ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ブログ > ゲーム・PCコラム > OMENコマンドセンターの設定と使い方

OMENコマンドセンターの設定と使い方

先日GTX1070搭載のゲーミングノートPC「OMEN by HP 17-an000 パフォーマンス・プロモデル」のレビューをしました。どうやらどのOMENのノートPCにも写真のようなキーがあるらしく、押すとOMEN Command Center(オーメン・コマンド・センター)というプリインストールソフトウェアが起動します。(デスクトップにもプリインストールされています)

で、このOMENコマンドセンターにはどのような機能があるのか調べたのでご紹介します。

ホーム

起動するとホーム画面が表示され、各種システムパフォーマンスを閲覧できます。左から順にGPU使用率、CPU利用率、メモリ使用率です。下にあるのは現在のネットワーク帯域幅です。

この手のシステムパフォーマンス監視ツールはたくさんあるわけですが、そこまで頻繁に見る必要がないならOMENコマンドセンターで十分でしょう。重いと感じた時にチェックするような使い方が最適だと思います。

マクロキー

「OMEN by HP 17-an000 パフォーマンス・プロモデル」には6個のマクロキーが搭載されています。この画面でそれぞれのマクロキーに割り当てる設定をします。

マクロキー単体を押した時の動作にプラスして、「Fn + P1」のようにFnキーと組み合わせたマクロも設定できます。つまりマクロキーが6個だったら12種類の動作を登録できます。

FPSで使えるシーンがあるかどうかはよくわかりません。MMORPGやMORPGでは色々な場面で活用できるはずです。

ネットワーク

最後の機能がネットワークブースターです。初期設定だとオフになっています。「自動」か「カスタム」を選択することによりネットワークを最適化、あるいは優先度の変更を実行できます。

例えばブラウザで動画をダウンロードしつつ、steamでゲームのアップデートをしたとしましょう。普通だとお互いの帯域を食い合って、どちらが先に完了するかは運任せです。

でもネットワークブースターで優先度を変更すれば、例えばブラウザでの動画ダウンロードを先に完了させることができます。もちろんサーバー側の速度にも依存するので必ずしも思ったような結果にならないかもしれませんが、いちいち片方のダウンロードを停止するよりは手間がかからなくていいですよね。

またネットワークの設定では「デュアルフォース」という機能もあります。デュアルフォースをオンにすると、有線LANと無線LANの両方とも有効になり、優先度を高くしたものは有線LANで、それ以外のダウンロード・アップロードは無線LANで実施するようになります。普通はどちらか片方しか使わないので、通常の1.5倍くらいの速度を出せるのではないでしょうか。

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

カテゴリー

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ