ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > G-Tune P3 性能レビュー!13.3インチのモバイルゲーミングノートPC

G-Tune P3 性能レビュー!13.3インチのモバイルゲーミングノートPC

Radeon RX Vega M GH グラフィックスの性能に驚き!

ゲーミングノートPCのサイズといえば15.6インチか17.3インチの二択です。しかし稀に13.3インチが販売されることがあります。その一つが「G-Tune P3」です。

画面が小さくなるデメリットがある一方で、持ち運びやすさに優れているサイズです。どんな性能なのか検証してみたのでレビューしていきたいと思います。

G-Tune P3はこんな方におすすめ!

20万円以下のゲーミングノートPCが欲しい!
とにかく持ち運びやすさを重視したい!
そこそこの重さのゲームをプレイしたい!

G-Tune P3のスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 64bit Core i7-8709G
グラフィックボード メモリ
Radeon RX Vega M GH 16GB(PC4-21300)
ストレージ チップセット
512GB NVMe SSD モバイル インテル HM175 チップセット
光学ドライブ 液晶
なし 13.3インチ グレア液晶 1920×1080

G-Tune P3の価格と詳細はこちら

一般的なゲーミングノートPCのパーツ構成とはまったく違います。最近だとCPUはCore i7-9750H、グラフィックボードはGeForce GTX1660TiやRTX2070が普通です。

でもG-Tune P3はCPUにCore i7-8709G、グラフィックスにRadeon RX Vega M GHが採用されています。このRadeon RX Vega M GHはグラフィックボードではなく、CPU内蔵グラフィックスです。

CPU内蔵グラフィックスといえばINTEL HDグラフィックスを思い出しますが、それよりも遥かに高性能です。エントリーモデルのグラフィックボードを上回る性能を持っているので、ゲーミングノートPCとして普通に使えます。

ストレージの速度

G-Tune P3に搭載されているSSDの速度を計測しました。

SSDの速度

SSDは「ADATA SX6000PNP」でシーケンシャルリードが2052MB/s、シーケンシャルライトが1340MB/sです。HDDは搭載されていなく、容量はギリギリな感じです。ただHDDを追加すると、G-Tune P3のメリットである軽量さが損なわれてしまうため、私なら1TB NVMe SSDに変更します。

G-Tune P3の外観

次にG-Tune P3の外観や接続端子のレビューをしていきます。

見た瞬間に「小型だ!」とすぐわかるサイズです。持ち運びやすさで選ぶなら本当におすすめです。

全体の寸法は幅307 x 215 x 19.9mmです。

唯一の不満点は液晶です。ノングレアではなくグレアなのでがっつり反射します。

キーボードは80キーでテンキーなしです。同時押しに制限があるのか、Fn + Alt + PrintScreenが効きませんでした。

キー配置は問題ありません。

キーボードバックライトは薄っすらと光るので派手さはありません。

電源ボタンです。ファンコントローラーやタッチパッドのON/OFFボタンはありません。

左側には電源端子、USB3.0、サウンド用ミニジャックがあります。

右側にはUSB3.1 Type-C、HDMI出力、USB3.0、セキュリティスロットがあります。

G-Tune P3の重さ

ノートPC本体の重量は1.676kgです。おそらくこれまでレビューしたゲーミングノートPCで最軽量です。13.3インチ + CPU内蔵グラフィックスというのが効いています。普通は2.0kg以上ですからとてつもなく軽いです。

ACアダプターとケーブルを含めると2.201kgです。

G-Tune P3の温度

3DMARK FireStrikeを動作させたところ、CPU(Core i7-8709G)の温度は平均68.9℃、最大89℃でした。とても高い温度のように見えますが、Core i7-9750Hより低く収まっています。

G-Tune P3のベンチマークスコア

G-Tune P3の性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

CINEBENCH R15 / R20

CINEBENCH R15 CINEBENCH R20
マルチスレッド 800 cb 1971 cb
シングルコア 176 cb 424 cb

Core i7-8709Gの性能です。Core i7-9750Hよりシングルコアは8~10%、マルチスレッドは27~42%低いベンチマークスコアです。

FF14:漆黒のヴィランズ ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
8079 9074 13334
平均54fps 平均98fps 平均61fps

「CPU内蔵グラフィックスだからどうせまともに使えないんでしょ」と思っていた自分が恥ずかしいです。めちゃくちゃ高性能じゃないですか!まさかFF14を最高画質でも遊べる性能だとは思いませんでした。うーん、本当に凄いですね・・・。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
599 2060 3624

一方でPSO2ベンチマークはとても低いスコアになってしまいました。これはRadeon RX Vega M GHではなくINTEL HDグラフィックスで動作していることが原因でしょう。どこかに設定があるはずなんですけど、それらしい項目は見当たりませんでした。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは16976でした。GTX1050Ti搭載ゲーミングノートPCに近いスコアが出ました。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
3088 2927 4491

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyでは「上位90%」の評価でした。最新グラフィックボードを搭載したゲーミングノートPCには及ばないものの、比較的軽い3Dゲームなら問題なくプレイできます。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
8526 10368 11218

3DMARK FireStrikeの評価では「上位58%のパソコン」です。GeForce GTX1650搭載の「G-Tune P5」とほとんど同じベンチマークスコアです。いやはや驚きの連続です。

性能に割に高額なのは確かですが、軽量・小型という素晴らしいメリットを考えると妥当な価格です。持ち運びやすいゲーミングノートPCが欲しい人にG-Tune P3は最強におすすめです。

G-Tune P3の価格と詳細はこちら

G-Tuneのおすすめカスタマイズ

★G-Tune 期間限定セールでゲーミングPCが安い!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XA7C-R70S

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:RTX2070 SUPER(8GB)

  • 2 G-Tune PM-B-AF

    GTX1660 SUPER搭載なのに約13万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GTX1660 SUPER(6GB)

  • 3 ガレリア ZA9C-R80S

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    長年使えるもの嬉しい!

    グラボ:RTX2080 SUPER(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ