ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > GTX1650搭載で格安!ドスパラ ガレリア DH 性能レビュー

GTX1650搭載で格安!ドスパラ ガレリア DH 性能レビュー

Core i5-9400F + GTX1650が10万円以下!

10万円以下のゲーミングPCを買おうとすると、今のところGTX1660は選択肢から外れます。どうしても10万円以上になってしまいます。そこでGTX1660よりひとつ下のグラフィックボードであるGTX1650が候補に入ってきます。

ドスパラでGTX1650搭載の最安値デスクトップゲーミングPCを探してみたところ「ガレリア DH」が該当しました。税抜きだと8万円台、税込みだと10万円以下なのでなんとか予算内に収まるのではないでしょうか。今回はそんなガレリア DHをレビューしていきます。

ガレリア DHはこんな方におすすめ!

10万円の予算でデスクトップゲーミングPCを探している!
軽いゲームを中心にプレイする予定!
やや小型なミニタワーケースを選びたい!

ガレリア DHのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 64bit Core i5-9400F
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1650 4GB 8GB(PC4-21300)
ストレージ チップセット
1TB HDD インテル H310 チップセット
光学ドライブ 電源ユニット
なし 500W 静音電源 (80PLUS BRONZE)

ガレリア DHの価格と詳細はこちら

GTX1660Ti 6GB搭載の「ガレリア DT」と似たようなゲーミングPCに思えますが、実は色々と違います。いえ、確かにドスパラのミニタワーデスクトップですし、Core i5-9400Fやメモリ8GBなのは共通しています。

ガレリア DHのグラボがGTX1650なのは当然として、ストレージは1TB HDDしか搭載していなかったり、電源ユニットの容量が少なかったりといくつかの違いがあります。(無料アップグレードで500W電源になっていることもあります。)

問題はストレージです。私は久しぶりにSSD非搭載のパソコンに触ったのですが、もう本当に遅くて大変でした。普段レビューしているゲーミングPCはどれもSSD + HDDになっていて、定番のベンチマークソフトを全部インストールするのに5分もかかりません。

しかしガレリア DHは各種ベンチマークソフトのインストール完了に20分以上かかりました。これは冗談でも誇張でもありません。本当に何倍もの時間がかかってしまいました。ソフトの起動にも時間がかかっていたので、改めて「SSDは必須だな」と実感しましたよ・・・。

だからあなたがガレリア DHを買うなら絶対にカスタマイズでSSDを追加してから注文してください。それだけですべてが解決します。おすすめは240GB SSDか500GB SSDです。

ストレージの速度

ガレリア DHに搭載されているHDDの速度を計測しました。

HDDの速度

HDDは「東芝 DT01ACA100」で、シーケンシャルリードが129MB/s、シーケンシャルライトが151MB/sです。このHDDなら200MB/s出るはずなんですけど、妙に遅いです。個体差でしょうか。

ガレリア DHの外観

次にガレリア DHの外観や接続端子のレビューをしていきます。

KTMミニタワーケースです。サイズは185(幅)×395(奥行き)×370(高さ) mmで、「ガレリア XT」のようなミドルタワーに比べると高さが8cmくらい小さくなっています。

正面にはUSB3.0が2個、SDカードリーダー、マイク端子、ヘッドホン端子、リセットボタン、電源ボタンがあります。光学ドライブは搭載されていません。

上部は塞がっていて、何か物を置くのにも利用できます。私はヘッドセット置き場として利用しています。

左側には吸気口が2つあります。CPUとグラフィックボードの温度を見る限り、ケースファンは追加しなくて大丈夫です。

底面が塞がっているので、前から後ろへのシンプルなエアフロー設計です。

メモリは最大32GBまで増設できます。

グラフィックボードは「PALIT GeForce GTX 1650 StormX」だと思います。グラボの下にPCIスロットがひとつあるのですが、グラボとの距離がとても近いので使えません。

3.5インチシャドウベイはあと2つ空いています。M.2スロットも空いているので、SSDやHDDの追加に余裕があります。

電源ユニットはAcBel iPower 85 550でした。

右側です。

リアケースファンは回転数の多いものやブルーLEDファン等に変更できます。

マザーボードのバックパネルにはPS2、USB3.0が2個、USB2.0が2個、LANポート、マイク入力、ライン入力、ライン出力があります。

GeForce GTX1650の映像出力端子はDVI-DとHDMIしかありません。映像出力端子が2つしかないグラボは久々に見ました。

ガレリア DHの温度

3DMARK FireStrikeを動作させたところ、CPU(Core i5-9400F)の温度は平均42.3℃、最大56℃でした。とても低い温度で安定しています。

GeForce GTX1650の温度は平均47.4℃、最大65℃でした。グラフィックボードも低い温度です。

ガレリア DHのベンチマークスコア

ガレリア DHの性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

CINEBENCH R15 / R20

CINEBENCH R15 CINEBENCH R20
マルチスレッド 957 cb 2354 cb
シングルコア 175 cb 410 cb

Core i5-9400Fの性能です。Core i7-8700のCINEBENCH R15スコアは197cb / 1409cb なので結構な性能差があります。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 低品質
3883 5139 6751

FF15はGTX1650では厳しそうです。高品質設定だと20fpsくらいしか出ていませんでした。推奨スペック未満なので仕方がありません。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
9051 10376 15440

FF14ベンチマークはFF15より遥かに軽いので大丈夫です。一番綺麗な画質でもしっかり最高評価です。

FF14:漆黒のヴィランズ ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
9417 10642 15025

漆黒のヴィランズも最高画質で遊べる性能です。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
31938 70919 86418

GTX1050 + Core i5-8500より1.5倍くらい高いスコアです。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは17385でした。ガレリア DTに比べて約半分のスコアです。やはりコスパの面ではGTX1660Tiのほうがいいです。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
3613 3437 5096

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyでは「上位79%」の評価でした。つまり下から21%です。最新ゲームはすでにGTX1060 6GBを推奨しているので、GTX1650ではさすがに厳しいです。今後重いゲームをプレイする可能性があるならGTX1660Ti以上のグラボをおすすめします。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
8015 9231 11966

3DMARK FireStrikeの評価では「上位63%のパソコン」です。大抵のゲームはFF14より軽いですから、10万円のゲーミングPCでもしっかりゲームを楽しめます。多くのMMORPG、MOBA、WoTプレイヤーにおすすめのデスクトップです。ただし何度も繰り返すようですが、ストレージはSSD + HDDにしてから購入しましょう。

ガレリア DHの価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

ページの先頭へ

ページの先頭へ