ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > GALLERIA UL7C-R37 性能レビュー!RTX3070 + Core i7-11800H

GALLERIA UL7C-R37 性能レビュー!RTX3070 + Core i7-11800H

たったの約1.9kgなのにRTX3070搭載!

サードウェーブが凄いゲーミングノートPCを発売しました。なんとGeForce RTX3070を搭載しているのに、ノートPC本体の重量がたったの約1.92kgしかありません。

そんな軽量化ができるなんて夢にも思いませんでした。現状サードウェーブでは最高峰のゲーミングノートPCである「GALLERIA UL7C-R37」を早速入手したので性能や使い勝手をレビューします。

GALLERIA UL7C-R37はこんな方におすすめ!

軽量のゲーミングノートPCが欲しい!
軽量でも高性能なゲーミングノートPCにしたい!
240Hz液晶でゲームをヌルヌルにしたい!

GALLERIA UL7C-R37のスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Core i7-11800H
グラフィックボード メモリ
GeForce RTX3070 8GB 16GB(PC4-25600)
ストレージ チップセット
1TB NVMe SSD モバイル インテル HM570 チップセット
光学ドライブ 液晶
なし 15.6インチ 1920×1080 240Hz

GALLERIA UL7C-R37の価格と詳細はこちら

RTX3070にメモリ16GBとかなりハイスペックなゲーミングノートPCです。ノート版RTX3070はデスクトップ版RTX3070より10%程度性能が劣るとはいえ、ゲーミングノートPCとしてはとてつもなく高性能です。

ストレージは最初から1TB NVMe SSDを搭載しています。ゲーミングノートPCに搭載するSSDって500GBくらいが普通なのですが、ゲームをインストールすることを考えるとやはり1TBあったほうがいいです。高速なNVMeなのも嬉しいです。

単純な性能だけでなくバッテリーも優れています。なんと最大8.8時間も連続稼働できます。すべての要素にこだわりが見えます。

軽量、薄型、高性能、長時間動作と何から何まで完璧に思えるゲーミングノートPCですよね。なんでこんな凄い製品を開発できたのかと思ったら、INTELとサードウェーブが共同設計したらしいです。つまりINTELが持っている高度なノウハウが詰まっているわけです。

ストレージの速度

GALLERIA UL7C-R37のストレージは1TB NVMe SSDです。どれくらいの速度が出るのかCrystalDiskMarkで計測してみました。

SSDの速度

SSDは「Sabrent Rocket 4.0 1TB」で、シーケンシャルリードが4985MB/s、シーケンシャルライトが4269MB/sです。最新のPCIe 4.0 SSDが採用されています。

GALLERIA UL7C-R37の外観

次にGALLERIA UL7C-R37の外観や接続端子のレビューをしていきます。

手にとった瞬間「うわっ!軽っ!」と驚いてしまいました。RTX3070が搭載されている高性能ゲーミングノートPCとは思えないほど軽量です。

全体のサイズは356(幅)× 234(奥行き)× 21.6(高さ 最薄部) mmです。液晶周辺をナローベゼルにしているおかげで、普通の15.6インチノートPCよりも小型です。

キーボードはテンキーがない代わりに各キーのサイズがやや大きめです。メカニカルキーで軽快な打鍵感でした。

キー配置は特に癖はありません。大きさもちょうどいいです。

電源を入れるとキーボードバックライトがほんのり光ります。これくらい光らせておいたほうが見やすいです。もちろん他の色に変更可能です。

手前の部分も光っていました。

右奥にモードチェンジボタンと電源ボタンがあります。

液晶の解像度は1920×1080です。

液晶のリフレッシュレートは240Hzです。一般的な60Hzよりも4倍以上ヌルヌルに描画されます。動きの速いゲームをするなら144Hzや240Hzを使いたいです。

左側にはケンジントンロック、USB3.2 Gen2、音声出力/マイク入力ジャックがあります。

左側にはSDカードリーダー、USB3.2 Gen2が2つあります。

後ろ側にはThunderbolt 4、HDMI出力、LANポート、電源端子があります。ゲーマーのことをしっかり考えてくれている配置です。電源ケーブルやLANケーブルは邪魔にならないように接続端子が後ろ側にあったほうが絶対にいいです。

GALLERIA UL7C-R37の重さ

ノートPC本体のみの重さは1.924kgです。めっっっっちゃ軽い!重いより軽いほうが持ち運びやすいに決まってますから、この時点でGALLERIA UL7C-R37を強くおすすめします。

ACアダプターとケーブルを含めると2.575gです。いやー、ホント凄いゲーミングノートPCです。

GALLERIA UL7C-R37の温度

3DMARK FireStrikeを動作させたところ、CPU(Core i7-11800H)コアの温度は平均68.4℃、最大84℃でした。

GeForce RTX3070の温度は平均69.5℃、最大74.9℃でした。

GALLERIA UL7C-R37のベンチマークスコア

GALLERIA UL7C-R37の性能をベンチマークソフトで評価しました。

CINEBENCH R15 / R20

CINEBENCH R15 CINEBENCH R20
マルチスレッド 1829 cb 4705 cb
シングルコア 229 cb 579 cb

Core i7-11800Hの性能です。デスクトップ用Core i7 CPUに比べると性能は劣るものの、ノートPC用CPUとしては素晴らしいベンチマークスコアです。ゲーム用途にぴったりです。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 軽量品質
9317 12561 14948

FF15ベンチマークは標準品質以下なら「非常に快適」の評価です。激重なことで有名なFF15を普通に遊べてしまえるハイスペックっぷりです。

FF14ベンチマーク

最高品質 18795 平均135fps

FF14ベンチマークは最高品質の設定でも平均100fpsを越えました。FF14は結構画質の良いMMORPGですけど、GALLERIA UL7C-R37なら最高画質でも超余裕です。

PSO2ベンチマーク

PSO2ベンチマークはウルトラ画質で27882でした。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは64729です。RTX3060搭載の「GALLERIA UL7C-R36」より約20%も高いスコアです。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
9314 9310 9343

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyは上位35%の評価でした。RTX3060搭載デスクトップよりもさらに高いスコアです。つまりデスクトップゲーミングPCを含めたとしてもハイスペックなのです。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
20001 25018 23025

3DMARK FireStrikeの評価では「上位13%のパソコン」です。軽量で高性能で液晶まで素晴らしい理想的なゲーミングノートPCが登場しました。レビューしていてこんなに感動したのは久々です。22万円くらいしてしまいますが本気でおすすめできます。

GALLERIA UL7C-R37の価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

ページの先頭へ

ページの先頭へ