ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > ドスパラ ガレリア ZZ 9900KS搭載モデル 性能レビュー

ドスパラ ガレリア ZZ 9900KS搭載モデル 性能レビュー

CPUが高性能だとゲーム用ベンチマークスコアも高くなる!

結構気付きにくいのですが、ドスパラのゲーミングPCには基本モデル以外にCPUを変更したモデルがあります。例えばRTX2080Ti搭載の「ガレリア ZZ」の基本モデルはCPUがCore i9-9900KFで、他にCore i9-9900KSやCore i7-9700K等のモデルもあるのです。

予算や用途に応じてCPUを変更できるのはBTOパソコンのメリットです。今回は超高性能CPUであるCore i9-9900KSを搭載した「ガレリア ZZ 9900KS搭載モデル」の性能をレビューしていきます。

ガレリア ZZ 9900KS搭載モデルはこんな方におすすめ!

30万円の予算でデスクトップゲーミングPCを探している!
長く使える高性能ゲーミングPCが欲しい!
他のプレイヤーよりも有利に戦いたい!

ガレリア ZZ 9900KS搭載モデルのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 64bit Core i9-9900KS
グラフィックボード メモリ
GeForce RTX2080Ti 11GB 16GB(PC4-21300)
ストレージ チップセット
1TB NVMe SSD インテル Z390 チップセット
光学ドライブ 電源ユニット
なし SILVERSTONE 750W 静音電源 (80PLUS GOLD / SST-ET750-G)

ガレリア ZZ 9900KS搭載モデルの価格と詳細はこちら

ガレリア ZZ」と今レビューしている「ガレリア ZZ 9900KS搭載モデル」の違いはCPUだけです。メモリやストレージ等はまったく一緒です。

つまりCore i9-9900KFとCore i9-9900KSのどちらを選ぶかを決めることになります。

Core i9-9900KF Core i9-9900KS
コア数 8 8
スレッド数 16 16
定格クロック 3.60 GHz 4.00 GHz
ブーストクロック 5.00 GHz 5.00 GHz
TDP 95 W 127 W

コア数、スレッド数、ブーストクロック(最大動作周波数)は同じですが、Core i9-9900KSは定格クロックが4.0GHzに向上していて純粋な正常アップを果たしました。

しかもCore i9-9900KSはすべてのコアが最大5.0GHzで動作します。例えばCore i9-9900Kは手動でオーバークロックしないと全コア5.0GHzで動作しなかったため、普通に使うとCore i9-9900KSのほうが明らかに高性能です。

ただしTDPは127Wとかなり増えています。CPUの冷却に気を使う必要があります。とはいえ後述のベンチマーク時の温度を見る限りでは、ガレリア ZZ 9900KS搭載モデルのデフォルトCPUクーラーで大丈夫そうです。

レビュー執筆時点では「ガレリア ZZ」と「ガレリア ZZ 9900KS搭載モデル」の価格差は5000円です。CPUが高性能な方が重いゲームが滑らかに動作しますし、ゲーミングPCを長く使えます。だから予算次第ではありますが、私はガレリア ZZ 9900KS搭載モデルをおすすめしたいです。

ストレージの速度

ガレリア ZZ 9900KS搭載モデルに搭載されているSSDとHDDの速度を計測しました。

SSDの速度

SSDはPHISON製で、シーケンシャルリードが3223MB/s、シーケンシャルライトが2914MB/sです。読み込みも書き込みも爆速な非常に素晴らしいSSDです。ハイエンドゲーミングPCに相応しいSSDです。

ちなみにHDDは搭載されていません。ストレージ容量が1TBでは不安です。私なら2TBか3TB HDDを追加してから購入します。100GB以上のゲームも出てきているので、ストレージ容量はできるだけ多くしたほうがいいです。

ガレリア ZZ 9900KS搭載モデルの外観

次にガレリア ZZ 9900KS搭載モデルの外観や接続端子のレビューをしていきます。

正面です。光学ドライブ非搭載が業界標準になりました。

正面にはUSB3.0が2個、SDカードリーダー、マイク端子、ヘッドホン端子、リセットボタン、電源ボタンがあります。

CPUの冷却性能をアップするために、上部のケースファンを2つ付けるのもアリです。

左側は吸気口です。CPUクーラーとグラフィックボードが見えます。

ハイエンドゲーミングPCにもなると大きなパーツばかりです。パーツ同士の距離をある程度あけたほうがいいので、ミニタワーよりもこのようなミドルタワー以上のケースをおすすめします。

CPUクーラーは「サイズ 虎徹 MarkII」だと思います。

グラフィックボードは「PALIT GeForce RTX 2080 Ti GamingPro」です。私が以前買ったRTX2080Tiもこれです。

マザーボードは「ASRock Z390 PHANTOM GAMING 4」です。青っぽいのはNVMe M.2 SSDです。

拡張スロットで使えそうなのは一番下のPCI Express x1だけでしょう。

初期構成だとM.2 SSDだけなので、3.5インチシャドウベイはすべて空いています。ここにHDDやSSDを最大5個追加できます。

右側です。

背面です。

マザーボードのバックパネルにはPS2、USB3.0が2つ、USB3.1、USB3.1 Type-C、USB2.0が2つ、LANポート、マイク入力、ライン入力、ライン出力があります。

GeForce RTX2080Tiの映像出力端子はUSB Type-C、HDMI、DisplayPortが3つです。マルチディスプレイへの出力は最大4画面まで対応しています。

ガレリア ZZ 9900KS搭載モデルの温度

3DMARK FireStrikeを動作させたところ、CPU(Core i9-9900KS)の温度は平均48.1℃、最大81℃でした。TDP 127Wはどんなものかと不安でしたが、初期搭載のCPUクーラーで大丈夫です。

GeForce RTX2080Tiの温度は平均55.6℃、最大68℃でした。70℃以下なのは本当に凄いです。ハイエンドながら冷却性能も優れた素晴らしいゲーミングPCだとわかりました。

ガレリア ZZ 9900KS搭載モデルのベンチマークスコア

ガレリア ZZ 9900KS搭載モデルの性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

CINEBENCH R15 / R20

CINEBENCH R15 CINEBENCH R20
マルチスレッド 2141 cb 4830 cb
シングルコア 217 cb 516 cb

Core i9-9900KSの性能です。「ガレリア ZZ」のCore i9-9900KFとほとんど同じスコアです。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 低品質
12752 16372 19831

FF15ベンチマークは高画質設定でも「非常に快適」の評価です。さすがハイエンドゲーミングPCですね。激重なゲームも超快適にプレイできるとわかりました。

FF14:漆黒のヴィランズ ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
20560 21191 24311
平均162fps 平均173fps 平均213fps

FF14ベンチマークはほとんど上限のスコアに達しました。一度も60fps未満にならなかった点も高評価です。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
163462 167811 244794

PSO2ベンチマークは歴代最高スコアが出ました。設定6で16万を越えるとは・・・。ドン引きするほど高性能です。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは82529でした。ゲーム用ベンチマークソフトだと全体的にCore i9-9900KFよりも高いスコアが出ています。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
13249 13748 10990
製品名 グラボ ベンチマーク(総合スコア)
ガレリア ZA9C-R80T RTX2080Ti
13036
ガレリア ZG RTX2080 SUPER
11460
ガレリア XA7C-R70S RTX2070 SUPER
9790
ガレリア XV RTX2060 SUPER
8075
ガレリア XT GTX1660 SUPER
6208
ガレリア XJ GTX1660
5657
ガレリア DH GTX1650
3613

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyでは「上位3%」の評価でした。Core i9-9900KSのほうが3.3%高いスコアです。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
27145 33641 26306
製品名 グラボ ベンチマーク(総合スコア)
ガレリア ZA9C-R80T RTX2080Ti
25603
ガレリア ZG RTX2080 SUPER
24121
ガレリア XA7C-R70S RTX2070 SUPER
21114
ガレリア XV RTX2060 SUPER
18804
ガレリア XT GTX1660 SUPER
14380
ガレリア XJ GTX1660
12326
ガレリア DH GTX1650
8015

3DMARK FireStrikeの評価では「上位1%のパソコン」です。まさしく最強のゲーミングPCだと証明されました。ちょっと前なら40万円くらいしていたのに、今見たら30万円ですよ。とんでもなく激安になりました。

とにかく快適性を追求したいPCゲーマーにおすすめです。FPSなら他のプレイヤーよりも有利に戦えるわけですから、自然と勝率が向上し、上達も早くなりますよ。

ガレリア ZZ 9900KS搭載モデルの価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XA7C-R70S

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:RTX2070 SUPER(8GB)

  • 2 G-Tune PM-B-AF

    GTX1660 SUPER搭載なのに約13万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GTX1660 SUPER(6GB)

  • 3 ガレリア ZA9C-R80S

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    長年使えるもの嬉しい!

    グラボ:RTX2080 SUPER(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ