ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > RTX2060搭載!ドスパラ ガレリア XV 性能レビュー

RTX2060搭載!ドスパラ ガレリア XV 性能レビュー

約15万円で購入できるのに意外と高性能!

ドスパラのガレリア XVが生まれ変わりました。以前はGTX1070Tiのグラフィックボードを搭載していましたが、最新のRTX2060に変更となりました。最新機種なのにいきなり結構安い価格で販売されています。

おそらく2019年のゲーミングPCでは本命であり定番の存在になるでしょう。ガレリア XVがどのような性能でコスパが良いのかどうか検証してみました。

ガレリア XVはこんな方におすすめ!

コスパ抜群のゲーミングPCが欲しい!
最新ゲームもカバーできる性能にしたい!
20万円以下のゲーミングPCを探している!

ガレリア XVのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 64bit Core i7-8700
グラフィックボード メモリ
GeForce RTX2060 6GB 8GB(PC4-21300)
ストレージ チップセット
500GB SSD + 1TB HDD インテル H370
光学ドライブ 電源ユニット
DVDスーパーマルチドライブ 650W(80PLUS BRONZE)

ガレリア XVの価格と詳細はこちら

最近ドスパラで売れているゲーミングPCはCore i7-8700、メモリ8GBに何かしらのグラフィックボードが搭載されたものです。例えばRTX2070搭載の「ガレリア XF」は売れ筋ランキング1位を確保し続けています。同様にこのRTX2060搭載のガレリア XVも人気です。

ただ私はこのままのパーツ構成で買うよりもメモリは増やすべきだと考えます。各ゲームのベンチマークを計測しているのでわかるのですが、メモリ8GB以上を使うPCゲームが近年本当に増えてきています。それに8GBよりも16GBにしたほうがサクサクになることが検証で判明しています。

あと変更を検討するならストレージです。1TB HDDだとちょっと少なく感じます。ゲームをがつがつインストールするとあっという間に埋まってしまいます。私なら500GB SSD + 2TB HDDにします。

ストレージの速度

ガレリア XVに搭載されているストレージはどれくらいの速度なのかcrystalDiskMarkで計測してみました。

SSDの速度

SSDは「Western Digital WDS500G2B0B」で、シーケンシャルリードが558MB/s、シーケンシャルライトが522MB/sです。ランダムアクセスは読み込みよりも書き込みのほうがかなり速いという変な結果になりました。

HDDの速度

HDDは「東芝 DT01ACA100」でシーケンシャルリードが208MB/s、シーケンシャルライトが208MB/sです。Seagate製よりも東芝製のほうが高速なことが多いです。

ガレリア XVの外観

次にガレリア XVの外観や接続端子のレビューをしていきます。

ガレリア XT」や「ガレリア ZV」と同じミドルタワーケースです。

正面にはUSB3.0が2個、SDカードリーダー、マイク端子、ヘッドホン端子、リセットボタン、電源ボタンが搭載されています。またDVDスーパーマルチドライブが標準搭載されています。

ガレリア DT」とは違い、上部に2つの排気口があります。ガレリア Xシリーズは大抵奥側にだけケースファンが付いています。

同じ通気口でも左側のは吸気口です。

ストレージのシャドウベイは5つあり、あと4つ空いています。

サイドフローのCPUクーラーが採用されています。水冷クーラーに変更することもできます。

グラフィックボードは「PALIT GeForce RTX 2060 GamingPro」です。ドスパラはPALIT製のグラフィックボードを採用していることが多いですね。マザーボードは「PRIME H370-A」で、拡張性もしっかりしています。

SSDは2.5インチではなくM.2です。CPUの下に設置されています。

右側です。

背面です。

マザーボードのバックパネルにはPS2、USB2.0が2つ、USB3.0が2つ、USB3.1が2つ、LANポート、マイク入力、ライン入力、ライン出力があります。

RTX2060の映像出力端子はDVI-D、HDMI、DisplayPortです。どれに接続するか迷った場合はDisplayPortがおすすめです。

ガレリア XVの温度

ベンチマークソフトを1時間動作させて各パーツがどれくらいまで温度が上がるか計測しました。CPU(Core i7-8700)は最大86℃、HDDは最大32℃、SSDは最大43℃、RTX2060は最大62℃まで上がりました。CPUの温度が結構高くなりました。CPUクーラーやCPUグリスの変更で対応するのがおすすめです。

ガレリア XVのベンチマークスコア

ガレリア XVの性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 低品質
7970 10546 12988

FF15は標準画質でならそこそこ快適に遊べそうです。低画質なら最高評価なのでサクサクでしょう。最新ゲームもしっかり遊べるグラフィック性能ですね。ただしFF15の推奨メモリ容量は16GBなので要注意です。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
15712 16426 19739

FF14はFF15とは比較にならないほど軽いので余裕です。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
87075 103331 126828

RTX2060だとPSO2ベンチマークは80000を安定して越えてきます。例えば同じRTX2060搭載のガレリア ZVのスコアは96920でした。

ドラクエ10ベンチマーク

ドラクエ10は21946です。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは43859でした。GTX1070Tiとほぼ互角です。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
7434 7545 6863

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyでは「上位29%」の評価でした。CPUとグラフィックボードのバランスがとても良好ですね。売れ筋ランキング上位なのも納得です。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
17614 19774 18450

3DMARK FireStrikeの評価では「上位10%のパソコン」です。20万円以下で購入できるのに上位10%のハイスペックってとんでもないことです。高性能でコスパも抜群ですから多くの人におすすめしたいゲーミングPCです。

ガレリア XVの価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

ページの先頭へ

ページの先頭へ