ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > 当サイト限定!G-Tune XM-B-AF 性能レビュー

当サイト限定!G-Tune XM-B-AF 性能レビュー

パーツ構成のバランスが最高!そしてコスパも抜群!

現在ゲームPCバンクがおすすめするG-Tuneの限定モデルが販売しています。その中でも一番におすすめなのが今回レビューするゲーミングPCです。全体的にバランスが良いだけでなく、通常価格より40,000円も安くなっています。

評判の良いGeForce RTX3070にSSDまで入っていて159,800円(税別)です。RTX3070さえあれば最新オンラインゲームだろうとVRゲームだろうとヌルヌル動かせます。実際にどれくらいの性能なのかをレビューで詳しく解説してきます。

G-Tune XM-B-AFはこんな方におすすめ!

コスパ抜群のゲーミングPCが欲しい!
SSD搭載でパソコンをサクサクにしたい!
やっぱり評判のいいRTX3070を選びたい!

G-Tune XM-B-AFのスペック

*この記事のパソコンはレンタル品です。商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 64bit Core i7-10700
グラフィックボード メモリ
GeForce RTX3070 8GB 16GB PC4-21300
ストレージ チップセット
512GB NVMe SSD + 2TB HDD INTEL B460 チップセット
光学ドライブ 電源ユニット
なし 700W(80PLUS GOLD)

G-Tune XM-B-AFの価格と詳細はこちら

「今私ならこういうパーツ構成のゲーミングPCを選ぶ!」と考えた時の完成品です。CPU、メモリ、SSDをバランス良く高性能にしているのが特に好みです。最近のゲームは推奨スペックがメモリ16GBになっているので、ある程度重いゲームをやるなら16GB以上にするのがおすすめです。

旧モデルではSATA SSDだったのが高速なNVMe SSDになっていますが、価格は安くなっています。SSDは基本的に240GBあれば十分だと言われています。でも実際に使っていると、ゲームをSSDにインストールすると意外とすぐに容量不足になります。

1つのゲームが50GBだとすると、頻繁にプレイする3~5タイトルくらいはSSDにインストールしておきたいです。100GBを超えるゲームもあります。そして他のソフトウェアもSSDにいくつか入れたいですから、500GB以上あったほうが使い勝手がいいことは間違いありません。

G-Tune XM-B-AF G-Tune XM-B
CPU Core i7-10700 Core i7-10700
メモリ 16GB PC4-21300 16GB PC4-21300
グラフィックボード GeForce RTX3070 GeForce RTX3070
ストレージ 512GB NVMe SSD + 2TB HDD 512GB NVMe SSD + 2TB HDD
電源ユニット 700W(80PLUS GOLD) 700W(80PLUS GOLD)
価格 159,800円(税抜) 199,800円(税抜)

ちなみにG-Tuneで一般販売されているデスクトップゲーミングPCを調べたところ、記事執筆時点では通常価格199,800円のモデルがありました。

CPUから電源ユニットまで同じパーツ公正なのに、通常価格では「G-Tune XM-B-AF」のほうが4万円も安くなっています。どちらを選ぶべきかなんて言うまでもありませんよね。

ストレージの速度

G-Tune XM-B-AFに搭載されているSSDとHDDの速度を計測しました。

SSDの速度

SSDは「SK Hynix HFS512GD9TNG-L2A0A」で、シーケンシャルリードが3280MB/s、シーケンシャルライトが2136MB/sです。理想的な速度です。わざわざ別のSSDに変更する必要はありません。

HDDの速度

HDDは「WESTERN DIGITAL WD20EZAZ」で、シーケンシャルリードが212MB/s、シーケンシャルライトが195MB/sです。

G-Tune XM-B-AFの外観

次にG-Tune XM-B-AFの外観や接続端子のレビューをしていきます。

G-TuneのNEXTGEAR-MICROシリーズです。ミニタワーケースに分類されるので、ミドルタワーやフルタワーよりも小型です。NEXTGEARシリーズとは違って、電源を入れてもG-Tuneのロゴは光りません。

正面にはマイク入力、スピーカー出力、USB3.0が2つ、HDMI端子、電源ボタンがあります。光学ドライブはオプションで追加可能です。

上部は完全に塞がっています。

左側です。上の方にあるネジを取り外すとサイドパネルを開けられます。

正面と底面から吸気し、背面に排気するエアフロー設計です。裏配線のおかげもあって、とてもすっきりしていますね。

CPUクーラーはCOOLERMASTER製です。メモリスロットは2つとも埋まっています。

CPUクーラーの下にM.2 SSDが接続されています。最近は熱対策のためにヒートシンクを設置しているゲーミングPCが増えてきました。

グラフィックボードは「ZOTAC GAMING GeForce RTX 3070 Twin Edge」です。

3.5インチストレージベイの空きはありません。

右側を空けると2.5インチのスロットが2つあります。

背面です。

マザーボードのバックパネルにはPS2、USB3.0が4つ、LANポート、マイク入力、ライン入力、ライン出力があります。

RTX3070の映像出力端子はHDMI、DisplayPortが3つです。4画面同時出力まで対応しています。

G-Tune XM-B-AFの温度

3DMARK FireStrikeを動作させたところ、CPU(Core i7-10700)の温度は平均55.2℃、最大86℃でした。思ったよりも高い温度です。高級なCPUグリス(ダイヤモンドグリス)へカスタマイズしてから購入することをおすすめします。

GeForce RTX3070の温度は平均57.9℃、最大68℃でした。グラフィックボードは低い温度で推移していました。

G-Tune XM-B-AFのベンチマークスコア

G-Tune XM-B-AFの性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

CINEBENCH R15 / R20

CINEBENCH R15 CINEBENCH R20
マルチスレッド 1679 cb 3588 cb
シングルコア 208 cb 498 cb

Core i7-10700の性能です。Core i7-10700ならしばらく困ることはありません。でもRTX3070の性能をもっと引き出したいなら、Core i9やRyzen 9のほうがいいです。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 低品質
12154 15866 17643

FF15ベンチマークは最高画質でも「非常に快適」です。RTX2070だと高品質設定で9700ですから、RTX3070のほうが25%も高性能です。

FF14:漆黒のヴィランズ ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
20654 21225 24992
平均164fps 平均174fps 平均222fps

RTX3070でも20000を越えるんですね。GTX1060の2倍くらいなので本当に凄い性能です。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
129614 140342 202205

PSO2ベンチマークはCPU次第でもっとスコアが上昇します。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは81527で、RTX2080Tiと同等のスコアです。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
12800 13631 9517

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyでは「上位6%」の評価でした。RTX2080TiクラスのゲーミングPCが20万円以下なんて激安としか言いようがありません。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
25950 34183 22949

3DMARK FireStrikeの評価では「上位3%のパソコン」です。やはり凄まじい性能とコスパを兼ね備えた素晴らしいゲーミングPCだとわかりました。パソコン初心者に優しいパーツ構成ですし、ハイスペックゲーミングPCを求めているならG-Tune XM-B-AFをおすすめします。

G-Tune XM-B-AFの価格と詳細はこちら

G-Tuneのおすすめカスタマイズ

★G-Tune 期間限定セールでゲーミングPCが安い!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

ページの先頭へ

ページの先頭へ