ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーム推奨PC > PUBG推奨スペックとグラボ別fpsとおすすめゲーミングPC

PUBG推奨スペックとグラボ別fpsとおすすめゲーミングPC

近頃、100人のサバイバルゲームPUBG(PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS)が大流行しています。これはTPSとFPSの要素があり、索敵を含めた立ち回りが重要なのでFPSプレイヤーに人気があるようです。

ぱっと見た感じだとそれほどグラフィックが綺麗ではないのですが、どうやらPUBGは異常なほど重いようです。動作環境やベンチマークを調べてみたのでPUBGにおすすめのゲーミングPCをご紹介します。

PUBGの最低動作環境と推奨スペック

steamに公式サイトに記載されている動作環境をご紹介します。

PUBG最小動作環境

OS Windows 7/8.1/10 64bit
CPU Intel Core i3-4340
メモリ 6GB
グラフィックボード NVIDIA GeForce GTX660

今のところ最小動作環境が書かれているだけでPUBG推奨スペックは明らかにされていません。確かにPUBGはまだアーリーアクセスの段階ですし、今後のアップデートで重さがどんどん変わるでしょうから仕方がありません。

なお、今後重くなるか軽くなるかはまったく予想がつきません。軽くなる例はいくつもあります。しかし7DTDのように開発者が突然画質にこだわり始めて急激に重くなる例もあります。

PUBGのfpsを計測(ベンチマーク)

PUBG推奨スペックが公開されていないなら、自分でどれくらい重いのか調べるしかありません。そこでグラフィックボード別・設定別にPUBGのフレームレートを計測してみました。

ただし1つだけ注意して頂きたいのは、「PUBGはマップ、状況、向いている場所によってフレームレートが2倍変わる」ということです。そこそこ軽い場所もある一方で、人や建物が密集している場所は異常なほど重いです。

そしてPUBGはゲームの仕様上、完全に同一条件でベンチマークを計測するのはほぼ不可能です。そのため今回のベンチマークはなんとなく参考する程度に収めてください。

PUBGのグラフィック設定

グラフィック設定はシンプルです。「画面モード」はウィンドウ、「解像度」は1920×1080、「クオリティ」はウルトラ、高、中間、低の4つを試しました。

PUBGはfps制限がかかっていて、最大144fpsまでしか出ません。とはいえ144fpsに達することはほぼありません・・・。

ベンチマークに使用したゲーミングPCはCPUがCore i7-4790、メモリが16GB、グラフィックボードはGTX1060 6GB、GTX1070、GTX1080、GTX1080Tiの4種類です。

PUBGのfps比較表

グラボ 画質 平均fps
GTX1060 ウルトラ 67
82
中間 95
104
GTX1070 ウルトラ 81
94
中間 100
105
GTX1080 ウルトラ 95
103
中間 108
112
GTX1080Ti ウルトラ 105
106
中間 110
113

なんというかグラフィックボードのパワーを全然活かせていないゲームですね。GTX1080Tiで140fpsを越えることもあれば60fps台まで落ちることもあります。とにかく場所によって不安定です。

グラフにすると以下のとおりです。

60fps出せればいいならGTX1060がおすすめです。144fps出すのは無理でもリフレッシュレートの設定で100Hzや120Hzにしたい人もいるでしょう。高リフレッシュレートで遊びたいなら私は断然GTX1080Tiをおすすめします。現在この状態なら今後軽くなる可能性が非常に高いからです。

PUBGにおすすめのゲーミングPC

以上の結果からPUBGにおすすめのゲーミングPCをピックアップします。

ドスパラ 「ガレリア XT」

  • OS:Windows10 Home 64bit
  • CPU:Core i7-7700
  • メモリ:8GB
  • グラボ:GeForce GTX1060 6GB
  • 容量:2TB HDD

PUBGを60fps以上出したい人にはGTX1060 6GBで問題ありません。非常に重い場面だと60fpsを下回ることもありますがほぼほぼ大丈夫です。それにこのデスクトップはドスパラで人気No.1のゲーミングPCということもあり、様々なキャンペーン対象になっていてお得です。


ドスパラ 「ガレリア ZZ」

  • OS:Windows10 Home 64bit
  • CPU:Core i7-7700K
  • メモリ:16GB
  • グラボ:GeForce GTX1080Ti 11GB
  • 容量:500GB SSD + 3TB HDD

将来の軽量化を見込んだ上で高fpsで遊びたいならGTX1080Tiがおすすめです。今回のバージョンで140fpsを越えたことがあったのはGTX1080Tiだけです。GTX1080Ti搭載ゲーミングPCならこのデスクトップがベンチマークスコアが高く、さらに他のパーツも高性能でおすすめです。


G-Tune 「NEXTGEAR-NOTE i5540SA1」

  • OS:Windows 10
  • CPU:Core i7-7700HQ
  • メモリ:16GB
  • グラボ:GeForce GTX1060 6GB
  • 容量:256GB M.2 SSD + 1TB HDD

ノートPCでPUBGをプレイするならGTX1060搭載モデルがおすすめです。なぜならノートPCの液晶モニターは60Hzが限界だからです。つまり60fps以上出ていれば大丈夫なのです。GTX1060搭載ノートPCでコスパが良いのがこのモデルです。

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、フェイス、エイリアンウェアなどのゲームPCを使用した経験があります。

ゲーム PCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲームPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA1-SH2-GPB

    GTX1060搭載なのに13万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ