ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーム推奨PC > FF14推奨スペックとグラボ別fpsとおすすめゲーミングPC

FF14推奨スペックとグラボ別fpsとおすすめゲーミングPC

2015年6月から正式サービスが開始したFF14:蒼天のイシュガルドは、初期のFF14とはあらゆる面で異なっています。システムはもちろんのこと、グラフィックも大きく進歩しました。

元々綺麗なグラフィックがさらに繊細になったのです。当然パソコンに求められるスペックも上がりました。

古いパソコンを使っていたのでは、まともにプレイすることはできません。起動すらできない人が多くいるようです。でも自分のパソコンが新生FF14に耐えうるかなんて、パソコンに詳しくない人にはわかりませんよね。そこでグラフィックボード別にフレームレートを計測してみました。

FF14:蒼天のイシュガルド推奨スペック

FF14:蒼天のイシュガルドになってDirectX9だけでなくDirectX11を選べるようになりました。多くの人が高画質なDirectX11を選んでいます。ただ、DirectX11のほうがちょっとだけ重いのでFF14推奨スペックをまずは確認してみましょう。

OS CPU
Windows7 64bit Core i5 2.66GHz以上
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX 760以上 8GB以上

MMORPGのなかでもトップクラスに重いです。これより重いのって黒い砂漠だけかもしれません。OSはWindows7が指定されていますがなんでもいいです。Windows10で問題なく動作します。

CPUはCore i5でもCore i7でもいいです。ゲーミングPCに搭載されているCPUなら動作周波数をクリアしています。メモリも同様に8GBあればいいですが、他のゲームをしたり配信したりするなら16GBにすることをおすすめします。今後さらにFF14が重くなる可能性は高いですからね。

グラフィックボードはGTX760です。GTX10シリーズならGTX1050Ti以上なら大丈夫です。ただしこれまで100種類以上のゲーミングPCをレビューし、FF14ベンチマークを計測した経験から言うと、最高画質の設定でプレイするならGTX1060以上をおすすめします。

FF14のフレームレートをグラボ別に計測

FF14推奨スペックやFF14ベンチマークのスコアはある程度の参考にはなります。とはいえ完璧ではありません。やはり最も参考にすべきなのはゲームプレイ中のフレームレートです。

そこでFF14のフレームレートを画質別・グラボ別に計測してみました。いつもならFrapsでの定点観測ですが、FF14は場所や条件によってフレームレートが大幅に変動するため、移動しながら1分間計測し続けて、最小fps、平均fps、最高fpsを調査しました。

ただし適当に移動してしまうと条件が変わってしまうので、「ホライズンからウルダハまでチョコボ屋で移動」という手段を取ることにしました。なぜそんな辺鄙な場所で?と思うかもしれませんね。特に意味はありません。久しぶりにログインしたらたまたまそこにいただけです。

FF14のグラフィック設定

画面設定は「ウィンドウモード」、解像度は「1920×1080」、描画制限(fps制限)は「無制限」にしました。グラフィック設定はプリセットで「最高品質」「高品質」「標準品質」の3種類にしました。

fpsを計測したゲーミングPCのスペックは「CPU:Core i7-4790、メモリ:16GB PC3-12800、グラボ:GTX1060 6GB、GTX1070 8GB、GTX1080 8GB」です。

FF14フレームレート比較表

グラボ 画質 最小fps 平均fps 最高fps
GTX1060 6GB 最高品質 89 99 111
高品質 102 112 127
標準品質 128 149 180
GTX1070 8GB 最高品質 109 127 149
高品質 109 132 161
標準品質 116 140 177
GTX1080 8GB 最高品質 110 134 157
高品質 110 135 165
標準品質 119 151 187

ちょっと複雑な比較表になってしまったので、平均fpsだけを抜き出したグラフを用意しました。

まず標準品質で遊ぶならグラボごとに差はほとんどありません。GTX1060でいいでしょう。でも高品質や最高品質になるとGTX1060とGTX1070にかなりの差が出ています。逆にGTX1070とGTX1080の違いはほとんどありません。

ちなみにいくつかの街で計測したところ、最高品質だとGTX1070でも60fpsギリギリなんて場所もあったので、高品質や最高品質の画質設定で常時60fps以上を安定させたいならGTX1070がおすすめです。

FF14推奨ゲーミングPCを比較

BTOメーカーはFF14推奨PCとして、ハイスペックなデスクトップやノートPCを提供しています。でもFF14に限っては推奨PCを選ぶメリットってほとんどないので、普通のゲーミングPCからおすすめのモデルをご紹介します。

ドスパラ 「ガレリア XT」

  • OS:Windows10 Home 64bit
  • CPU:Core i7-7700
  • メモリ:8GB
  • グラボ:GeForce GTX1060 6GB
  • 容量:2TB HDD

ほとんどの場所で60fps以上出るミドルスペックゲーミングPCです。標準画質でサクサクを目指すのにぴったりな性能です。また、CPUの性能に余裕があるのも嬉しいポイントです。ドスパラで一番売れているゲーミングPCですから、このデスクトップを使っているFF14プレイヤーはたくさんいます。


G-Tune 「NEXTGEAR-MICRO im570SA10」

  • OS:Windows 10
  • CPU:Core i5-7500
  • メモリ:8GB
  • グラボ:GeForce GTX1060 3GB
  • 容量:240GB SSD + 1TB HDD

もっと安いゲーミングPCがG-Tuneにあります。Core i5、GTX1060 3GBが安さの理由です。それでもFF14を普通に遊ぶには問題ない性能を持っています。ただしGTX1060 6GBのほうが高性能なことは覚えておきましょう。


ドスパラ 「ガレリア ZF」

  • OS:Windows10 Home 64bit
  • CPU:Core i7-7700K
  • メモリ:16GB
  • グラボ:GeForce GTX1070 8GB
  • 容量:500GB SSD + 3TB HDD

FF14を最高品質でプレイして、しかも絶対に60fps以上を維持したい人にはGTX1070搭載のハイスペックゲーミングPCをおすすめします。さすがにこんなに高性能なデスクトップが必要なのか疑問に思う人もいるでしょうけど、今回の検証からするとこういう結論になりました。

基本的にはGTX1060で充分ですが、「活躍したい!」「パーティメンバーの足を引っ張るのは嫌だ!」「FF14を録画、配信したい」と思うならこのゲーミングPCを選んでください。

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、フェイス、エイリアンウェアなどのゲームPCを使用した経験があります。

ゲーム PCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲームPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲームPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA1-SH2-GPB

    GTX1060搭載なのに13万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ