が4つ、マイク入力、スピーカー出力、HDMI出力があります。電源ボタンは正面にあります。

上部に排気口がなく、物を置くのに役立ちます。

NEXTGEAR-MICROシリーズと同様に裏配線です。

RTX2070はMSI製です。日本で一般発売されていないものだと思います。

マザーボードは「Z390-S01」と表記されていました。おそらくMSIのOEMです。拡張スロットはPCI Express x1が3つ、PCI Express x16が空いています。ただし一番上のやつはRTX2070と干渉するので使わないほうがいいです。

背面です。

マザーボードのバックパネルにはPS2、USB3.0が4つ、USB3.1が2つ、LANポート、サウンド関連があります。USB2.0の時代はそろそろ終了でしょうか。

RTX2070の映像出力端子はUSB Type-C、HDMI、DisplayPortが3つです。

NEXTGEAR i690SA2-GPBの温度

ベンチマークソフトを動作させながら各パーツの温度を計測しました。CPU(Core i7-9700K)は最大73℃、SSDは最大36℃、HDDは最大34℃、RTX2070は最大72℃まで上昇しました。RTX2070は高性能なのに随分と低い温度です。パーツもさることながら、PCケースのエアフローが優秀な証拠です。

NEXTGEAR i690SA2-GPBのベンチマークスコア

冷却性能の高いゲーミングPCだとわかりました。あとはゲームに対する性能です。各種ゲーム用ベンチマークソフトで性能を計測してみました。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 軽量品質
8956 12093 14968

FF15ベンチマークは標準品質にしたら最高評価の「非常に快適」でした。より良い画質でプレイしたい場合はRTX2080Tiを選びましょう。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
17092 17804 21351

FF14ベンチマークはすべての設定で17000越えました。紅蓮のリベレーターを最高画質でプレイしたとしてもサクサクです。エフェクトぐちゃぐちゃなレイド戦にも余裕のあるスペックです。

PSO2ベンチマーク

設定6 設定5 設定3
103484 121479 125075

PSO2ベンチマークはすべての設定で100000を越えました。GTX1060搭載の「NEXTGEAR-MICRO im610SA1-GPB」より約2倍も高いスコアです。RTX2070が高性能というのもありますが、CPUとメモリの影響も大きいです。

ドラクエ10ベンチマーク

ドラクエ10は22608でした。かなり高いスコアです。

MHFベンチマーク

MHFは45160です。GTX1060 6GBだと約25000、RTX2080だと約55000って感じです。

3DMARK TimeSpy

総合スコア Graphics score Physics score
8411 8551 7701

TimeSpyはDirectX12の最新ゲーム用ベンチマークソフトです。上位16%の評価ですからハイスペックだとわかります。これなら最新ゲームもしっかり遊ぶことができますね。

3DMARK FireStrike

総合スコア Graphics score Physics score
19520 22386 18550

3DMARK FireStrikeの評価では「上位5%のパソコン」です。これはもうほとんどハイエンドです。この価格で上位5%なのですからコスパの良さを証明しています。性能が良くて安いゲーミングPCを探しているすべての人におすすめです。

NEXTGEAR i690SA2-GPBの価格と詳細はこちら

G-Tuneのおすすめカスタマイズ

★G-Tune 15周年記念セールでゲーミングPCが安い!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce RTX2070(8GB)

  • 2 im610SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア ZG

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    長年使えるもの嬉しい!

    グラボ:GeForce RTX2080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ