ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > Ryzen 7 1700搭載!G-Tune NEXTGEAR-MICRO am540SA1 性能レビュー

Ryzen 7 1700搭載!G-Tune NEXTGEAR-MICRO am540SA1 性能レビュー

Ryzen CPUとゲームの相性を探る!

BTOメーカーから続々とRyzen搭載ゲーミングPCが発売されています。ここまでAMD CPUを搭載したゲーミングPCが豊富になったのは初めてではないでしょうか。それだけ話題性があり、性能・コスパが良いのでしょう。

今回はRyzen 7 1700とGTX1060 3GBを搭載したG-TuneのミドルスペックゲーミングPCをレビューしていきます。いつものようにグラフィック性能を紹介しつつ、CPU性能のベンチマークも計測してみます。

NEXTGEAR-MICRO am540SA1はこんな方におすすめ!

マルチコア・マルチスレッドを活用したい!
コスパ抜群のゲーミングPCが欲しい!
AMD RyzenシリーズのCPUが気になる!

NEXTGEAR-MICRO am540SA1のスペック

*この記事のパソコンはレンタル品です。商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 64bit AMD Ryzen 7 1700
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1060 3GB 8GB PC4-19200
ストレージ チップセット
240GB SSD + 2TB HDD AMD B350 チップセット
光学ドライブ 電源ユニット
なし 500W(80PLUS SILVER)

NEXTGEAR-MICRO am540SA1の価格と詳細はこちら

GTX1060、メモリ8GB、SSD + HDDというパーツ構成は典型的なミドルスペックゲーミングPCです。G-Tuneに限らずどのBTOメーカーでもこのパーツ構成が大人気です。

しかしCore i5-7500やCore i7-7700ではなくRyen 7 1700を搭載しているのがNEXTGEAR-MICRO am540SA1の最大の特徴です。Core i5-7500は4コア・4スレッド、Core i7-7700は4コア・8スレッドです。そしてRyen 7 1700は8コア・16スレッドとなっており、コア数・スレッド数だけを見ればCore i7-6900Kと同等になっています。

Core i7-6900KといえばハイエンドクラスのCPUです。だからRyen 7 1700を搭載したNEXTGEAR-MICRO am540SA1はさぞかし高額なのだろうと思いきや、他社BTOメーカーのCore i7-7700 + GTX1060とほとんど変わらない価格です。つまりCPUが高性能でありながらコスパ抜群のデスクトップというわけです。

ストレージの速度

240GB SSDと2TB HDDというストレージ構成です。CrystalDiskMarkで速度を計測してみました。

SSDの速度

SSDは「ADATA ASP550SS7-240GM」で、シーケンシャルリードは557MB/s、シーケンシャルライトは365MB/sです。シーケンシャルリードが高速なので普段使いはサクサクです。

HDDの速度

HDDは「SEAGATE ST2000DM006」で、シーケンシャルリードは213MB/s、シーケンシャルライトは208MB/sです。

NEXTGEAR-MICRO am540SA1の外観

次にNEXTGEAR-MICRO am540SA1の外観や接続端子のレビューをしていきます。

NEXTGEAR-MICROシリーズはフロントファンが2つ搭載されています。多くのデスクトップゲーミングPCはフロントファンが1つだけなので、冷却性を重視していることがわかります。実際、NEXTGEARシリーズよりもパーツの温度が低くなる傾向があります。

正面にはマイク入力、スピーカー出力、USB2.0が2つ、USB3.0、電源ボタン、リセットボタンがあります。床置きでも机置きでも使いやすい場所に配置されています。

RYZEN 7のシールが貼ってあります。いつもはINTEL COREのシールが貼っているので新鮮な気分です。

トップケースファンもあります。これは排気用です。

左側は大きなメッシュになっていますがケースファンは搭載されていません。

内部を見てみましょう。下部のフロントファンはストレージを冷やす役割だったんですね。

Ryzen 7 1700のCPUクーラーはAMD純正です。メモリは8GB x 1のシングルチャネルです。また、CPUの下にM.2スロットがあります。

グラフィックボードはGTX1060 3GB Founders Editionです。G-TuneにはGTX1060 6GB搭載モデルはありません。

グラフィックボードと電源ユニットの間に拡張スロットがあるのですが、グラフィックボードが近すぎるのとケーブルが邪魔になっているため使えないと思います。

電源を入れるとCPUファンが光ります。写真だとオレンジっぽくなっていますが、実際はもっと赤っぽい色合いです。

左側です。

背面です。CPUの近くに排気のリアファンがあります。

マザーボードのバックパネルにはPS2が2つ、USB3.0が2つ、USB3.1が2つ、LANポート、マイク入力、ラインイン、ラインアウトがあります。この価格帯で高速なUSB3.1端子が2つもあるって凄いです。

GTX1060 3GBの映像出力端子はDVI、HDMI、DisplayPortが3つです。

NEXTGEAR-MICRO am540SA1のベンチマークスコア

CPU性能とグラフィック性能をベンチマークソフトで計測しました。

CINEBENCH R15

CINEBENCHはOpenGL用ベンチマークソフトというイメージが強いですが、最近はCPU性能の計測に使われることが多くなっています。Ryzen 7 1700のCPUスコアは1381cbとなりました。

Core i7-7700だと873cb、Core i7-7700Kだと965cbだったので、Ryzen 7 1700は非常に優秀なCPUだと証明されました。ただしゲームとの相性もあるので注意が必要です。

FF14

最高品質 高品質 標準品質
9365 10276 12609

FF14ベンチマークはすべての設定で「非常に快適」の評価でした。Core i5-7500搭載の「NEXTGEAR-MICRO im570SA2-GPB」は最高品質設定で10633だったので、Ryzen 7 1700とFF14の相性は少し悪いかもしれません。

PSO2

PSO2ベンチマークは何度やっても落ちるので諦めました。

ドラクエ10

ドラクエ10は16368でした。GTX1060なら18000は越えて欲しいところです。

MHF

MHFは28109です。一転してMHFとの相性は抜群です。GTX1060 3GBなら24000くらいなので17%もスコアアップしています。このようにゲームによる相性が見受けられます。あなたがプレイしようとしているゲームと相性がどうなのかを調べるのは相当難しいと思います。ただ、酷いことにはならないはずです。

3DMARK TimeSpy

総合スコア Graphics score Physics score
3982 3755 6066

TimeSpyはDirectX12の最新ゲーム用ベンチマークソフトです。上位56%となかなかの評価です。CPU Scoreが総合スコアを押し上げてくれました。最新ゲームはCPU性能が重要なことが多いので、Ryzen 7シリーズを選ぶのもいいと思います。

3DMARK FireStrike

総合スコア Graphics score Physics score
10690 12120 16534

3DMARKの評価では「上位25%のパソコン」です。TimeSpyと同様にCPUが良い影響を与えています。この性能ならほぼすべてのPCゲームをサクサク動かせます。

また、動画編集やエンコードのようにCPUを酷使する用途には大活躍してくれるので、CPU性能を重視したい人におすすめです。

NEXTGEAR-MICRO am540SA1の価格と詳細はこちら

G-Tuneのおすすめカスタマイズ

★G-Tune 秋の売れ筋パソコン特集!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ