ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > 激安!G-Tune NEXTGEAR-MICRO im570BA7 性能レビュー

激安!G-Tune NEXTGEAR-MICRO im570BA7 性能レビュー

GTX1050搭載で7万円台のデスクトップゲーミングPC!

GeForce GTX10シリーズでおそらく一番安いグラフィックボードが発売されました。それがGTX1050です。G-Tuneから早速GTX1050搭載ゲーミングPCが販売され、お値段なんと7万円台(税抜き)です。

10万円以内なら激安と言われる世界ですが、まさかこんなに安いゲーミングPCが出てくるとは思いませんでした。今回はそんなNEXTGEAR-MICRO im570BA7をレビューしていきます。

NEXTGEAR-MICRO im570BA7はこんな方におすすめ!

とにかく安いゲーミングPCが欲しい!
最新ゲームはプレイしない!
トータルの予算を10万円以内に抑えたい!

NEXTGEAR-MICRO im570BA7のスペック

*この記事のパソコンはレンタル品です。商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 64bit Core i5-6400(4コア/2.70GHz)
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1050 2GB 8GB PC4-17000
ストレージ チップセット
1TB HDD INTEL H110 Express
光学ドライブ 電源ユニット
なし 500W(80PLUS SILVER)

NEXTGEAR-MICRO im570BA7の価格と詳細はこちら

思ったよりもしっかりしたスペックです。500GB HDDではなく1TB HDDですし、電源ユニットは500Wと余裕です。ただ、CPUは現状のBTOゲーミングPCだと一番格安なCore i5-6400ですし、メモリはシングルチャネルです。

とはいえ、格安ゲーミングPCとしてまったく問題のないパーツ構成です。カスタマイズする予算があるのであればSSD追加を最優先、次点でDVDドライブ追加、メモリ増設を検討してください。SSD追加しても消費税や配送料を含めた最終価格は10万円です。

SSD非搭載のゲーミングPCは久しぶりに触った気がしますが、やはりストレスが溜まりました。インストール・アンインストール、ベンチマークソフトの起動や読み込み等の速度が2倍以上かかっていました。

NEXTGEAR-MICRO im570BA7の外観

次にNEXTGEAR-MICRO im570BA7の外観や接続端子のレビューをしていきます。

フロントファンは2つあります。大抵のゲーミングPCはフロントファンが1つだけなので、これだけでも冷却を重視しているデスクトップだとわかります。

前面のメッシュはすべて取り外し可能です。お掃除の際に便利です。カスタマイズで光学ドライブを追加した場合は、一番上に搭載されます。

前面の接続端子はスピーカー出力、マイク入力、USB2.0が2つ、USB3.0です。

上部は奥側に排気ファンがあります。

左側は大きな吸気口になっています。

NEXTGEAR-MICROは裏配線なのですっきりしています。G-Tuneの社員さんに裏配線にしている理由を聞いたところ、「エアフローのため」だそうです。極限まで冷却を重視しているわけですね。

メモリは8GB x 1のシングルチャネルです。同じメモリ8GBでも4GB x 2のデュアルチャネルのほうが高速です。

GTX1050はMSI製です。やや厚みがあるものの、随分とコンパクトです。小型デスクトップにも収まりそうなサイズです。

GTX1050の下に拡張スロットの空きがあります。PCI Express ×1が2つ空いています。

背面に出ている青いケーブルはフロントファンを回転させるためのものです。USB3.0端子に必ず接続させましょう。

マザーボードの接続端子はPS2が2つ、USB3.0が2つ、USB2.0が2つ、LANポート、サウンド関連です。

GTX1050の接続端子はDVI、HDMI、DisplayPortです。GTX1060やGTX1070に比べるとDisplayPortの数が減っています。

NEXTGEAR-MICRO im570BA7のベンチマークスコア

いよいよ気になる性能の検証です。GTX1050はどれくらいのゲームを遊べる性能なのか確かめるためにベンチマークソフトを走らせました。どれも1920×1080の解像度に設定しています。

FF14

DX11 最高品質 DX11 高品質 DX11 標準品質
6938 8186 14162
DX9 最高品質 DX9 高品質 DX9 標準品質
9186 9581 15756

FF14ベンチマークはDirectX 11 + 最高品質だけが「とても快適」、それ以外は「非常に快適」になりました。GTX950より約14%のスコアアップです。

PSO2

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
16926 33904 44109

PSO2ベンチマークはGTX1060の半分くらいです。でも100fps前後で安定していたので最高画質でも遊べる性能です。

ドラクエ10

ドラクエ10は16135です。長く続いている軽めのオンラインゲームならサクサクですね。

MHF

MHFは12884です。やはりGTX1060の半分のスコアです。思ったよりも性能差があります。

3DMARK

3DMARKの評価では「上位62%のパソコン」です。参考までに他のグラフィックボードのスコアを書いておくと、GTX950が約5300、GTX960が約9200、GTX1060が約10500です。GTX950からあまり変わっていないですし、コスパで選ぶならGTX1060をおすすめします。

ただ、激安なことは間違いありませんから、軽いオンラインゲームだけプレイする人には最有力候補のゲーミングPCなのではないでしょうか。

NEXTGEAR-MICRO im570BA7の価格と詳細はこちら

G-Tuneのおすすめカスタマイズ

★G-Tune 冬のボーナス特集!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ