ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーム推奨PC > PSO2推奨スペックとグラボ別fpsとおすすめゲーミングPC

PSO2推奨スペックとグラボ別fpsとおすすめゲーミングPC

もしかするとPSO2は今一番人気のMORPGかもしれません。アクション性の高さ、ゲームバランス、戦闘の楽しさ、協力プレイなどが本当に優れています。PSO2のようにプレイヤースキルが重要なオンラインゲームでは、プレイ環境が大切です。低スペックなパソコンでカクカクな状態でプレイしていると、思った通りの操作ができなくてストレスが溜まります。味方にも迷惑をかけてしまうでしょう。

だからPSO2がぬるぬる動くパソコンを使うことが重要です。でも別に超ハイスペックPCを買う必要はありません。PSO2推奨スペックを満たすミドルスペックゲームPCがおすすめです。ミドルスペックは10万円前後でコスパが良いため、とても人気があります。BTOメーカーの売れ筋ランキングを見ていると、ほとんどがミドルスペックなのも納得です。

PSO2推奨スペック

ではPSO2を快適にプレイするためにはどれくらいのスペックが必要なのでしょうか。PSO2公式に動作環境が掲載されているのですが、推奨スペックは発表されていません。個人的な意見になりますが、以下のスペックを満たすと滑らかに動作すると感じています。

OS CPU
Windows10 64bit Core i7-6700
グラフィックボード メモリ
nVidia GeForce GTX1050以上 8GB以上

このPSO2推奨スペックは決して適当な構成ではありません。これまであらゆるゲーミングPCでPSO2ベンチマークスコアを計測した結果、PSO2で100fps以上出すためにはそれなりのグラフィック性能が必要なことがわかっています。

特にPSO2が大型アップデートされ、グラフィック設定に「設定6」が追加されてからはグラフィックだけでなくCPUやメモリの性能も大きく影響するようになりました。

PSO2ベンチマークスコアを比較

例えばGTX1060 6GBを搭載したデスクトップとノートを比較してみましょう。グラフィック性能はほぼ一緒、メモリは同じく16GB、大きく違うのはCPUです。PSO2ベンチマークを設定6で走らせた結果、以下のようなスコアになりました。

Core i7-6700 + メモリ16GB + GTX1060 Core i7-6700HQ + メモリ16GB + GTX1060
50731 18964

デスクトップとノートのグラフィック性能だけを考えたら、10%以内のスコア差に収まるはずです。それなのに2倍以上のスコア差が付いています。このようにPSO2はCPUやメモリの性能も非常に重要なのです。

PSO2のフレームレートを検証

PSO2ベンチマークのスコアだけでは不十分です。やはり実際のプレイしている時にどれだけサクサクになるかが最重要です。そこでPSO2のフレームレートをグラフィックボード別に計測しました。

PSO2のグラフィック設定

グラフィック設定は「簡易設定」を6に、「画面」はウィンドウモードの1920×1080にして、最大フレームレートを120fpsにしました。無制限にしてしまうとゲーミングPCにとてつもなく負担がかかるので、fps制限はかけておいたほうが良さそうです。

PSO2フレームレート比較表

fpsを計測したゲーミングPCのスペックは「CPU:Core i7-4790、メモリ:16GB PC3-12800、グラボ:GTX1060 6GB、GTX1070 8GB、GTX1080 8GB」です。グラフィックボードはどれもスタンダードなFounders Editionです。

グラボ 画質 フレームレート
GTX1060 6GB 設定6 100
GTX1070 8GB 設定6 100
GTX1080 8GB 設定6 100

最大fpsを120に設定しているのになぜか100fpsしか出ません。PSO2はちょっとしかやってないのでわかりませんが、ロビーだから100fpsに制限されているのでしょうか。でも基本的には60fps以上出ていれば問題ないので良しとします。

最高画質の設定6でも100fps出ているので、わざわざGTX1080のようなハイスペックなグラフィックボードを選ぶ必要はなさそうです。GTX1060を搭載したミドルスペックゲーミングPCがおすすめです。

ちなみにメモリは700MB弱しか使っていないので8GBで大丈夫です。ただ16GBにするとベンチマークスコアが伸びることがありますし、他のオンラインゲームをする際にもメモリ16GBあったほうが安心です。優先度は低いので「予算に余裕があれば16GBにする」くらいの気持ちでOKです。

PSO2におすすめのゲーミングPC

ではBTOメーカーが販売しているBTOパソコンからPSO2におすすめのゲーミングPCをご紹介します。ドスパラ、G-TuneでPSO2推奨PCのラインナップを調べてみたので参考にしてください。

ドスパラ 「ガレリア XT」

  • OS:Windows10 Home 64bit
  • CPU:Core i7-7700
  • メモリ:8GB
  • グラボ:GeForce GTX1060 6GB
  • 容量:2TB HDD

性能とコスパを考えたらドスパラのデスクトップが最強におすすめです。このガレリア XFにはGeForce GTX1060 6GBが搭載されていて、素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれます。詳しくはレビューをご覧ください。

ドスパラでも特に人気の高いゲーミングPCです。PSO2ベンチマークは50000を越えます。PSO2推奨PCにも選出されているのでこのデスクトップを選んでおけば大丈夫です。


G-Tune 「NEXTGEAR-MICRO im570BA7-PSO2」

  • OS:Windows10 64bit
  • CPU:Core i5-6400
  • メモリ:8GB
  • グラボ:GeForce GTX1050(2GB)
  • 容量:1TB HDD

G-Tuneにはデスクトップ4台あり、それぞれスペックが異なります。一番格安なモデルは10万円以内に収まっていますが、最高画質でプレイするのはちょっと難しいかもしれません。でも以前ベンチマークを計測したときは、高画質ならかなり滑らかに動作しました。


ドスパラ 「ガレリア GKF1060GF」

  • OS:Windows10 64bit
  • CPU:Core i7-7700HQ
  • メモリ:8GB
  • グラボ:GeForce GTX1060 6GB
  • 容量:250GB SSD + 1TB HDD

PSO2推奨ノートPCではありませんが、ドスパラにちょうどいいゲーミングノートPCがありました。PSO2ベンチマークは最高画質の設定6でも60fps以上出せたので抜群の性能です。

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ