ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ベンチマークスコア比較 > CPUのベンチマークスコア・性能比較 > Core i9-10900K ベンチマーク!Core i9-9900Kとの比較も

Core i9-10900K ベンチマーク!Core i9-9900Kとの比較も

ついにINTEL Core 10000番台である「Comet Lake」が発売しました。すでにいくつかのCPUが販売されている状況ですが、最も注目されているのはCore i9-10900Kです。

INTELとしてはゲーム用CPUをアピールしていますが、Core i9-9900Kに比べてどれくらい高性能になったのでしょうか。ベンチマークスコアを計測したのでご紹介します。

Core i9-10900Kのスペック

まずはCore i9-10900Kの基本スペックを確認しましょう。

コア数 10
スレッド数 20
定格動作周波数 3.70 GHz
最大動作周波数 5.30 GHz
L3キャッシュ 20 MB
TDP 125 W

Core i9-9900Kが8コア、16スレッド、定格3.6GHz、最大5.0GHzだったので基本スペックはすべて向上しています。シンプルに高性能化が実施されています。

しかしTDPは95Wから125Wに上昇しました。できるだけ良いCPUクーラーを使わないと熱トラブルに悩まされるかもしれません。いっそのこと水冷クーラーにしてしまうのも手でしょう。

Core i9-10900Kのベンチマークスコア

次に各種CPU用ベンチマークソフトで計測したスコアをご紹介します。ベンチマーク環境は以下のとおりです。

OS CPU
Windows 10 Home 64bit Core i9-10900K
メモリ グラフィックボード
16GB PC4-25600 GeForce RTX2080Ti 11GB
ストレージ チップセット
1TB NVMe SSD Z490

ドスパラのRTX2080Ti搭載ゲーミングPC「ガレリア ZZ」を使用しました。比較対象のCore i9-9900K搭載PCはガレリア ZZの旧モデルです。グラフィックボードは同じで、メモリは16GB PC4-21300搭載です。

CINEBENCH R15

シングルコア マルチスレッド
Core i9-10900K 226 cb 2630 cb
Core i9-9900K 216 cb 2015 cb

スレッド数が多いのでマルチスレッドのベンチマークスコアが高いのは当然です。むしろ注目したいのはシングルコアのベンチマークスコアです。220cbを突破したのは初めて見ました。ゲームではシングルコアの性能がとても重要になってくるので、確かにゲーム用CPUだと言えます。

CINEBENCH R20

シングルコア マルチスレッド
Core i9-10900K 545 cb 6318 cb
Core i9-9900KF 511 cb 4957 cb

Core i9-9900Kのデータがなかったので、代わりにCore i9-9900KFのベンチマークスコアを比較します。Core i9-10900Kのほうがシングルコアは6.6%、マルチスレッドは27.4%高いです。

7-Zip

CPU使用率 評価 / 使用率 評価
1886 % 3497 MIPS 65999 MIPS

総合評価はCore i9-9900Kより26.2%高いスコアです。新世代へのアップグレードとしては妥当な性能アップです。

CPU-Z

Single Thread Multi Thread
Core i9-10900K 599.1 7304.6
Core i9-9900K 561.6 5175.6

Core i9-10900Kのほうがマルチスレッドは41.1%、シングルスレッドは6.7%高いスコアです。ここまでINTEL CPUとばかり比較してきましたが、やはり気になるのはRyzenでしょう。

2020年6月現在CPUの価格を調べたみたところ、Core i9-10900Kが8万円、Ryzen 9 3900Xが6万円、Ryzen 9 3950Xが8万7千円でした。Core i9-10900Kよりも2万円も安いRyzen 9 3900Xは12コア・24スレッドで、マルチスレッドのベンチマークスコアはRyzen 9 3900Xのほうが優秀です。

近い価格のRyzen 9 3950Xに至っては16コア・32スレッドです。CPU-ZのMulti Threadスコアは11183.1で、Core i9-10900Kより53%も高いのです。つまりコスパを比較するとRyzenシリーズのほうが圧倒的に優れています。

CrystalMark 2004R7

ALU FPU
374028 299301

x264 FHD Benchmark

fps エンコード時間
66.47 38秒

H.264のエンコード性能を計測しました。Core i9-9900Kより10%向上しました。

3DMARK FireStrike

Physics Score 29463

3DMARK TimeSpy

CPU Score 13818

Core i9-10900KはCore i9-9900Kからまずまずの進化を遂げました。しかし立ち塞がるのはRyzen 9です。ゲーム用ベンチマークスコアはCore i9-10900Kとほぼ同等なので、幅広い用途でサクサクを望めるRyzen 9 3900XやRyzen 9 3950Xをおすすめしたくなります。

Ryzen 9搭載ゲーミングPCのレビュー

Core i9-10900K搭載BTOパソコンの価格比較

関連記事

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

ページの先頭へ

ページの先頭へ