ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > Ryzen 7 1700搭載!ドスパラ ガレリア AT 性能レビュー

Ryzen 7 1700搭載!ドスパラ ガレリア AT 性能レビュー

Ryzen + GTX1060の組み合わせや如何に!?

BTOゲーミングPCはインテルCPUとNVIDIAグラフィックボードの組み合わせが基本です。というか99%はそれです。例えばCore i7-7700とGTX1060、Core i7-7700KとGTX1080みたいな感じです。

でも最近AMD CPUのRyzenシリーズを搭載したゲーミングPCが登場しました。Ryzenシリーズは素晴らしい性能と圧倒的なコスパから世界中で話題になっています。今回はRyzen 7 1700を搭載した「ガレリア AT」をレビューしていきます。

ガレリア ATはこんな方におすすめ!

コア数・スレッド数の多い高性能CPUにしたい!
ミドルスペックゲーミングPCが欲しい!
話題のRyzen 7シリーズを選んでみたい!

ガレリア ATのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Ryzen 7 1700
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1060 6GB 8GB PC4-19200
ストレージ チップセット
500GB SSD + 2TB HDD AMD B350 チップセット
光学ドライブ 電源ユニット
DVDスーパーマルチドライブ DELTA 500W 静音電源(80PLUS BRONZE / GPS-500EB D)

ガレリア ATの価格と詳細はこちら

GTX1060 6GB + メモリ8GBなので現状のミドルスペックゲーミングPCです。ドスパラのGTX1060 6GB搭載デスクトップと言えば「ガレリア XT」が人気です。ガレリア ATとガレリア XT最大の違いはCPUです。

ガレリア ATのCPUはRyzen 7 1700、ガレリア XTはCore i7-7700です。CPUのスペックの違いを以下にまとめてみます。

Ryzen 7 1700 Core i7-7700
定格クロック 3.0GHz 3.6GHz
TB時 最大クロック 3.7GHz 4.2GHz
コア数 4 8
スレッド数 8 16
L3キャッシュ 8MB 16MB

コア数、スレッド数、L3キャッシュはRyzen 7 1700のほうが2倍もあります。しかし動作周波数だけ単純に見るとCore i7-7700のほうが高いです。コア数が多くなるほどスペック上の動作周波数は低い傾向があるため仕方がありません。マルチスレッドを多用する用途ではRyzen 7 -1700のほうが優秀なのは間違いありません。

ストレージの速度

SSDのシーケンシャルリードは522MB/s、シーケンシャルライトは506MB/sです。連続アクセスは良いのですが、ランダムアクセスの速度が妙に遅いのが少し気になります。いつものCrucial製なんですけどね。

HDDのシーケンシャルリードは222MB/s、シーケンシャルライトは215MB/sです。

ガレリア ATの外観

次にガレリア ATの外観や接続端子のレビューをしていきます。

ガレリア XTやガレリア XFと同じKTケースです。

DVDスーパーマルチドライブの右上にはRyzen 7のシールが!

正面にはUSB3.0が2つ、SDカードリーダー、マイク入力、スピーカー出力、リセットボタン、電源ボタンがあります。

上部には2つの排気口があり、奥側にだけケースファンが付いています。

左側には2つの吸気口がありますが、こちらはケースファン非搭載です。なお、カスタマイズでケースファンを追加できます。

内部の様子です。

CPUファンもAMD製です。メモリは4GB x 2のデュアルチャネルです。

このCPUファンは電源を入れると紫色に光ります。

GTX1060 6GBはシングルファンです。

マザーボードはASROCK AB350 Pro4が採用されています。拡張スロットはPCI Express x4が1つ、PCI Express x1が4つ空いています。

Ultra M.2スロットもありました。

電源ユニットはDELTA GPS-500EB Dです。DELTA製の電源ユニットを採用したドスパラのゲーミングPCは初めて見たかもしれません。

HDDはSeagate BarraCuda ST2000DM006、SSDはCrucial CT525MX300SSD1です。

ガレリア ATのベンチマークスコア

これまでいくつもGTX1060 6GB搭載ゲーミングPCをレビューしてきたので、どれくらいのベンチマークスコアになるかは大体把握できています。そこでRyzen 7 1700の影響がどのように出るのか比較してみました。

FF14ベンチマーク

DX11 最高品質 DX11 高品質
11667 12630
DX11 標準品質 DX9 最高品質
16160 12749

FF14ベンチマークはすべての設定で問題なく「非常に快適」の最高評価を獲得できました。GTX1060 6GB搭載デスクトップはDX11 + 最高品質の設定で12600くらいになることが多いので、やや低いスコアになりました。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
29086 39349 54255

PSO2ベンチマークはあらゆる要素が複雑絡み合うので比較には不向きです。でもこのスコアなら最高画質で120fps以上出せます。

ドラクエ10ベンチマーク

ドラクエ10は15705です。18000以上にならないのが不思議です。

MHFベンチマーク

しかしMHFベンチマークは30131とGTX1060としては過去最高スコアです。普通は25000くらいですから20%も伸びています。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
4275 4035 6457

過去にレビューしたCore i7-7700 + GTX1060 6GBのゲーミングPCは総合スコアが3777、Graphics Scoreが3692、CPU Scoreが4348だったため、大幅に伸びていることがわかります。CPUだけでなくグラフィックスコアも伸びているのが面白いですね。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
11149 13014 16032

3DMARK FireStrikeの評価では「上位25%のパソコン」です。今までレビューしたGTX1060搭載ゲーミングPCのなかで一番高いスコアです。やはりCPUの影響が大きいですね。

やや癖があるものの、マルチスレッドを多用するような使い方をする予定ならかなりおすすめのゲーミングPCです。このままでもいいですがメモリ16GBに増やしたほうが使い勝手がよくなるはずです。

ガレリア ATの価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ