ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > ドスパラ Magnate MH 性能レビュー!ホームPCでもゲームを遊べる

ドスパラ Magnate MH 性能レビュー!ホームPCでもゲームを遊べる

GTX1650搭載なのに約8万円で買える激安デスクトップ!

パソコンでゲームをを遊ぶために必要なのはゲーミングPCです。でも必ずしもゲーミングPCである必要はありません。というのも普通のホームPCでもスペックさえしっかりしていれば、ゲームはサクサク動くからです。

例えばドスパラが販売しているMagnate MHです。10万円以下で購入できるのにグラフィックボードを搭載しています。そんなMagnate MHの実機を入手したので性能を検証してみました。

Magnate MHはこんな方におすすめ!

10万円以下のゲーミングPCが欲しい!
あまり重いゲームはプレイしない予定!
静音性に優れたデスクトップを選びたい!

Magnate MHのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Core i5-9400
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1650 4GB 16GB PC4-21300
ストレージ チップセット
240GB SSD + 1TB HDD INTEL H310 チップセット
光学ドライブ 電源ユニット
DVDスーパーマルチドライブ 400W 静音電源 80PLUS

Magnate MHの価格と詳細はこちら

約8万円で買えるのに異常なほどしっかりしたスペックです。しかしそれには理由があって、どうやら今回レビューしているMagnate MHはキャンペーン中のモデルで、色々な部分がアップグレードされていたみたいです。

公式ページを今見てみたら、メモリ8GB、HDDなし、光学ドライブなしでした。試しにメモリ16GB、240GB SSD + 1TB HDD、DVDスーパーマルチドライブ搭載にカスタマイズしてみたところ、それでも10万円以下で収まったので激安なことに変わりありません。

私ならメモリ16GB、500GB SSD + 1TB HDD、光学ドライブなしのパーツ構成にします。SSDは500GB以上あったほうが後々困りません。光学ドライブは滅多に使わないため、必要になったタイミングで外付けを買えばいいと思います。

ストレージの速度

SSDは「Crucial BX500 CT240BX500SSD1」でシーケンシャルリードは557MB/s、シーケンシャルライトは473MB/sです。

HDDは「TOSHIBA DT01ACA100」で、シーケンシャルリードは203MB/s、シーケンシャルライトは202MB/sです。

Magnate MHの外観

次にMagnate MHの外観や接続端子のレビューをしていきます。

Magnate MHはミニタワーケースです。ただしゲーミングPCのガレリアシリーズとは違い「Diginnos EM041」という名称のケースです。

光学ドライブはDVD-ROMドライブやブルーレイドライブも用意されています。

正面にはUSB3.0が2つ、スピーカー出力、マイク出力、リセットボタン、電源ボタンがあります。SDカードリーダーの類はありません。

上部に吸気口はありません。ミニタワーケースだと塞がっているのがスタンダードです。

左側に吸気口があります。ケースファンの追加はできません。

内部の様子です。マザーボードやグラフィックボードを含め、全体的にコンパクトにまとまっています。左から吸気、背面に排気するシンプルなエアフロー設計です。

CPUクーラーはINTEL純正の「E97379-003」です。INTEL純正クーラーって久々に見ました。マザーボードはASRock H310CM-HDV/M.2です。メモリは最大32GBまで増設可能です。

GeForce GTX1650はASUS製です。

HDDとSSDです。拡張性はほとんどありません。

右側です。

背面です。唯一のケースファンがここに設置されています。

マザーボードのバックパネルにはPS2、USB2.0が4つ、USB3.1 Gen1が2つ、LANポート、マイク入力、ライン入力、ライン出力があります。

GeForce GTX1650の映像出力端子はDVI-D、HDMI、DisplayPortです。

Magnate MHの温度

3DMARK FireStrikeを動作させたところ、Core i5-9400の温度は平均38.9℃、最大51℃でした。非常に低い温度で驚きました。

GTX1650の温度は平均58.3℃、最大72℃でした。

Magnate MHのベンチマークスコア

各種ベンチマークスコアでMagnate MHの性能を検証しました。解像度はどれも1920×1080です。

CINEBENCH R15 / R20

CINEBENCH R15 CINEBENCH R20
マルチスレッド 976 cb 2408 cb
シングルコア 176 cb 430 cb

Core i5-9400の性能です。そこまで重いゲームをプレイしないのであればCore i5-9400で十分です。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 軽量品質
3817 5031 6637

重いゲームの代表例がFF15です。GTX1650では推奨スペックに足りていません。快適に遊ぼうと思ったらGTX1660 SUPER以上は欲しいです。高画質でサクサクを目指すならRTX2080 SUPER以上です。ゲームによって重さが大きく異なることは覚えておきましょう。

FF14:漆黒のヴィランズ ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
9325 10626 16064
平均62fps 平均71fps 平均116fps

リリース当初、ハイエンドゲーミングPCが必要だったFF14ですが、今では10万円以下のゲーミングPCで余裕です。Magnate MHでも最高画質で遊べます。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
31224 77313 97306

PSO2ベンチマークで30000以上出ていればサクサクです。

MHFベンチマーク

MHFは17264です。GTX1050より15%程度高いスコアです。GTX1060には及びません。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
7918 9027 12531
製品名 グラボ ベンチマーク(総合スコア)
ガレリア ZZ RTX2080Ti
27009
ガレリア ZG RTX2080 SUPER
24121
ガレリア XF RTX2070 SUPER
21477
ガレリア XV RTX2060 SUPER
18804
ガレリア XT GTX1660 SUPER
14380
ガレリア XJ GTX1660
12326
ガレリア DH GTX1650
8015

3DMARK FireStrikeの評価では「上位65%のパソコン」です。所謂エントリーモデルのゲーミングPCに該当する性能です。このように普通のホームPCでもゲーミングPCとして使える製品もあります。ゲーミングPCより安いことも多いのでチェックしてみてはいかがでしょうか。

Magnate MHの価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

ページの先頭へ

ページの先頭へ