ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > G-Tune HN-Z 性能レビュー!RTX2070 SUPER + Core i7-10700K

G-Tune HN-Z 性能レビュー!RTX2070 SUPER + Core i7-10700K

パーツ全体のバランスが完璧!

程良いハイスペックゲーミングPCのパーツ構成を考えたときに、まず思い付くのはCore i7 + RTX2070 SUPERの組み合わせでしょう。さらにメモリ16GBにしておきたいですし、ストレージはしっかりSSD + HDDにすべきです。

G-Tuneにはこの条件にぴったりなデスクトップゲーミングPCがあります。理想的とも言える「G-Tune HN-Z」の性能をレビューしていきます。

G-Tune HN-Zはこんな方におすすめ!

25万円以下でゲーミングPCを買いたい!
カスタマイズとか面倒なことはしたくない!
ちょうどいいハイスペックゲーミングPCが欲しい!

G-Tune HN-Zのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 64bit Core i7-10700K
グラフィックボード メモリ
GeForce RTX2070 SUPER 8GB 16GB(PC4-21300)
ストレージ チップセット
512GB NVMe SSD + 2TB HDD INTEL Z490 チップセット
光学ドライブ 電源ユニット
なし 800W 80PLUS TITANIUM

G-Tune HN-Zの価格と詳細はこちら

カスタマイズが必要ないのでこのまま買えば大丈夫です。そういう意味ではパソコンの知識がまったくない人にとって、とてもありがたいゲーミングPCでしょう。

グラフィック性能がもっと欲しければRTX2080 SUPERやRTX2080Tiに変更することも可能です。電源ユニットが800W 80PLUS TITANIUMですから将来的にグラボをアップグレードできるのも嬉しいですね。

SSDにがっつりゲームをインストールしたいならSSDの容量を1TBに増やしたり、あるいはSSDを追加するのもアリです。この辺りは予算次第ですね。

ちなみにCore i7-10700KではなくRyzen 7 3700Xを搭載した「G-Tune HN-A」のほうが安いので比較検討してみてください。

ストレージの速度

G-Tune HN-Zに搭載されているSSDとHDDの速度を計測しました。

SSDの速度

SSDは「SK Hynix HFS512GD9TNG-L2A0A」で、シーケンシャルリードが3452MB/s、シーケンシャルライトが868MB/sです。「G-Tune HN-A」は同じSSDで、シーケンシャルライトが2230MB/s出ていました。

HDDの速度

HDDは「SEAGATE ST2000DM005」で、シーケンシャルリードが204MB/s、シーケンシャルライトが202MB/sです。

G-Tune HN-Zの外観

次にG-Tune HN-Zの外観や接続端子のレビューをしていきます。

高さは43.5cmです。机の下に余裕を持って置けるサイズです。

電源を入れるとG-Tuneのロゴが赤く光ります。

光学ドライブのスロットです。DVDドライブやBDドライブをカスタマイズで追加したらここに設置されます。右側のは電源ボタンです。

上部に排気口がなく、インターフェイスが揃っています。

HDMI出力、マルチカードリーダー、USB3.0が4つ、マイク入力、スピーカー出力があります。

左側です。

右側と底面から吸気し、背面に排気するエアフロー設計です。

初めて見るCPUクーラーです。どのメーカーなのかわかりませんが、ヒートシンクの形状が独特です。

CPUクーラーの下にM.2 SSDが設置されています。温度対策のためにヒートシンクが最初から付いています。

底面は二重メッシュになっていて、取り外してメンテナンスできる構造になっています。

マザーボードは「MSI Z490-S01」で、拡張スロットはPCI Express x16(x4として動作)、PCI Express x1が3つ空いています。あとM.2スロットも1つ空いていますね。

3.5インチシャドウベイはあと1つ空いています。

右側を開けると2.5インチ用が3つ空いています。拡張性が非常に高いゲーミングPCです。

背面です。左上に見えるHDMI端子を引っ張って背面に接続することにより、上部のHDMI端子が使えるようになります。

マザーボードのバックパネルにはPS2、USB3.0が4つ、USB3.1、USB3.1 Type-C、LANポート、S/PDIF、センターサブウーファー、リアスピーカー、マイク入力、ライン入力、ライン出力があります。

RTX2070 SUPERの映像出力端子はHDMI、DisplayPortが3つです。

G-Tune HN-Zの温度

3DMARK FireStrikeを動作させたところ、CPU(Core i7-10700K)の温度は平均44.2℃、最大64℃でした。CPUクーラーが優秀なおかげなのか非常に低い温度で収まりました。

GeForce RTX2070 SUPERの温度は平均67.5℃、最大83℃でした。

G-Tune HN-Zのベンチマークスコア

G-Tune HN-Zの性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

CINEBENCH R15 / R20

CINEBENCH R15 CINEBENCH R20
マルチスレッド 2070 cb 4727 cb
シングルコア 203 cb 498 cb

Core i7-10700Kの性能です。Ryzen 7 3700Xと比べるとシングルコアの性能が突出しています。高性能さを選ぶならCore i7-10700Kですが、安さやコスパを選ぶならRyzen 7 3700Xです。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 低品質
9910 13404 16467

FF15ベンチマークは高品質だと「とても快適」、標準品質以下の画質設定なら「非常に快適」の評価が出ました。Ryzen 7 3700X + RTX2070 SUPERよりも5%以上高いスコアです。

FF14:漆黒のヴィランズ ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
19124 19606 24023
平均140fps 平均148fps 平均210fps

FF14ベンチマークで19000を越えるのはかなり凄いです。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
127118 151451 186246

PSO2ベンチマークはまさかの12万越え!「G-Tune HN-A」が89143だったのでCPUがいかに重要かよくわかりますよね。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは61832でした。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
10062 9964 10658

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyでは「上位16%」の評価でした。疑いようのないハイスペックゲーミングPCです。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
21984 25596 54463

3DMARK FireStrikeの評価では「上位7%のパソコン」です。非常に高性能でパーツ構成も理想的ですから、パソコン初心者にとてもおすすめなゲーミングPCです。

G-Tune HN-Zの価格と詳細はこちら

G-Tuneのおすすめカスタマイズ

★G-Tune 期間限定セールでゲーミングPCが安い!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XA7C-R37

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:RTX3070(8GB)

  • 2 G-Tune PM-B-AF

    RTX2060 SUPER搭載なのに15万円以下!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:RTX2060 SUPER(8GB)

  • 3 ガレリア UA9C-R38

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    長年使えるもの嬉しい!

    グラボ:RTX3080(10GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ