ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > 初心者向けゲーミングPCの選び方 > SSD vs HDD!ゲーム用途におすすめのストレージ容量と選び方

SSD vs HDD!ゲーム用途におすすめのストレージ容量と選び方

ゲーミングPCのパーツで2番目に重要だと思っているのがストレージです。ちなみに1番目は当然グラフィックボードです。グラフィックボードについては「おすすめのゲーム用グラフィックボードと選び方」をご覧ください。

ストレージが重要だと思う理由は快適性を体感しやすいからです。CPUを高性能にしたりメモリを大容量にしたりしても、ゲームのフレームレートや普段のサクサク感ってそこまで変わりません。

もちろん動画のエンコードや画像編集するような人にはCPUとメモリって非常に大切ですが、ゲーム用途に限るとストレージのほうが重要度は上です。

さて、ストレージの選び方って簡単なようで結構複雑です。なぜならSSDとHDDがあるからです。HDDだけなら速度と容量を選べばいいだけですが、SSDにはいくつかの種類がありますし、それによって速度と価格が大幅に変わります。

正直、パソコン初心者にはちんぷんかんぷんでしょう。そこでSSDとHDDのメリット・デメリットを比較しながら、ゲーミングPCにおすすめのストレージ構成を解説していきます。

SSDとHDDはどっちがいいの?どんな違いがあるの?

まずSSDとHDDの違いを知る必要があります。そもそもSSDとHDDとは何なのか、なんて知識は別に必要ないので割愛します。速度、容量、耐久性、静音性といった実用的な部分に絞って比較してみます。

速度をベンチマークで比較

一番の違いは速度です。現在人気のSSDはSATA3 SSDです。製品によって異なりますが、デスクトップゲーミングPCに採用されているものだと、読み込み速度も書き込み速度も約500MB/sなことが多いです。

一方HDDは読み込み速度も書き込み速度も約200MB/sです。SSDのほうが2.5倍高速です。さらにノートPCに搭載されているHDDだと100MB/sくらいしか出ないことが多いため、SSDのほうが5倍も高速になる計算です。

上記のベンチマークはあくまでも連続アクセスの速度です。ランダムアクセスになるとより一層差が開きます。ランダムアクセスの速度はSATA3接続SSDが200~350MB/sくらいです。そしてHDDはたったの約1.5MB/sです。その差はなんと200倍です。

速度で選ぶなら間違いなくSSDです。これまでHDDしか使ったことがない人がSSDを初めて使ったら絶対に感動します。何もかもがサクサクでストレスゼロです。HDDだけ搭載したパソコンなんて二度と使いたくなくなります。

ゲーミングPCにおいてもSSDのメリットが大きく、例えばゲームクライアントの起動、MAP移動、部屋に入る時間等が圧倒的に速くなります。

静音性を比較

静音性もSSDが優秀です。HDDは物理的にデータを読み取ったり書き込んだりするので、ガリガリと音がします。パソコンの騒音の原因はファンとHDDですから、静音PCにしたい人はHDDが邪魔に感じるでしょう。

SSDはHDDとは違い、物理的な動作は一切ありません。だから静音どころか無音です。SSDにしておけば夜中にゲームクライアントをダウンロードさせながら寝たとしても、音がうるさいとは感じません。

耐久性と寿命を比較

ストレージの耐久性や寿命は一概には決められません。HDDは物理的に壊れることがありますし、SSDは使用回数(書き込み回数)が決まっています。

運が悪ければHDDのほうが先に故障するでしょう。タフな使い方をすればSSDのほうが先に寿命を迎えます。また、メーカーの信頼性ってなんとも言えないところがあるので、耐久性に関してはあまり気にしないほうがいいと思います。

容量と価格を比較

ここまで読んでSSDが最強のように思えるかもしれません。しかしSSDはメリットばかりではありません。明確な弱点があります。それが価格・コスパ・容量です。

SSDよりもHDDはのほうが安くて大容量なのです。近年どんどんSSDが値下がりしているとはいえ、まだまだHDDには負けています。

例えば1TBのSSDとHDDの価格を比較してみましょう。2017年8月現在、1TB HDDなら5,000円で購入できます。1TB SSDは30,000円以上します。

もしもゲーミングPCのストレージをSSDだけで構成しようとしたら高額な予算が必要になってしまいます。かと言って、安い120GB SSDや240GB SSDだけでは絶対に容量不足になります。

ゲーミングPCにはどれくらいのストレージ容量が必要か

SSDとHDDを選ぶために、ゲーミングPCには何GBのストレージが必要かを考えてみます。


Windows10 64bit 20GB
FF14 30GB
黒い砂漠 35GB
PSO2 40GB
CoD:BO3 60GB
BFH 60GB

まずWindows10だけで20GB必要です。ゲームクライアントのデータ容量は年々増えていて、最近のものだと50GBを越えるのが当たり前になりつつあります。

上記の例だとWindows10に人気ゲームを5つインストールしただけです。それなのに合計245GBです。OSとゲーム以外にもブラウザや色々なソフトウェアをインストールしますし、データを保存することもあるでしょう。

となるとどう考えても240GBでは足りません。500GBでも足りません。少なくとも1TB、できれば2TB以上欲しいところです。しかしSSDだけで1TBや2TB用意しようと思ったら、ゲーミングPCが高額になってしまいます。

結論!SSD + HDDのハイブリッドがおすすめ!

そこでおすすめなのがSSD + HDDを組み合わせる方法です。OSやよく遊ぶゲーム、頻繁に使うソフトウェアをSSDにインストールし、その他のソフトウェアやデータはHDDに保存するわけです。

SSDとHDDの良いところを上手く活かせるためコスパ抜群です。実際、ハイスペックなBTOゲーミングPCを見ると、大抵SSD + HDDになっています。これはデスクトップもゲーミングノートPCも一緒です。

最早常識レベルと言っても過言ではありません。多くの人がSSD + HDDにしています。もちろん私が使用しているゲーミングPCもすべてSSD + HDDです。

肝心の容量はSSDが240~500GB、HDDが1~2TBにするのがおすすめです。例えば240GB SSD + 1TB HDDとか480GB SSD + 2TB HDDといった感じです。

SSDの種類

最後にSSDの種類について解説します。SSDにはいくつかの種類があり、速度や価格が全然違います。BTOパソコンでは選べるSSDは限られているものの、以下の知識を身につければ選び方の参考になるはずです。

インターフェイス

インターフェイスとはコネクタの形状や種類です。インターフェイスによって最大速度が決まっているため、SSDの速度を重視するならまずどのインターフェイスに接続するタイプなのかを確認しましょう。

インターフェイス 最大速度
SATA3(Serial ATA 3) 600MB/s
PCI Express 2.0 x 2 1GB/s
PCI Express 2.0 x 4 2GB/s
PCI Express 3.0 x 4 4GB/s
PCI Express 3.0 x 8 8GB/s

現在主流なのがSATA3 SSDです。容量あたりの価格が非常に安くとても人気があります。SATA3 SSDなら約500MB/sの読み込み速度が出ます。

PCI Expressはどの世代なのか、レーン数はいくつなのかによって最大速度が大きく変わります。PCIe SSDとしか書いていない場合は、SSDの型番を見て速度を調べたほうがいいです。

フォームファクター(形状)

フォームファクターとは形状やサイズを意味します。SSDの主なフォームファクターは以下の通りです。

フォームファクター 見た目 解説
2.5インチ SSD 最も一般的なSSDの形状です。BTOパソコンのSSDで特に表記がなれけば2.5インチ SSDです。選択肢が豊富で安い製品も揃っているのが特徴です。インターフェイスはSATA3が基本ですが、PCIe化するストレージキットも販売されています。
M.2 SSD 小型なSSDです。M.2スロットに挿すだけなので簡単に増設できます(マザーボード次第)。ゲーミングノートPCに採用されていることが多いです。2.5インチ SSDに比べると温度が高くなりやすいデメリットがあります。M.2 SSD用の冷却ヒートシンクで熱対策が可能です。インターフェイスはSATAとPCIeの両方があるので製品によって速度差が大きいです。
HHHL SSD PCI Expressの拡張スロットに挿すタイプです。PCI Expressの転送速度を活かした高速なSSDが多いです。BTOパソコンではマイナーなフォームファクターですが、徐々に増えてきています。

ソフトウェア規格

近年、高速なSSDの規格としてNVMe(NVM Express)が注目されています。従来のAHCIがHDDのための規格だったのに対し、NVMeはSSDに使われているフラッシュメモリのためのものです。NVMe SSDのフォームファクターはPCIeに挿すタイプのHHHLが一般的ですが、M.2 SSDもたくさんありますし、2.5インチのものもあります。

一般的なSATA AHCI SSDの読み込み速度は500MB/s程度です。一方でNVMe SSDには3GB/sを越える製品もあります。NVMe SSDはまだまだ高額で買うのを躊躇してしまう存在です。でも圧倒的な速度によるメリットは大きいですから、ヌルヌル・サクサクなパソコンが欲しいなら是非おすすめしたいです。

関連記事

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ