ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > DELL ALIENWARE M15 プラチナ VR 性能レビュー

DELL ALIENWARE M15 プラチナ VR 性能レビュー

厚さ21mmの薄型ゲーミングノートPC!

ALIENWAREのゲーミングノートPCが徐々に新しいモデルへと移行しています。これまでは「ALIENWARE 15」「ALIENWARE 17」のような名称でしたが、2019年の最新機種だと「ALIENWARE M15」のようにMが付いています。

新しいバージョンでは何が変わったのでしょうか。GTX1070 MAX-Q Designを搭載した「ALIENWARE M15 プラチナ VR」をレビューしつつ、違いも解説してみます。

ALIENWARE M15 プラチナ VRはこんな方におすすめ!

薄型のゲーミングノートPCが欲しい!
超高速のストレージで動作を爆速にしたい!
144Hz液晶でゲームをヌルヌルにしたい!

ALIENWARE M15 プラチナ VRのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Core i7-8750H
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1070 8GB MAX-Q 16GB(PC4-21300)
ストレージ チップセット
256GB PCIe M.2 SSD + 256GB PCIe M.2 SSD モバイル インテル HM370 チップセット
光学ドライブ 液晶
なし 15.6インチ 144Hz 非光沢 IPS, スリム ベゼル ディスプレイ

ALIENWARE M15 プラチナ VRの価格と詳細はこちら

Core i7-8750H + メモリ16GB + GTX1070となかなかハイスペックなゲーミングノートPCです。ただすでにGTX1070搭載のALIENWARE M15 プラチナ VRは売り切れてしまったいるようで、GTX1660Ti搭載の「ALIENWARE M15 プレミアム VR」に近い性能です。

144Hz液晶、NVMe SSD x 2とかなり高級な仕上がりです。そのせいで価格は高額になっていて、購入するためには25万円くらい必要です。もう少し価格を抑えたい場合は、液晶を60Hzにするか、ストレージをSSD + HDDにするのがおすすめです。

ちなみにALIENWARE M15のMはおそらくMAX-Q Designを意味しているのでしょう。GTX1070ではなくGTX1070 MAX-Q Designが採用されていて、旧来のモデルよりゲーミングノートPC本体が薄型になっています。MAX-Q Designについては「GeForce MAX-Q Designとは?通常版ノート用グラボとの違いを比較」で解説しています。

ストレージの速度

ALIENWARE M15 プラチナ VRのストレージは256GB NVMe M.2 SSDが2枚の組み合わせです。どれくらい速度が出るのかCrystalDiskMarkで計測してみました。

SSD1の速度

SSDの名称は不明で、シーケンシャルリードが3467MB/s、シーケンシャルライトが1031MB/sです。連続読み込み速度が爆速です。事実、ベンチマークソフトをインストールしていた際、ちょっとよそ見をした間に完了していて驚きました。

SSD2の速度

こちらもSSDでシーケンシャルリードが3460MB/s、シーケンシャルライトが1415MB/sです。こちらのほうが書き込み速度が早いです。同じSSDではないのかもしれません。

ALIENWARE M15 プラチナ VRの外観

次にALIENWARE M15 プラチナ VRの外観や接続端子のレビューをしていきます。

全体の寸法は厚さ: 21 mm x 幅: 363 mm x 奥行き: 275 mmです。今までレビューしたゲーミングノートPCではトップクラスに薄型です。なお、このモデルはシルバーですが赤(ネビュラレッド)に変更可能です。

テンキーの上に4つのマクロキーがあります。バックスペースとスペースキーがちょっと小さいため、慣れが必要だと感じました。

WASD周辺は普通のキー配置です。

中央奥の宇宙人ロゴが電源ボタンです。

キーボードバックライトと電源ボタンが光ります。キーボードバックライトは4つのゾーンに分かれていて、それぞれ色を変更できます。

Fn + Alt + F11キー同時押しでタッチパッドのON/OFFを切り替えられます。普段はOFFにしておいたほうがいいです。間違えて触ってしまうと面倒です。

電源を入れてすぐに液晶の表示がとても綺麗だと気付きました。それもそのはずIPSパネル採用です。最大解像度は1920×1080です。

さらにリフレッシュレートは144Hz固定で、FPSやアクションゲームに向いています。

左側にはNobleロックポート、LANポート、USB3.0、ユニバーサルオーディオジャックがあります。

右側にはUSB3.0が2つあります。

後ろ側にはHDMI出力、mini-DisplayPort出力、Thunderbolt 3、Alienware Graphics Amplifier接続用ポート、電源端子があります。とても使いやすい配置です。

ALIENWARE M15 プラチナ VRの重さ

ノートPC本体のみの重さは2.310kgです。MAX-Qの割にはそこまで軽量ではありません。

ACアダプターとケーブルを含めると3.024kgです。

ALIENWARE M15 プラチナ VRの温度

各種ベンチマークソフトを動作させたところ、CPU(Core i7-8750H)は最大100℃、GTX1070は最大90℃まで上昇しました。SSDの温度は計測できませんでした。CPUもグラボもかなり高温です。長時間使うならノートPCクーラーを別途用意したいです。

ALIENWARE M15 プラチナ VRのベンチマークスコア

ALIENWARE M15 プラチナ VRの性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

CINEBENCH R15 / R20

CINEBENCH R15 CINEBENCH R20
マルチスレッド 799 cb 1641 cb
シングルコア 168 cb 382 cb

温度が高くなりすぎているせいかCore i7-8750H本来の性能を出せていません。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 低品質
5353 6753 8946

FF15ベンチマークは高品質だと「やや快適」、標準品質と軽量品質だと「快適」の評価でした。低画質にしても60fps出ません。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
12485 13237 14913

FF14ベンチマークでここまでのスコアが出せるなら、そこまで重くないFPSやアクションゲームで144fps以上出せます。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
29496 32630 43505

PSO2ベンチマークはゲーミングノートPCだと30000くらいになってしまいます。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは34574です。GTX1070 + Core i7-6700がこれくらいのスコアでした。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
4930 4976 4685

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyは上位59%の評価でした。Core i7-8750H + RTX2070なら30%高いスコアが出ます。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
13132 15590 12464

3DMARK FireStrikeの評価では「上位28%のパソコン」です。GTX1060搭載ゲーミングノートPCより30%くらい高いスコアです。RTX20シリーズには及ばないものの、なかなかハイスペックです。

薄型のゲーミングノートPCが欲しい場合は、このALIENWARE M15シリーズが第一候補になるはずです。あとは予算に合わせて液晶やストレージをカスタマイズしてみてください。

ALIENWARE M15 プラチナ VRの価格と詳細はこちら

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce RTX2070(8GB)

  • 2 im610SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア ZG

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    長年使えるもの嬉しい!

    グラボ:GeForce RTX2080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ