ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > HPの最強ゲーミングPC!ENVY Phoenix 810-480jp/CT 性能レビュー

HPの最強ゲーミングPC!ENVY Phoenix 810-480jp/CT 性能レビュー

東京生産 選べるゲームバンドル モデルはGTX980搭載だからハイスペック!

先日、HPのゲーミングPCブランド「OMEN」について聞いてきました。OMENは今のところゲーミングノートPCだけですが、それ以外のゲームPCがないというわけではありません。以前からENVY Phoenixシリーズとしてグラフィックボードを搭載したデスクトップを販売しています。

ただ、少し前まではGTX760、GTX770搭載のミドルスペックしかありませんでした。しかし今回レビューするデスクトップゲームPCはGTX980搭載のハイスペックです。いよいよHPがゲームPCに本気を出してきました。

ENVY Phoenix 810-480jp/CTはこんな方におすすめ!

ハイスペックなゲームPCで最新ゲームを楽しみたい
オンラインゲーム以外にも便利なPCが欲しい!
バンドルで人気ゲームを貰いたい!

ENVY Phoenix 810-480jp/CTのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows8.1 64bit Core i7-4790K
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX980 4GB 16GB
HDD チップセット
1TB HDD インテル Z97 チップセット
光学ドライブ 電源
DVDスーパーマルチドライブ 500W(80PLUS BRONZE)

ENVY Phoenix 810-480jp/CTの価格と詳細はこちら

ENVY Phoenix 810-480jp/CTにはいくつかのモデルがあります。GTX760搭載、GTX770搭載、FF14推奨モデルなどがあり、今回レビューするのはGTX980搭載の「東京生産 選べるゲームバンドルモデル」です。

その名の通りPCゲームが貰えます。The CrewとAssassin’s Creed Unityのどちらかを選べます。どちらも人気のゲームです。もしかしたら期間限定の可能性もある(バンドルが終了したり、選べるゲームが変更したりする)ので、欲しい人は早めに買っておきましょう。

また、上記のスペックは標準構成です。今回レビューするパーツ構成とは異なります。具体的には512GB SSDが搭載されていたり、ブルーレイドライブやデジタルTVチューナーボードが追加されたりしています。パソコンで映画、ドラマ、アニメを見たい人はブルーレイディスクにしておいたほうがいいですね。

ENVY Phoenix 810-480jp/CTの外観

次にENVY Phoenix 810-480jp/CTの外観や接続端子のレビューをしていきます。

前面は光沢のあるアクリルのような素材で覆われています。

正面上部にDVDドライブとブルーレイドライブが搭載されています。

DVDドライブの下はぱっと見では何もありませんが、カシャッと開くことができます。USB2.0が4個、メディアカードリーダーがあります。カードリーダーはSDカードだけなく、Compact Flashなど多種多様なメディアに対応しています。この辺りはHPらしい隙のない構成です。

上部は完全に塞がっています。物を置いても大丈夫そうですね。そして右下に電源ボタンがあります。

正面のUSBは2.0だけだったのでちょっと不安を覚えましたが、上部にUSB3.0が2個ありました。基本的にはここを使うのが良さそうですね。マイク端子とヘッドホン端子もあります。

左側には小さな通気口が2つ。

右側に通気口が2つあります。加えて透明なアクリルで内部が見えるようになっています。

電源を入れると内部が光ります。

正面も赤く光ります。「ゲームPC=光る」みたいなイメージがありますが、実際は光る製品って珍しかったりします。ENVY Phoenix 810-480jp/CTは程よく光る感じがなかなか格好良いですよ。

背面は上から順に電源、TVチューナー、グラフィックボード、マザーボードの接続端子が配置されています。

マザーボードの接続端子はUSB3.0が2個、USB2.0が2個、LANポート、サウンド関連です。「あれ?USBが少ないような?」と思った次の瞬間、正面にUSB2.0が4個あるのを思い出しました。

よくよく考えてみると背面よりも正面のUSB端子のほうが頻繁に利用します。だから背面に多いよりも、正面に多いほうが便利です。HPは本当に普段使いのことをしっかり考えてくれていますね。

ENVY Phoenix 810-480jp/CTのベンチマークスコア

ENVY Phoenix 810-480jp/CTが使いやすいパソコンだということはわかりました。しかしゲームPCですから、オンラインゲームを快適にプレイできるかが最重要です。そこでベンチマークスコアを見てみましょう。

搭載グラフィックボードはシングルコア最強のGeForce GTX980なので期待が高まります。使用したベンチマークソフトはいつもと同じです。設定はどれも1920×1080の解像度です。

FF14ベンチマークは最高品質で15935、標準品質で26967です。非常に高いスコアが出ました!さすがはGTX980ですね。GTX700シリーズとの性能差をまざまざと見せつけてくれました。

PSO2ベンチマークは最高画質で87958、標準画質で150963でした。90000越えるかな?と思ったのに越えませんでした。しかしハイスペックなことは間違いありません。標準画質で計測している時は500fps越えてましたからね・・・。

ドラクエ10は18910です。安定の18000越え。ヌルヌル確実です。

MHFは27647です。MHFは10000以上なら充分ですから、カクつくことなく楽しくプレイできます。

3DMARKの評価では「上位7%のパソコン」です。あらゆるゲームPCを比較した結果、上位7%です。とんでもなくハイスペックです。やはりGTX980ならFireStrikeのスコアが10000越えるようですね。普段使いだけでなくゲームPCとしても素晴らしいことが証明されました。

ENVY Phoenix 810-480jp/CTの価格と詳細はこちら

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ