ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > G-Tune P5 性能レビュー!GTX1650搭載の格安ノートPC

G-Tune P5 性能レビュー!GTX1650搭載の格安ノートPC

限定1500台だから買うなら早めに!

G-TuneのゲーミングPCの名称がすっきりしつつあります。以前よりも覚えやすく検索しやすいので、評判等も調べやすくなりました。

ゲーミングノートPCでは「G-Tune P5」が第一号です。でも1500台限定販売なのですぐに売り切れてしまうかもしれません。そんなG-Tune P5の性能を早速レビューしてみました。

G-Tune P5はこんな方におすすめ!

15万円以下のゲーミングノートPCが欲しい!
あまり重いゲームは遊ばない予定!
でも基本性能はしっかりしていて欲しい!

G-Tune P5のスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 64bit Core i7-9750H
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1650 4GB 16GB(PC4-21300)
ストレージ チップセット
256GB NVMe SSD + 1TB HDD モバイル インテル HM370 チップセット
光学ドライブ 液晶
なし 15.6インチ IPSパネル ノングレア液晶

G-Tune P5の価格と詳細はこちら

GTX1650搭載ゲーミングノートPCは現在購入できるモデルの中では最安値に該当します。もうGTX1050搭載モデルとかは見かけなくなりました。

G-Tune P5はGTX1650を搭載しつつも、メモリ16GB、256GB NMVe SSD + 1TB HDDとなかなか高性能に仕上がっています。性能も容量も十分なのでカスタマイズで増やす必要はないでしょう。

ただSSDは500GBに増やしたほうが使い勝手が良くなります。ゲームをSSDにインストールしたほうがサクサクになりますからね。私なら「512GB NVM Express SSD」を選択します。M.2タイプなら軽量さも併せ持っているのでおすすめです。

ストレージの速度

G-Tune P5に搭載されているSSDの速度を計測しました。

SSDの速度

SSDは「Western Digital PC SN520 NVMe SSD」で、シーケンシャルリードが1749MB/s、シーケンシャルライトが1303MB/sです。最近のG-TuneはWestern Digital製かCFD製のSSDを採用しています。

HDDの速度

HDDは「SEAGATE ST1000LM048」で、シーケンシャルリードが128MB/s、シーケンシャルライトが126MB/sです。このHDDをM.2 SSDに変更すれば速度が向上するだけでなく、ノートPC本体の軽量化にも繋がります。

G-Tune P5の外観

次にG-Tune P5の外観や接続端子のレビューをしていきます。

全体の寸法は幅364.5 × 奥行き258 × 幅25.5 mmです。15.6インチのゲーミングノートPCとしては一般的なサイズです。

全体が黒色で統一されたデザインです。

107キーの日本語キーボードです。キーピッチは約18.2mm、キーストロークは約1.8mmです。

WASD周りは普通のキー配置です。Ctrlキーがやや小さいですね。

キーボードバックライトはデフォルトだと青色に光ります。15色から選べるみたいです。

右奥に電源ボタンがあります。ファンコントローラーやタッチパッドのON/OFFボタンはありません。

液晶はIPSパネルで、最大解像度が1920×1080、リフレッシュレートが60Hzです。

左側には盗難防止用ロック、USB3.0、USB2.0、スピーカー出力、マイク入力があります。

右側にはUSB3.1、USB3.1 Type-C、マルチカードリーダーがあります。私なら右側はUSBメモリや外付けストレージ用などにとっておいて、左側のUSB2.0にマウスを接続します。

後ろ側にはmini-DisplayPort出力、HDMI出力、LANポート、電源端子があります。よく考えられたとても使いやすい配置です。

G-Tune P5の重さ

ノートPC本体の重量は2.156kgです。なぜか公式ページに記載された重量よりも軽かったです。

ACアダプターとケーブルを含めると2.666kgです。まずまず軽量な部類です。

G-Tune P5の温度

3DMARK FireStrikeを動作させたところ、CPU(Core i7-9750H)の温度は平均60.3℃、最大88℃でした。Core i7-9750Hが最大90℃を超えないのはとても珍しいです。冷却性能に優れたゲーミングノートPCですね。

GeForce GTX1650の温度は平均55.7℃、最大61℃でした。グラフィックボードの温度も想定よりかなり低かったです。

G-Tune P5のベンチマークスコア

G-Tune P5の性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

CINEBENCH R15 / R20

CINEBENCH R15 CINEBENCH R20
マルチスレッド 1138 cb 2505 cb
シングルコア 190 cb 465 cb

Core i7-9750Hの性能です。Core i5-9300Hに比べて33~37%くらい高性能です。CPUの性能はゲームでも非常に大切です。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 軽量品質
3771 5189 6761

FF15ベンチマークは低画質にしても上から3番目の評価です。さすがに重いゲームをGTX1650で遊ぶのは厳しいです。せめてGTX1660Tiは欲しいです。

FF14:漆黒のヴィランズ ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
9551 10703 14610
平均64fps 平均72fps 平均109fps

FF14ベンチマークは最高画質でも最高評価です。しかしフレームレートを見ると平均64fpsとギリギリです。安定させたいなら標準品質をおすすめします。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
31701 40660 67453

PSO2ベンチマークはゲーミングノートPCらしいスコアです。GTX1660Ti搭載ノートPCなら設定6で40000を越えます。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは20313でした。GTX1050Ti搭載ゲーミングノートPCが17406だったので、GTX1650のほうが16.7%高いスコアです。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
3735 3468 6643

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyでは「上位81%」の評価でした。エントリーモデルのゲーミングノートPCなのでこんなものでしょう。重いゲームをプレイしたいならGTX1660TiやRTX2070をおすすめします。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
8358 9312 16857

3DMARK FireStrikeの評価では「上位57%のパソコン」です。軽いゲームをプレイするには十分な性能です。しかもメモリ16GB搭載ですからクリエイター向けPCとしても使えます。むしろそっちの用途のほうに向いていると思います。

いずれにしてもコスパが良いのは間違いありません。限定1500台なので欲しい人は早めの決断をおすすめします。

G-Tune P5の価格と詳細はこちら

G-Tuneのおすすめカスタマイズ

★G-Tune 期間限定セールでゲーミングPCが安い!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XA7C-R70S

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:RTX2070 SUPER(8GB)

  • 2 G-Tune PM-B-AF

    GTX1660 SUPER搭載なのに約13万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GTX1660 SUPER(6GB)

  • 3 ガレリア ZA9C-R80S

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    長年使えるもの嬉しい!

    グラボ:RTX2080 SUPER(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ