ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > G-Tune PM-A 性能レビュー!約9万円の激安ゲーミングPC

G-Tune PM-A 性能レビュー!約9万円の激安ゲーミングPC

GTX1650 SUPERの性能が想像以上にスゴイ!

10万円以下でゲーミングPCを買おうとしてもなかなか見つかりませんよね。選択肢が少ない上に、「この性能だと遊べるゲームは限られそう」なんて物がほとんどです。

でもG-Tune PM-Aは10万円以下なのに意外と性能が高く、使い勝手もかなり良いのです。G-Tune PM-Aのベンチマークスコアを計測したのでレビューしていきます。

G-Tune PM-Aはこんな方におすすめ!

10万円以下でゲーミングPCを買いたい!
性能と使いやすさも重視したい!
激重なゲームはプレイしない予定!

G-Tune PM-Aのスペック

*この記事のパソコンはレンタル品です。商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 64bit Ryzen 5 3500
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1650 SUPER 4GB 8GB PC4-21300
ストレージ チップセット
256GB NVMe SSD + 1TB HDD AMD B450 チップセット
光学ドライブ 電源ユニット
なし 500W(80PLUS BRONZE)

G-Tune PM-Aの価格と詳細はこちら

Ryzen 5 3500が安いからこそ10万円以下を実現できたゲーミングPCです。とはいえ普通はストレージ構成が微妙で、250GB SSDしか搭載されていなかったりするものです。

その点、このG-Tune PM-Aは初めから256GB NVMe SSD + 1TB HDDが搭載されています。安くてもユーザーの使いやすさをしっかり考えてくれています。

もしももう少し予算を出してもいいなら、500GB SSD + 1TB HDDくらいにはしておきたいです。あるいは遊べるゲームを増やしたり快適性を向上させたりするために、メモリ16GBに増やすのもいいでしょう。

ストレージの速度

SSDとストレージの転送速度を計測しました。

SSDの速度

SSDは「SK hynix-HFS256GD9TNG-L2A0A」でシーケンシャルリードは3149MB/s、シーケンシャルライトは1161MB/sです。シーケンシャルリードに特化したSSDですね。

HDDの速度

HDDは「SEAGATE ST1000DM010」でシーケンシャルリードは205MB/s、シーケンシャルライトは199MB/sです。

G-Tune PM-Aの外観

次にG-Tune PM-Aの外観や接続端子のレビューをしていきます。

G-Tuneではミニタワーに該当するNEXTGEAR-MICROです。全体の寸法は幅188.8 × 奥行き396 × 高さ400 mmです。ミドルタワーに比べてコンパクトサイズです。

正面のインターフェイスは斜めになっています。床置きしても挿しやすいように工夫されています。左からマイク入力、スピーカー出力、USB3.0が2つ、HDMI映像出力です。右下にあるのが電源ボタンで、光学ドライブは非搭載です。

上部は塞がっています。ここに物を置くゲーマーが意外と多いそうです。

左側です。サイドパネルを開けるためには上のほうに付いている2つのネジを取り外します。

開けてみました。正面と底面から吸気して、背面に排気するエアフロー設計です。ケースファンは背面のひとつだけしかなく、正面にケースファンを増やすためには、「ミニタワーケース 強化ガラスサイドパネル LEDケースファン仕様」のケースに変更するしかありません。

CPUクーラーは「AMD Wraith Stealth」、メモリスロットはあと3つ空いていて、最大32GBまで増設可能です。CPUクーラーの下にあるのがM.2 SSDです。マザーボードは「ASUS PRIME B450M-A」です。

グラフィックボードは「GALAKURO GG-GTX1650SP-E4GB/DF」だと思います。GALAKUROは玄人志向とGALAXの合同ブランドです。

右側です。

背面です。上に付いているHDMI端子をぐいっと伸ばして接続すると、正面側のHDMI端子を使えるようになります。正面側のHDMI端子を使わないのであればこのままにしておいたほうがいいです。

マザーボードのバックパネルにはPS2が2つ、USB3.0が4つ、USB3.1が2つ、LANポート、マイク入力、ライン入力、ライン出力があります。

GTX1650 SUPERの映像出力端子はDVI-D、HDMI、DisplayPortです。

G-Tune PM-Aの温度

3DMARK FireStrikeを動作させながらパーツの温度を計測しました。CPU(Ryzen 5 3500)の温度は平均58.6℃、最大73.3℃でした。

GTX1650 SUPERの温度は平均59.1℃、最大72℃でした。

G-Tune PM-Aのベンチマークスコア

各種ベンチマークソフトでG-Tune PM-Aの性能を検証しました。

CINEBENCH R15 / R20

CINEBENCH R15 CINEBENCH R20
マルチスレッド 1017 cb 2553 cb
シングルコア 183 cb 462 cb

Ryzen 5 3500の性能です。Core i5-9400よりも高いベンチマークスコアです。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 軽量品質
5069 6928 8835

FF15ベンチマークは高品質で「やや快適」、標準品質以下だと「快適」の評価でした。標準品質でも少しカクカクしていたので、さすがにこの価格のゲーミングPCでは激重なゲームを快適に動かすのは厳しそうです。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
11055 11530 14039
平均79fps 平均84fps 平均121fps

FF14は最高品質にしても平均60fps以上でした。つまりそこそこ重いくらいのゲームなら大丈夫です。

PSO2ベンチマーク

設定6 設定5 設定3
44041 61544 79134

PSO2ベンチマークも問題ないスコアです。

MHFベンチマーク

MHFは24356です。驚くべきことにGTX1060に匹敵するベンチマークスコアです。GTX1650 SUPERでこんなに高性能だったんですね。

3DMARK TimeSpy

総合スコア Graphics score Physics score
4647 4690 4422

TimeSpyはDirectX12の最新ゲーム用ベンチマークソフトです。上位71%の評価なのでエントリークラスに該当します。VRゲームの推奨スペックは一応クリアしています。

3DMARK FireStrike

総合スコア Graphics score Physics score
10410 12048 12159

3DMARK FireStrikeの評価では「上位46%のパソコン」です。約9万円で買えるゲーミングPCとしては十分な性能です。コスパ良すぎてビックリします。

GTX1650とGTX1650 SUPERとでは20%くらい性能に差があります。だからどう考えてもGTX1650 SUPERを選ぶべきです。ストレージ構成もなかなか良いですし、とてもおすすめな激安ゲーミングPCです。

G-Tune PM-Aの価格と詳細はこちら

G-Tuneのおすすめカスタマイズ

★G-Tune 期間限定セールでゲーミングPCが安い!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XA7C-R70S

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:RTX2070 SUPER(8GB)

  • 2 G-Tune PM-B-AF

    GTX1660 SUPER搭載なのに約13万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GTX1660 SUPER(6GB)

  • 3 ガレリア ZA9C-R80S

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    長年使えるもの嬉しい!

    グラボ:RTX2080 SUPER(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ