ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーム推奨PC > マインクラフトの影MODとチャンクの重さを検証!グラボ別fpsとおすすめ推奨ゲーミングPC

マインクラフトの影MODとチャンクの重さを検証!グラボ別fpsとおすすめ推奨ゲーミングPC

マインクラフトは60fps以上で遊びたい!

マインクラフトがここまで世界的に人気が出るとは思いもしませんでした。今や大人だけでなく小学生もマインクラフトで遊んでいるそうです。でもマインクラフトって設定やMODによって重さが大幅に変わるため、意外とハードルの高いゲームです。

一般的にPCゲームの重さを決定するのは画質と解像度です。でもマインクラフトはMODとチャンクで一気に重くなります。バニラでやるなら格安のゲーミングPCで充分ですが、影MODのような重いMODを入れるならハイスペックPCがおすすめです。

重かったらとりあえずチャンクを低くしよう

チャンク(chunks)とは「どこまで遠くが見えるか」を設定できる項目です。デフォルトは16になっています。チャンクの数値を高くすれば遠くまで見えるようになるので、村やバイオームの発見が用意になります。しかし重くなってしまいます。

ではどれくらい重くなるのか検証してみましょう。解像度は1920×1080まで引き伸ばして、ビデオ設定は以下のように設定しました。検証に用いたゲーミングPCはCPU:Core i7-4790、メモリ:16GB、グラボ:GeForce GTX1060、GTX1070、GTX1080です。(グラボは今後増やします)

フレームレートはFrapsで計測しています。垂直同期がオンのままだと60fpsまでしか出ないので、オフにした上で最大フレームレートを240fpsに設定しました。Minecraftでは60fps以上出せるようにするのがおすすめです。60fps未満だとカクカクに感じます。

Optifineでマインクラフトの重さを検証

チャンク8だとこの範囲しか見えませんが・・・

チャンク32だと遥か遠くまで見渡せます。もう別世界ですね。

バニラだとチャンクを上げると異常に重くなります。例えばチャンク32とかにするとハイスペックゲーミングPCでも20fpsくらいしか出ません。そのためマインクラフトを軽量化してくれるOptifineというMODを入れた状態で計測しました。

Optifineを入れた効果は劇的で、上の表のようにチャンク32でも200fps以上出ています。これならハイスペックではなくミドルスペックのゲーミングPCでもマインクラフトをサクサク動かせます。

影MODの重さを検証

マインクラフトで最も人気のあるMODは影MODです。バニラのままだと味気ないため、臨場感を出すためにライティングを調整するMODを入れる人が大勢います。ただ、影MODをいっても種類は様々です(調べるとたくさん出てきます)。

そこで今回は影MODとして非常に軽い部類である「Optifine」+「KUDA-Shaders v6.2.81 – Default」を使用しました。マインクラフトのバージョンは1.10.2です。

設定はこんな感じです。デフォルトのままやってみました。

やはり影MODはいいですね。臨場感が全然違います。

激重!まさかここまで重くなるとは予想していませんでした。chunksが低ければ問題ないですが、「チャンクを上げる + 影MOD」の状態にすると一気に重くなります。

ただ、60fps以上出したい場合、ミドルスペックならchunks 16、ハイスペックならchunks 24くらいまで耐えられることがわかりました。あと色々なMODを入れるならCPUとメモリ量も非常に重要になります。

おすすめのマインクラフト推奨PC

今のところBTOメーカーから正式にマインクラフト推奨PCは販売されていないようです。MODやバージョンで重さが変わるので仕方がないかもしれません。だから個人的におすすめのゲーミングPCを選出してみました。

ドスパラ 「ガレリア XT」

  • OS:Windows10 Home 64bit
  • CPU:Core i7-7700
  • メモリ:8GB
  • グラボ:GeForce GTX1060 6GB
  • 容量:2TB HDD

影MODを導入したいならガレリア XTがおすすめです。今回の検証でもGTX1060が非常に優秀なグラフィックボードだとわかりました。しかも結構安いのでマインクラフトに最適なゲーミングPCです。


ドスパラ 「ガレリア ZF」

  • OS:Windows10 Home 64bit
  • CPU:Core i7-7700K
  • メモリ:16GB
  • グラボ:GeForce GTX1070 8GB
  • 容量:500GB SSD + 3TB HDD

影MODだけでなく大規模MODを入れてMinectaftをたっぷり楽しみたいならハイスペックPCが必要です。特に大掛かりな罠や自動収穫装置を作る場合、CPUやメモリ量に余裕がないと本当にカクカクするので注意が必要です。


G-Tune 「NEXTGEAR-MICRO im570SA10」

  • OS:Windows 10
  • CPU:Core i5-7500
  • メモリ:8GB
  • グラボ:GeForce GTX1060 3GB
  • 容量:240GB SSD + 1TB HDD

バニラや軽量化MODでサクッとプレイするだけなら格安のゲーミングPCがおすすめです。でも最新グラフィックボードのほうがコスパが良いため、GTX1060 3GBがいいでしょう。これならチャンク16にしてもサクサクです。

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、フェイス、エイリアンウェアなどのゲームPCを使用した経験があります。

ゲーム PCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲームPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA1-SH2-GPB

    GTX1060搭載なのに13万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ