ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > RTX3080搭載の決定版!ドスパラ ガレリア XA7C-R38 性能レビュー

RTX3080搭載の決定版!ドスパラ ガレリア XA7C-R38 性能レビュー

ハイスペックどころかハイエンドな超絶性能だと判明!

RTX3080搭載ゲーミングPCで人気なのはCore i9のCPUと組み合わせたモデルです。確かに非常に高性能で、RTX3080に適しているとは思うのですがどうしても高額になりがちです。

もしもあなたがRTX3080搭載ゲーミングPCを安く買いたいならば、Core i7-10700搭載モデルに注目してください。今回はそんなガレリア XA7C-R38をレビューしていきます。

ガレリア XA7C-R38はこんな方におすすめ!

最新の重いオンラインゲームを最高画質でプレイしたい!
オンラインゲームで有利な環境を手に入れたい!
25万円以下の予算でゲーミングPCを買いたい!

ガレリア XA7C-R38のスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Core i7-10700
グラフィックボード メモリ
GeForce RTX3080 10GB GDDR6X 16GB PC4-21300
ストレージ チップセット
512GB NVMe SSD インテル H470 チップセット
光学ドライブ 電源
なし 750W 静音電源 (80PLUS GOLD)

ガレリア XA7C-R38の価格と詳細はこちら

RTX3080といえばRTX2080Tiよりもずっと高性能なグラフィックボードで、RTX3090と同様にハイエンドな部類です。そんな凄い高性能なゲーミングPCなのに25万円以下で購入できるのがこのガレリア XA7C-R38です。

ここ5年くらいの感覚では80番代のハイエンドゲーミングPCって最初は30万円くらいするのが普通でした。でもガレリア XA7C-R38は記事執筆時点で税抜19万円台です。異常なほど激安です。

以前レビューしたCore i9-10900K + RTX3080の「ガレリア UA9C-R38」より約10万円も安いのですから、コスパの良さに驚かされます(メモリ容量やストレージ構成が違いますけどね)。

ただしどれだけ安いからといってこのままのパーツ構成で買うのはおすすめしません。ストレージが512GBしかないので、2TBか3TBのHDDを追加しましょう。もう少しお金をかけてもいいなら1TB NVMe SSD + 3TB HDDがおすすめです。

ストレージの速度

SSDは「PHISON PS5012-E12S-512G」で、シーケンシャルリードは3411MB/s、シーケンシャルライトは2277MB/sです。最近、ドスパラのゲーミングPCに採用されているSSDはほぼPHISON製です。

ガレリア XA7C-R38の外観

次にガレリア XA7C-R38の外観や接続端子のレビューをしていきます。

ガレリア専用のSKケース スタンダードです。「ガレリア UA9C-R38」はSKケース プレミアムでアルミヘアライン外装です。

正面の周囲が青く光ります。

電源ボタン、リセットボタン、USB3.2が4つ、スピーカー出力、マイク入力です。光学ドライブは非搭載です。

上部は三重メッシュ構造の排気口です。

左側からはCPUクーラーやグラフィックボードが見えます。フィルム貼りっぱなしで写真を撮影したので、剥がせばもっと綺麗です。

サイドパネルを取り外してみました。ネジを2つ外すだけなので簡単です。

CPUクーラーはどのブランドの製品なのかわかりませんでした。

RTX3080は「ASUS TUF Gaming GeForce RTX 3080 10GB GDDR6X」です。3連ファンなので冷却性能抜群です。

RTX30シリーズのゲーミングPCをこれまで4種類レビューしてきましたが、ドスパラはどのモデルにもグラボを支える機構を標準設置してくれています。RTX3080やRTX3090はどれも大きくて重いので、このグラボサポートはとても大切です。

マザーボードは「ASUS PRIME H470H-PLUS」です。空いている拡張スロットで使えるのはPCIが2つでしょう。

右側です。青い部分は吸気口です。

背面です。ケースファンはフロント、トップ、リアの3箇所についていて、どれも14cmタイプです。12cmファンよりも静音性に優れています。

マザーボードの接続端子はPS2、USB2.0が2つ、USB3.2 Gen1が2つ、USB3.2 Gen2が2つ、LANポート、マイク入力、ライン入力、ライン出力です。

GeForce RTX3080の映像出力端子はHDMIが2つ、DisplayPortが3つです。合計5つありますが、マルチディスプレイは最大4画面までの対応です。

ガレリア XA7C-R38の温度

3DMARK FireStrikeを動作させながらパーツの温度を計測しました。Core i7-10700は平均54.4℃、最大70℃でした。

GeForce RTX3080は平均53.7℃、最大64℃でした。ハイエンドグラフィックボードとは思えないほど低い温度に収まりました。3連ファンのおかげでしょうか。

ガレリア XA7C-R38のベンチマークスコア

ガレリア XA7C-R38の性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 軽量品質
12579 15587 16920

FF15ベンチマークは高品質でも「非常に快適」の評価です。RTX3070より一段階高いですね。Core i9-10900K搭載の「ガレリア UA9C-R38」は高品質設定で13838だったので、10%のスコア差がついています。重いゲームほどCPUの性能が大切になってきます。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
21480 21987 24394
平均183fps 平均191fps 平均219fps

FF14ベンチマークは20000を越えました。18000付近で途端にスコアが伸びにくくなります。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
121906 119537 169041

PSO2ベンチマークはGTX1660搭載ゲーミングPCの2倍くらいのスコアが出ました。

MHFベンチマーク

MHFは99999です。RTX3070ではカンストしません。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
14856 16982 8692

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyでは「上位2%」の評価でした。最新ゲームを余裕を持ってプレイできる性能です。5年以上はずっとヌルヌル・サクサクが続くはずです。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
28135 42137 20418

3DMARK FireStrikeの評価では「上位2%のパソコン」です。25万円の予算でハイエンド環境を手に入れられるなら妥当でしょう。特にFPSのようなフレームレートが重要なゲームでは、周りのプレイヤーよりも有利になれるため買う価値があります。

Core i7とCore i9とで迷う人が多いと思います。価格は時期によってころころ変わるので、公式サイトで最新の情報を比較した上で決めることをおすすめします。

ガレリア XA7C-R38の価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XA7C-R37

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:RTX2080(8GB)

  • 2 G-Tune PM-B-AF

    RTX2060 SUPER搭載なのに15万円以下!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:RTX2060 SUPER(8GB)

  • 3 ガレリア ZA9C-R80S

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    長年使えるもの嬉しい!

    グラボ:RTX3080(10GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ