ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > Ryzen 5 1400搭載!G-Tune NEXTGEAR-MICRO am540BA1 性能レビュー

Ryzen 5 1400搭載!G-Tune NEXTGEAR-MICRO am540BA1 性能レビュー

10万円以下で買えるGTX1050搭載ゲーミングPC!

これまでRyzen 7搭載のゲーミングPCを3つレビューしました。少し前にRyzen 7 1700搭載の「NEXTGEAR-MICRO am540SA1」をレビューしましたね。でもRyzen 5もあることを忘れてはいけません。

G-TuneにはRyzen 5 1400を搭載した激安ゲーミングPC「NEXTGEAR-MICRO am540BA1」があります。そのお値段、なんと税抜き8万円台です。G-Tuneでは最安値のデスクトップゲーミングPCです。どのような性能なのか調査してみました。

NEXTGEAR-MICRO am540BA1はこんな方におすすめ!

10万円以内の激安ゲーミングPCが欲しい!
そこそこ軽いゲームだけプレイする予定!
AMD RyzenシリーズのCPUが気になる!

NEXTGEAR-MICRO am540BA1のスペック

*この記事のパソコンはレンタル品です。商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 64bit AMD Ryzen 5 1400
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1050 2GB 8GB PC4-19200
ストレージ チップセット
1TB HDD AMD B350 チップセット
光学ドライブ 電源ユニット
なし 500W(80PLUS SILVER)

NEXTGEAR-MICRO am540BA1の価格と詳細はこちら

NEXTGEAR-MICRO am540SA1」との違いはCPU、グラフィックボード、ストレージです。ある程度重いゲームをプレイする予定ならNEXTGEAR-MICRO am540SA1のほうがおすすめです。

Ryzen 5 1400は4コア・8スレッドなのでINTEL CPUで言うとCore i7-7700に近いです。とはいえ動作周波数には大きな差があります。Ryzen 5 1400が定格3.2GHz、最大3.4GHzなのに対し、Core i7-7700は定格3.6GHz、最大4.2GHzです。重いゲーム以外ならRyzen 5 1400で問題ありません。

1つだけ絶対にカスタマイズすべきなのはストレージです。どんなに安いゲーミングPCが欲しかろうとHDDだけなんてありえません。必ずSSDを追加してください。快適性に雲泥の差が生じます。

NEXTGEAR-MICRO am540BA1の外観

次にNEXTGEAR-MICRO am540BA1の外観や接続端子のレビューをしていきます。

正面には5つのメッシュがあります。ここから一気に空気を取り込んで内部のパーツを冷やします。それぞれのメッシュは簡単に取り外すことができ、水洗いすら可能です。

やや上のほうにマイク入力、スピーカー出力、USB2.0が2つ、USB3.0、電源ボタン、リセットボタンがあります。

電源ボタンを右側にRyzen 5のシールが貼ってあります。

上部には排気のケースファンがあります。

左側も正面と同じくらい大きな吸気口です。でもケースファンをカスタマイズで追加することはできません。

NEXTGEAR-MICROシリーズは裏配線になっていて、ケーブルがある程度すっきりしています。ケーブルがパーツに干渉しなかったり、エアフローを邪魔しなかったりと色々なメリットがあります。

CPUクーラーは「AMD Wraith Stealth Cooler(LEDなし)」です。

グラフィックボードは「MSI GEFORCE GTX 1050 2G OC」だと思います。

拡張スロットはPCI Express ×1が1つ空いているのですが、グラフィックボードに近いので使うのは厳しいかもしれません。

右側です。

背面です。

マザーボードのバックパネルはPS2が2つ、USB3.0が4つ、USB3.1が2つ、LANポート、マイク入力、ラインイン、ラインアウトがあります。

GTX1050の映像出力端子はDVI、HDMI、DisplayPortです。

NEXTGEAR-MICRO am540BA1のベンチマークスコア

CPU性能とグラフィック性能をベンチマークソフトで計測しました。

CINEBENCH R15

CPU性能のベンチマークはCINEBENCHを使いました。スコアは686cbです。大まかに比較すると以下のようになります。

Ryzen 5 1400 Ryzen 7 1700 Core i5-7400 Core i7-7700
686 cb 1381 cb 546 cb 877 cb

Ryzen 5 1400はCore i7-7700には及ばないものの、Core i5-7400には勝っています。同価格帯のゲーミングPCだとCore i5-7400が搭載されていることが多いので、Ryzen 5 1400を搭載したNEXTGEAR-MICRO am540BA1のほうがコスパ良好だとわかります。

FF14

最高品質 高品質 標準品質
6853 7741 10477

FF14ベンチマークは最高品質だと「とても快適」、画質を下げたら「非常に快適」でした。紅蓮のリベレーターになって重くなりましたから、最高品質でプレイしたいならGTX1060以上がおすすめです。

PSO2

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
17391 29602 34773

PSO2ベンチマークは問題ないスコアです。設定6だとプレイヤーや敵が密集したエリアで重くなるかもしれないので、設定5の画質のほうが安定しそうです。

ドラクエ10

ドラクエ10は13111でした。Ryzenシリーズだといまいちスコアが伸びません。

MHF

MHFは14160です。

3DMARK TimeSpy

総合スコア Graphics score Physics score
1988 1859 3291

TimeSpyはDirectX12の最新ゲーム用ベンチマークソフトです。全体的なスコアを見るとCPU Scoreが突出しています。でもグラフィックスコアはなかなか厳しい数値なので、DirectX12のゲームをやるならGTX1070以上がおすすめです。

3DMARK FireStrike

総合スコア Graphics score Physics score
6137 6970 10501

3DMARKの評価では「上位63%のパソコン」です。激安ゲーミングPCなのに大健闘です。重いゲームには向いていませんが、そこそこ軽いゲームならこのデスクトップで大丈夫です。

できるだけ安い予算で買うなら一番おすすめですよ、ホント。それにしても10万円以下のゲーミングPCで多くのオンラインゲームが遊べるなんて良い時代だと思います。

NEXTGEAR-MICRO am540BA1の価格と詳細はこちら

G-Tuneのおすすめカスタマイズ

★G-Tune 夏のボーナス特集!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ