ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ブログ > ゲーム・PCコラム > キーボードの接続端子はPS/2とUSBでどう違うのか

キーボードの接続端子はPS/2とUSBでどう違うのか

キーボードには2種類のインターフェイスがあります。PS/2接続とUSB接続です。どちらか確認せずにキーボードを購入すると困ることになるかもしれません。この記事ではキーボードのPS/2とUSBの違いについて解説します。

PS/2キーボード

まずはPS/2キーボードの特徴を紹介します。

同士押しの制約がない

PS/2キーボード最大のメリットは全キー同時押しが可能なことです。PS/2端子の仕様上制約がなく、Nキーロールオーバーが可能です。そのため以前はFPSゲーマーが好んでPS/2キーボードを使っていました。

過去形なのには理由があり、今はもう一部のUSBキーボードはNキーロールオーバーに対応しているのです。

PS/2端子が必要

ただ、PS/2端子って消えかけています。最近のゲーミングPCを見ているとPS/2端子がひとつもないなんてことがあります。そうするとPS/2からUSBへの変換器を使わなければなりません。

パソコン起動中に接続できない

私がPS/2キーボードを嫌う一番の理由がこれです。間違えてPS/2キーボードを接続せずにパソコンを起動してしまった場合、あとから接続しても認識してくれません。わざわざ再起動しなくてはいけません。

起動中にPS/2キーボードを抜いてしまった場合も同様で、接続してから再起動しないと使えません。「そんな場面ある?」と思うかもしれませんが、私は複数のキーボードと複数のパソコンを使い分けることがあり、PS/2キーボードを接続し忘れたときは「あぁ!!!」とイライラします。

キーボードの種類が少ない

パソコンを購入して無料で付属してくるキーボードはPS/2だったりします。でも普通に販売されているキーボードってもうほとんどがUSBです。

USBキーボード

USBキーボードはメリットだらけです。

Nキーロールオーバーに対応した製品も

USBの仕様では6キーまでしか同時押しができません。しかし現在販売されているゲーミングキーボードの多くはUSB接続なのにNキーロールオーバーです。6キーまでしか同時押しできない仕様を上手く回避しているみたいです(複数のキーボードと認識させたりしています)。

試しに私が使っているRealForceのUSBキーボードが7キー以上同時押し可能か確認してみたら、しっかり認識してくれました。

いつでも抜き差しできる

USBキーボードはパソコン起動中に接続しても認識してくれます。キーボードを交換したとしても大丈夫です。地味ですが大切なメリットです。

それにパソコンにはUSB端子が豊富に備わっています。デスクトップゲーミングPCなら最低でも6個以上あります。だからUSBキーボードを購入しておけば、端子がなくて困ることはまずありません。

ゲーミングキーボードはUSB接続が主流

最も人気のあるキーボード「RealForce」のゲーミングモデルを確認してみたところ、2019年6月現在、34製品すべてがUSBでした。PS/2はひとつもありませんでした。

だからもうわざわざPS/2キーボードを選ぶ理由ってないと思います。もしかしたら私が知らないメリットがあるのかもしれませんけど、USBキーボードばかりの市場を見る限り、USBキーボードで十分だと判断できます。

結論!今ならUSBキーボードがおすすめ

このように違いを比較してみると、今はUSBキーボードのほうが優れています。選択肢も多いですし、これからキーボードを買うならUSBコネクタのタイプをおすすめします。

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

カテゴリー

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

ページの先頭へ

ページの先頭へ