ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > Radeon RX5700搭載!G-Tune EN-A 性能レビュー

Radeon RX5700搭載!G-Tune EN-A 性能レビュー

今どき珍しいRadeon + Ryzenの組み合わせ!

デスクトップゲーミングPCに搭載されているパーツと言えば、INTEL CPUとNVIDIA GeForceシリーズのグラフィックボードの組み合わせが常識でした。でも最近はRyzen CPUの人気が急激に高まりました。

そしてG-TuneからRyzen CPU + Radeonグラフィックボードという非常に珍しいパーツ構成のデスクトップゲーミングPCが発売されました。とても気になったので実機を入手して性能を検証してみました。

G-Tune EN-Aはこんな方におすすめ!

20万円の予算でデスクトップゲーミングPCを探している!
コスパの良いRyzen + Radeonを選びたい!
冷却に優れたパソコンを使いたい!

G-Tune EN-Aのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 64bit Ryzen 7 3700X
グラフィックボード メモリ
Radeon RX5700 8GB 16GB(PC4-21300)
ストレージ チップセット
1TB NVMe SSD AMD X570 チップセット
光学ドライブ 電源ユニット
なし 700W 80PLUS BRONZE

G-Tune EN-Aの価格と詳細はこちら

スペックや価格帯からするとハイスペックゲーミングPCに該当します。Ryzen 7 3700X搭載デスクトップは最近いくつかレビューしました。問題はRadeon RX5700です。グラフィックボード単体の価格を調べてみたところ、GeForce RTX2060よりやや高額なくらいです。

でもゲーミングPC本体の価格になるとRTX2060搭載デスクトップよりかなり安いんですよ。もうこの時点でコスパが非常に良いとわかります。ただRadeon RX5700搭載ゲーミングPCってかなり希少なので、G-Tuneくらいでしか見つからないと思います。

さて他のパーツに目を向けてみるとストレージが気になります。高速なNVMe SSDが1TBも入っているのはいいですけど、2TB HDDか3TB HDDを追加してから購入したほうがいいです。

ストレージの速度

G-Tune EN-Aに搭載されているSSDの速度を計測しました。

SSDの速度

SSDは「CFD CSSD-M2B1TPG3VNF」で、シーケンシャルリードが4998MB/s、シーケンシャルライトが4290MB/sです。究極に高速なSSDです。SATA SSDが500MB/sくらいですから、約10倍も速いです。

G-Tune EN-Aの外観

次にG-Tune EN-Aの外観や接続端子のレビューをしていきます。

正面にUSB端子などはありません。

電源を入れるとG-Tuneのロゴが赤く光ります。

光学ドライブが備わっているように見えますが、実は非搭載です。カスタマイズでDVDドライブやBDドライブを追加可能です。右側に電源ボタンがあります。

上部は塞がっています。以前、G-Tuneが配信でゲーマーにアンケートを取っていて、PCの上に物を置きたいという意見が多かったので、こんな形になったのだと思います。

上部手前にHDMI出力、マルチカードリーダー、USB3.0が4つ、マイク入力、スピーカー出力の端子があります。VRデバイスを使う際に、このHDMIが役立ちます。

左側も塞がっています。吸気は底面と右側からしています。

非常にすっきりとしています。大手BTOメーカーではトップクラスに配線が綺麗です。ケーブルがごちゃごちゃしていないほうが、エアフローを阻害しないのでしっかり冷えるゲーミングPCになります。

CPUクーラーは「AMD Wraith Prism」で電源を入れると光ります。CPUクーラーの光を堪能したい場合は、サイドパネルを「強化ガラスサイドパネル」に変更しましょう。

Radeon RX5700です。

マザーボードは「ASRock X570 Phantom Gaming 4」です。拡張スロットはPCI Express ×1が2つ、PCI Express ×16(x4として動作)が空いています。

底面の下にメッシュがマグネットで付いています。簡単に取り外せて水洗いもできる優れものです。

3.5インチシャドウベイは2つ空いています。

右側です。

背面です。リアファンはEVERCOOL製です。

マザーボードのバックパネルにはPS2、USB3.0が6つ、USB3.1が2つ、LANポート、マイク入力、ライン入力、ライン出力があります。

Radeon RX5700の映像出力端子はHDMI、DisplayPortが3つです。この辺りはGeForceシリーズと同じです。

G-Tune EN-Aの温度

3DMARK FireStrikeを動作させたところ、CPU(Ryzen 7 3700X)の温度は平均51.9℃、最大69.1℃でした。70℃以下に収まっていればまったく問題ありません。

Radeon RX5700の温度は平均55.5℃、最大66℃でした。グラフィックボードも低い温度です。

G-Tune EN-Aのベンチマークスコア

G-Tune EN-Aの性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

CINEBENCH R15 / R20

CINEBENCH R15 CINEBENCH R20
マルチスレッド 2130 cb 4879cb
シングルコア 205 cb 509 cb

Ryzen 7 3700Xの性能です。Core i9-9900KSに近いベンチマークスコアが出ました。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 低品質
6394 10262 13447

FF15ベンチマークは低品質の画質設定なら「非常に快適」の評価が出ました。GTX1660Ti以上RTX2060未満って感じの性能です。

FF14:漆黒のヴィランズ ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
16292 16613 20210
平均115fps 平均121fps 平均170fps

FF14くらいの重さのMMORPGをプレイするには十分な性能です。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
72249 94069 159364

PSO2ベンチマークはRyzen 7 3700X + GTX1660Tiのスコアを超えました。Radeon RX5700の位置付けがわかってきましたね。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは47844でした。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
8232 8004 9819

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyでは「上位27%」の評価でした。ゲーミングPC全体としてはハイスペックな部類ですが、最新機種だけに絞るとミドルスペックに該当します。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
20716 23518 23282

3DMARK FireStrikeの評価では「上位7%のパソコン」です。メモリ16GB、1TB NVMe SSDが搭載されていて18万円以下で購入できるのは、率直に言って激安です。最近はRyzenの攻勢が凄まじいですね。

INTEL CPU搭載のゲーミングPCより明らかに安いので、コスパ重視でRyzen + Radeonにしたい方におすすめのデスクトップです。

G-Tune EN-Aの価格と詳細はこちら

G-Tuneのおすすめカスタマイズ

★2020年1月31日までゲーミングPCが最大4万円引き!★
★G-Tune 期間限定セールでゲーミングPCが安い!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

ページの先頭へ

ページの先頭へ