ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > G-Tune XN-Z 性能レビュー!RTX3080 + Core i9-10900K

G-Tune XN-Z 性能レビュー!RTX3080 + Core i9-10900K

水冷CPUクーラーにメモリ32GBとハイエンド!

ハイエンドゲーミングPCを買おうと思ったら第一候補はおそらくRTX3080搭載デスクトップでしょう。RTX3090だと高額過ぎるのでRTX3080を選ぶ人はかなり多く、堅実な判断です。

そんなRTX3080を搭載したゲーミングPCをG-Tuneが販売しています。RTX3080だけでなくCPU、CPUクーラー、メモリまですべてが高性能なのでとてもおすすめです。

G-Tune XN-Zはこんな方におすすめ!

30万円以下でゲーミングPCを買いたい!
グラボ以外のパーツにもこだわりたい!
熱対策もしっかりしたい!

G-Tune XN-Zのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 64bit Core i9-10900K
グラフィックボード メモリ
GeForce RTX3080 10GB 32GB(PC4-21300)
ストレージ チップセット
512GB NVMe SSD + 2TB HDD INTEL Z490 チップセット
光学ドライブ 電源ユニット
なし 800W 80PLUS TITANIUM

G-Tune XN-Zの価格と詳細はこちら

こんなに高性能なパーツが詰め込まれているのに30万円で購入できるなんて素晴らしいです。とてつもなくコスパ抜群です。CPUはゲーミングPCとしてほとんど最上位のCore i9-10900Kですし、熱対策として水冷CPUクーラーが採用されています。

メモリは16GBではなく32GBも搭載されているので、重いゲームがサクサク動くだけでなく配信までもしっかりこなせます。そしてストレージ構成もばっちりです。もう少し予算があるなら1TB NVMe SSD + 3TB HDDにするのがおすすめです。

電源ユニットが800Wになっているのは普通ですが、80PLUS TITANIUMなのがいいですね。80PLUS BRONZEやGOLDに比べて電力効率に優れていて、熱を発しにくい高級電源ユニットです。つまり何から何までハイエンド仕様です。

ストレージの速度

G-Tune XN-Zに搭載されているSSDとHDDの速度を計測しました。

SSDの速度

SSDは「SK Hynix HFS512GD9TNG-L2A0A」で、シーケンシャルリードが3457MB/s、シーケンシャルライトが2118MB/sです。理想的な速度です。わざわざ別のSSDに変更する必要はありません。

HDDの速度

HDDは「WESTERN DIGITAL WD20EZRX」で、シーケンシャルリードが210MB/s、シーケンシャルライトが191MB/sです。

G-Tune XN-Zの外観

次にG-Tune XN-Zの外観や接続端子のレビューをしていきます。

高さは43.5cmです。机の下に余裕を持って置けるサイズです。

電源を入れるとG-Tuneのロゴが赤く光ります。

上部に排気口がなく、インターフェイスが揃っています。

HDMI出力、マルチカードリーダー、USB3.0が4つ、マイク入力、スピーカー出力があります。背面のHDMI端子をグラボに接続すると、このHDMI端子を使用できます。

左側です。

開けてみました。左上に電源ユニットが格納されています。

これが水冷CPUクーラーです。一般的に空冷(ファン)よりも水冷のほうがしっかり冷やしてくれます。

水冷CPUクーラーの循環液を冷やすためのラジエーターです。背面ではなく右側に設置してあります。

グラフィックボードは「MSI RTX 3080 VENTUS 3X 10G」です。冷却性能に優れた3連ファンのタイプです。BTOパソコンで3連ファンのグラボが初期採用されているのはかなり珍しいです。さすがG-Tuneです。

3.5インチストレージベイはあと1つ空いています。

右側です。

背面です。

マザーボードのバックパネルにはPS2、USB3.0が4つ、USB3.1、USB3.1 Type-C、LANポート、S/PDIF、センターサブウーファー、リアスピーカー、マイク入力、ライン入力、ライン出力があります。

RTX3080の映像出力端子はHDMI、DisplayPortが3つです。最大同時出力画面数は4つもあります。ただし前述の通り上部のHDMI端子を使おうと思ったら、ここのHDMI端子を1つ使ってしまうことになります。

G-Tune XN-Zの温度

3DMARK FireStrikeを動作させたところ、CPU(Core i9-10900K)の温度は平均47.6℃、最大71℃でした。水冷CPUクーラーの威力がよくわかります。

GeForce RTX3080の温度は平均61.5℃、最大72℃でした。ハイエンドゲーミングPCとは思えないほど低い温度に収まりました。

G-Tune XN-Zのベンチマークスコア

G-Tune XN-Zの性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

CINEBENCH R15 / R20

CINEBENCH R15 CINEBENCH R20
マルチスレッド 2588 cb 6206 cb
シングルコア 229 cb 546 cb

Core i9-10900Kの性能です。Core i7-10700Kと比べるとシングルコアが12.8%、マルチスレッドが25%も高性能です。ゲーミングPCを長く使いたいならCore i9のほうがおすすめです。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 低品質
14561 18590 19850

FF15ベンチマークは最高画質でも「非常に快適」です。RTX20シリーズではこんなに高いスコアは絶対に出ません。今買うならRTX30シリーズにしましょう。コスパが全然違いますよ。

FF14:漆黒のヴィランズ ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
23522 24102 27741
平均192fps 平均203fps 平均246fps

20000くらいで頭打ちになりがちなFF14ベンチマークで、ここまで高いスコアを出せるのは本当に凄いです。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
144438 156427 203638

PSO2ベンチマークはまさかの14万越え!

MHFベンチマーク

MHFベンチマークに至ってはカンストの99999です。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
16115 16742 13298

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyでは「上位1%」の評価でした。5年以上快適に使い続けられる性能です。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
30026 41385 29513

3DMARK FireStrikeの評価では「上位1%のパソコン」です。なんとRTX2080Tiより約30%も高いグラフィックスコアです。重いゲームがヌルヌル動いてくれるので、本当に快適ですし他のプレイヤーよりも有利に戦えます。

そんな素晴らしいゲーミングPCが30万円なんてどう考えても激安です。冷却性能も優れていますからすべてのPCゲーマーにおすすめできるデスクトップです。

G-Tune XN-Zの価格と詳細はこちら

G-Tuneのおすすめカスタマイズ

★G-Tune 期間限定セールでゲーミングPCが安い!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XA7C-R37

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:RTX3070(8GB)

  • 2 G-Tune PM-B-AF

    GTX1660 SUPER搭載なのに約15万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GTX1660 SUPER(6GB)

  • 3 ガレリア UA9C-R38

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    長年使えるもの嬉しい!

    グラボ:RTX3080(10GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ