ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ベンチマークスコア比較 > CPUのベンチマーク・性能比較 > Core i7-8700 ベンチマーク!Core i7-7700や8700Kとの比較も

Core i7-8700 ベンチマーク!Core i7-7700や8700Kとの比較も

品薄なのかわかりませんが、Core i7-8700Kに比べるとCore i7-8700は日本国内に出回るのに随分と時間がかかっている印象です。やっと最近になってCore i7-8700を搭載したゲーミングPCを触る機会があったため、グラフィックボードだけでなくCPUの性能も計測してみました。

Core i7-8700単体のベンチマークだけだとよくわからないでしょうから、同じく第八世代のメインストリームであるCore i7-8700Kと旧世代のCore i7-7700とのベンチマーク比較もします。

Core i7-8700のスペック

まずはCore i7-8700の基本スペックを確認しましょう。

コア数 6
スレッド数 12
定格動作周波数 3.20 GHz
TB最大動作周波数 4.60 GHz
キャッシュ 12 MB
TDP 65 W

まずCore i7-7700と比較すると、コア数・スレッド数が増えています。第七世代まではCore i7のメインストリームは4コア・8スレッドでした。それが第八世代になって6コア・12スレッドになっています。またTDPは65Wと同じ発熱量ながらも、動作周波数はCore i7-7700が最大4.2GHz、Core i7-8700が最大4.6GHzと大幅に伸びています。

次にCore i7-8700Kとの比較です。コア数・スレッド数、キャッシュは同じ。TDPはCore i7-8700が65W、Core i7-8700Kが95Wです。Core i7-7700Kが95Wだったので自然な流れでしょう。ただ、最大動作周波数はCore i7-8700が最大4.6GHz、Core i7-8700Kが最大4.7GHzと僅かな違いしかありません。ここがベンチマークにどのように影響するか注目です。

Core i7-8700のベンチマークスコア

次に各種CPU用ベンチマークソフトで計測したスコアをご紹介します。ベンチマーク環境は以下のとおりです。

OS CPU
Windows 10 Home 64bit Core i7-8700
メモリ グラフィックボード
8GB PC4-21300 GeForce GTX1050Ti 4GB
ストレージ チップセット
250GB SSD + 1TB HDD インテル Z370

エントリーモデルのゲーミングPCを使いました。具体的には「ガレリア ZH」です。ただ本来ならばメモリ16GB搭載した状態でベンチマークしたかったです。そのため狙い通りのスペックのパソコンに触る機会があったら、またベンチマークし直してこの記事を修正する予定です。

CINEBENCH R15

シングルコア マルチコア
197 cb 1409 cb

Core i7-7700だと868 cb、Core i7-8700Kだと1418 cbくらいです。Core i7-7700から大幅な性能アップしたのは当然ですが、気になるのはCore i7-8700Kとの差です。

これまで何度かCore i7-8700とCore i7-8700KをCINEBENCHでベンチマーク計測しましたが、Core i7-8700のほうが高いスコアが出るのを何度も目撃しています。確かに最大動作周波数は僅か0.1GHzしかないので誤差なのかもしれませんが、それならCore i7-8700のほうがコスパが良いと判断したくなります。

7-Zip

CPU使用率 評価 / 使用率 評価
1114 % 2697 MIPS 30371 MIPS

7-Zipは7z形式への圧縮・解凍をするためのソフトウェアです。Core i7-8700Kが「39121 MIPS」、Core i5-8400が「23115 MIPS」でした。常に数値が動くベンチマークソフトなのでいまいち評価しづらいです。

CPU-Z

Single Thread Multi Thread
512.1 3740.8

CPU-Zもシングルとマルチの両方を計測できます。Core i7-8700らしいスコアが出たと思う一方で、やはりCore i7-8700Kとの差は小さいと感じます。Core i7-8700Kは「3829.5」でした。ちなみにCore i9-7980XE6833と圧倒的なスコアです。

CrystalMark 2004R7

ALU FPU
190743 157467

CrystalMarkはあらゆるパーツの性能を計測する総合ベンチマークソフトです。CPUは整数演算速度の「ALU」と浮動小数点演算速度の「FPU」です。どうやらメモリ容量はベンチマークスコアにほとんど影響しないようです。

x264 FHD Benchmark

fps エンコード時間
45.15 56秒

8スレッドのCore i7-7700は29.61 fpsでした。Core i7-8700は12スレッドなのでfpsスコアが大幅に伸びています。エンコードはスレッド数が多いほうが有利です。同じ12スレッドのCore i7-8700Kは46.33 fpsです。

HWBOT x265 Benchmark

FHD 4K
42.34 fps 10.35 fps

H.265用ベンチマークソフトです。1920×1080のフルHDと3840×2160の4K動画をエンコードしています。ここに来てよくわからない結果になりました。Core i7-8700が4Kで10.35 fpsだったのに対し、Core i7-8700Kは23.0 fpsです。なぜ2倍以上の差が生じたのか理解不能です。うーん、やはりまたそのうちベンチマークし直してみます。

いずれにしてもCore i7-8700は相当優秀なCPUだと判明しました。Core i7-8700Kはオーバークロックしたい人向けで、普通に定格ゲーミングPCとして使うだけならCore i7-8700で十分だと思います。

Core i7-8700搭載ゲーミングPCのレビュー

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア ZV

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070Ti(8GB)

  • 2 im590SA1-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア ZZ

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    PUBG推奨PCにも選ばれてます!

    グラボ:GeForce GTX1080Ti(11GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ