ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > G-Tune HM-B 性能レビュー!RTX3060 + Core i7-11700

G-Tune HM-B 性能レビュー!RTX3060 + Core i7-11700

ちょうどいいミドルスペック!

ちょうどいいスペックのゲーミングPCが欲しい場合、Core i7、メモリ16GB、ミドルスペックのグラボ・・・という組み合わせが定番です。

G-TuneにはまさにぴったりのデスクトップゲーミングPCがあり、「初心者にもオススメ」と銘打たれています。今回はそんなG-Tune HM-Bをレビューしていきます。

G-Tune HM-Bはこんな方におすすめ!

20万円以下のゲーミングPCが欲しい!
ミドルスペックの性能にしたい!
ややコンパクトなPCケースを選びたい!

G-Tune HM-Bのスペック

*この記事のパソコンはレンタル品です。商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 64bit Core i7-11700
グラフィックボード メモリ
GeForce RTX3060 12GB 16GB PC4-25600
ストレージ チップセット
512GB NVMe SSD INTEL B560 チップセット
光学ドライブ 電源
なし 700W(80PLUS BRONZE)

G-Tune HM-Bの価格と詳細はこちら

THEミドルスペックです。定番中の定番とも言うべきパーツ構成です。Core i7、メモリ16GB、RTX3060という構成は、G-Tuneに限らずどのBTOメーカーでもとても人気があり、大抵売れ筋ランキング上位に入っています。

確かに現状RTX3060があれば、すべてのゲームの推奨スペックをクリアできるわけですから、初めてのゲーミングPCとしてちょうどいい存在です。

とはいえストレージはカスタマイズしてから買うべきでしょう。512GB NVMe SSD + 2TB HDDや1TB NVMe SSD + 2TB HDD等がおすすめです。この辺りはご自身の予算と相談してください。

ストレージの速度

ストレージの転送速度をCrystalDiskMarkで計測しました。

SSDの速度

SSDは「SK Hynix HFM512GD3HX013N」でシーケンシャルリードは3559MB/s、シーケンシャルライトは2966MB/sです。初めて見るSSDでしたがかなり良い速度が出てくれました。

G-Tune HM-Bの外観

次にG-Tune HM-Bの外観や接続端子のレビューをしていきます。

G-TuneのNEXTGEAR-MICROシリーズです。ミドルタワーやフルタワーに比べると結構コンパクトなサイズです。邪魔にならないというのは意外と重要ですよ。

正面上部にはマイク入力、スピーカー出力、USB3.0が2つ、HDMI出力があります。斜めになっているため、床置きしても挿しやすい設計です。

上部には何もありません。

左側です。

ケースファンはリアのみ。右上に3.5インチストレージベイが空いています。

CPUクーラーは人気のCOOLERMASTER製です。メモリスロットに空きはありません。

グラフィックボードは「玄人志向 GG-RTX3060-E12GB/OC/DF」です。BTOで玄人志向は珍しい気がします。

マザーボードは「MouseComputer B560M」です(MSIのOEM)。グラフィックボードの下にはM.2スロットとPCIがあります。

右側です。

背面です。上のほうにあるHDMI端子を引っ張って接続することにより、正面のHDMI出力を使えるようになります。

マザーボードのバックパネルにはUSB3.2 Type-C、USB2.0が2つ、USB3.0が2つ、LANポート、マイク入力、ライン入力、ライン出力があります。

GeForce RTX3060の映像出力端子はHDMI、DisplayPortが3つです。

G-Tune HM-Bの温度

3DMARK FireStrikeベンチマークを動作させたところ、CPU(Core i7-11700)の温度は平均56.7℃、最大79℃でした。ほぼ50℃辺りに収まっています。ケースやCPUクーラーが優秀な証拠です。

GeForce RTX3060の温度は平均57.9℃、最大68.1℃でした。RTX3060Tiよりかなり低い温度です。

G-Tune HM-Bのベンチマークスコア

各種ベンチマークソフトでG-Tune HM-Bの性能を検証しました。

CINEBENCH R15 / R20

CINEBENCH R15 CINEBENCH R20
マルチスレッド 1777 cb 4033 cb
シングルコア 237 cb 585 cb

Core i7-11700の性能です。シングルコアはCore i7-10700より10%以上も高性能です。やはり新しいCPUを選んだほうがいいですね。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 軽量品質
8913 12062 15273

FF15ベンチマークは高品質だと「快適」、標準品質以下だと「非常に快適」の評価でした。FF15くらい重いゲームも標準画質ならサクサク動いてくれます。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
19941 20668 26559
平均 139 fps 平均 145 fps 平均 192 fps

FF14ベンチマークは15000以上なら最高評価です。つまり最高品質の画質設定でもサクサク動かせます。

PSO2ベンチマーク

PSO2ベンチマークはウルトラ画質で17163でした。RTX3060Tiに比べると約43%低いスコアです。

MHFベンチマーク

MHFは54279です。なんとGTX1080を超えています。グラフィックボードの進化は凄まじいです。

3DMARK TimeSpy

総合スコア Graphics score Physics score
8793 8642 9763

DirectX12用ベンチマークソフトのTimeSpyでは「上位24%」の評価です。

3DMARK FireStrike

総合スコア Graphics score Physics score
19505 21624 24789

3DMARK FireStrikeの評価では「上位17%のパソコン」です。GTX1660搭載ゲーミングPCより58%も高いベンチマークスコアが出ました。やはり理想的なミドルスペックゲーミングPCです。

G-Tune HM-Bの価格と詳細はこちら

G-Tuneのおすすめカスタマイズ

★G-Tune 期間限定セールでゲーミングPCが安い!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

ページの先頭へ

ページの先頭へ